中古品
¥ 329
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2013-2014シーズンヨーロッパサッカーガイド選手名鑑 移籍情報完全反映 2013年 9/20号 [雑誌] 雑誌 – 2013/9/11

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2013/9/11
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 朝日新聞出版; 不定版 (2013/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00EV9ROI2
  • 発売日: 2013/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 28 x 21 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
昨季版も購入しており、見比べると今季版は "一長一短" という印象を受けます。

内容としては、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、
セリエA、リーグ・アンの5大リーグをメインとして掲載されています。

その内、見開き2ページでの掲載チームは
プレミアリーグ(マンU、マンC、チェルシー、アーセナル、トッテナム、リバプール)
リーガ・エスパニョーラ(バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー)
ブンデスリーガ(バイエルン、ドルトムント、シャルケ)
セリエA(ユベントス、ナポリ、ミラン、ローマ、インテル)
リーグ・アン(パリ・サンジェルマン)
と、なっており、昨季版同様 "過去10シーズンの成績"、チーム内昨季"得点ランキング"・
"出場試合数ランキング" も掲載されています。

尚、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、セリエAの4大リーグ
に関して、上記及びブンデスリーガ&セリエAの昨季下位2チーム以外の各チーム、
リーグ・アン(マルセイユ、リヨン)は片面1ページ掲載となっており、昨季版と比べて
写真つきの選手紹介欄が12人→15人構成になり、主要メンバーの情報量が増
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kemi 投稿日 2013/9/21
最近のサッカー雑誌の傾向として、WSKは写真が多く文字が派手で学生向き、WSDはコラムや文字が多く一般的な成人向けだと感じます。
もっとも、選手名鑑はそのようなことは関係ありません。重要なのは「情報の正確さ」。
1.最新の移籍情報を正確に反映させており、2.フォーメーション、3.スタメンが可能な限り正確であること。
上記の基準の判断材料として参考になったのは、移籍期限最終日に行われたメスト・エジルのアーセナルへの移籍情報。
さすがに両誌共に移籍情報は反映されていました。
しかしながら、WSKではアーセナル史上最高額で移籍したレアルの元10番が、トップ下のロシツキの控え(せめてカソルラでしょ)であったのに対して、WSDではトップ下でスタメンでした。
当然ながらこれ以上何も検討する必要はありませんでした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
去年、初めてこの雑誌を購入してとても気に入ったので、今年も楽しみにしていました。
しかし、同日に発売される欧州の選手名鑑としては、この雑誌の他に「WSD」、「ナンバー」から発売される3種類があるとのこと。
なのでお店で3種類の雑誌をそれぞれ比較・吟味して、最終的にはこの雑誌を購入することに決めました。
以下、購入に踏み切った理由を書いていきたいと思います。

はじめに3冊をパラパラめくってみたところ、WSDとナンバーの2冊は見た目や情報量が似たり寄ったりな印象。
知名度やブランド名から判断して、ナンバーは早々に除外。
WSK(本雑誌)とWSDの一騎打ちになりました。

まず最初に目がいくのが雑誌の表紙。
WSDの表紙には19人の主な選手が載っているのに対し、こちらの表紙には約130人もの今が旬の選手がずらり。(数えるのも一苦労の嬉しい量)
表紙を見ているだけでもワクワクします。

そして肝心の中身はというと、
WSDは7大リーグ+αに対し、こちらは5大リーグ+α。
ポルトガルリーグとエールディヴィジが主要チームのみの紹介になっています。
情報量だけで言えば、WSDが若干優位でしょう。
(私はこの2大リーグに関しては
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック