通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2015年の日本―新たな「開国」の時代へ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

2015年の日本―新たな「開国」の時代へ 単行本 – 2007/12/1

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「4月にスタート! ビジネスパーソンのための学び直し」特集
4月から気持ちも新たにスタートできる「学び」の書籍を特集。ビジネスに役立つ「知識・教養」を身につける、実務に役立つスキルやコミュニケーション力を磨くなど、ビジネスパーソンに役立つ書籍を紹介。 >>特集ページはこちら。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明治維新、戦後に匹敵する「開国」の時代を展望!NRI気鋭のメンバーが大胆に将来社会像を提言。


登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2007/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492394931
  • ISBN-13: 978-4492394939
  • 発売日: 2007/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 728,748位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
同研究所著の「2010年の日本」が面白かった流れで購入した。
それなりに示唆するものはあるが、目新しさはなかった。

展開としては、「人口減少、少子高齢化、家計消費の収縮、内需縮小の深刻化、グローバル化の乗り遅れ」→「世界経済における日本のプレゼンス低下」→「開国(=グローバル化)の必要性」→(イギリスの経済政策に学ぶ)→「特に非製造業のグローバル化が必要」→「それには、日本国内でしか通用しない規格、制度、商慣行(本書では"ガラパゴス化現象")からの脱却が必要」という前提および施策があり、

具体的な事例等として、「グローバル展開している企業(SAP,グーグル、グラミンフォン、公文教育研究者、ワタベウェディング、立命館アジア太平洋大学等)のケーススタディ&8つのKFSを掲げているが、最初の3つは日本企業ではないし、KFSもこれらの企業から無理に当てはめた感がある。

さらに「地域社会の開国」施策として、「海外との産業クラスターの形成」「観光ビジネスの強化」「外国人労働者の受入れ」「地域資源(農業等)の高付加価値化」「地域単位での東アジア諸国との連携」「官庁マネジメントのオープン化(BPO等)」を掲げている。

趣旨は理解できるものの、多くはどこかで聞いたことがあるものばかりで、個人的には目新し
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本が2015年の日本を完璧に予測している
というわけではない
そして残念ながら2015年までに
この本の提言にあるような変化を
政治が進めていくとも思えない
タイトルの「開国」なんて言葉も少々安易に思える。
でも議論としては説得力があり
常識のひとつとして
広く共有されていい内容だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「インビジブル・ファミリー」「イギリス経済復活」「ガラパゴス化現象」
「脱東京依存」など今後注目すべき項目が並ぶ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全体的に少し考え方に偏りがある。確かに取り上げる課題によっては、納得のいく予想を記載されてはいるが、一部のトピックには先入観で記載している点が見受けられており、資料など掲載しているが誘導するような箇所も見受けられた。
ガラパゴス化に対する分析が少し足りない。従って次につずく結果等もやはりロジカルではなくなる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告