中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2013年 大転換する世界 逆襲する日本 単行本 – 2012/11/23

5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

オバマ再選、習近平総書記の誕生、フランスでの政権交代など、2012年は世界中で大統領選挙や指導者の交代が行われた。
いま世界で起きつつある大転換とは何か。そして間もなく「新たな政権」が誕生する日本では、これから何が起こるのか。
2012年に起きた中国・韓国の反日行動、ユーロの大混乱、日本での政界再編の根底にある「共通項」を明らかにし、2013年の世界と日本経済を予測するとともに、われわれ日本人が進むべき道を示す。


・目次

第1章 激変する世界 狙われる日本経済

第2章 日本がグローバリズムの息の根を止める

第3章 ギリシャ発世界大恐慌が迫っている

第4章 2013年、ユーロが終焉する日

第5章 反日で壊滅する韓国と中国の経済

第6章 デフレ化するアメリカ経済の行方

第7章 日本経済の逆襲が始まる

著者について

経済評論家、作家。1969年生まれ。
東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。
外資系IT企業など数社に勤務した後、中小企業診断士として独立。大手インターネット掲示板での、韓国経済に対する詳細な分析が話題を呼び、2007年に『本当はヤバイ! 韓国経済』(彩図社)を出版、ベストセラーとなる。以後、立て続けに話題作を生み出し続けている。
データに基づいた経済理論が高い評価を得ており、デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPPの理論的支柱として注目される。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 327ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2012/11/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198635072
  • ISBN-13: 978-4198635077
  • 発売日: 2012/11/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 353,530位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2012/11/26
形式: 単行本 Amazonで購入
著者は一貫して新自由主義に反論してきた。
それは、その信奉者が単なる自由主義の裏返しでネガティブな面を丸っきり無視し、経済合理性のみを主張するスカスカの観念的なものであったという事にある。そして、その批判が具体的であったため広く受け入れられた。現段階においてはその悪しき面が姿を現わし誰の眼にも見えるようになってきた。
この本で特に目新しいということはないがコンパクトに纏め上げるという技は相変わらず冴えている。
.グローバリズムは、国民間・国家間の格差を拡大するため現状においても明白なように民族間・国家間の紛争がますます拡大する。(家族・共同体・社会・文化が基盤であり効率・経済合理性では国家・世界は動かせない)
.ユーロという中途半端な仕組みは、富裕国と貧困国を生み出し国家・国民の自由を奪い、いつまで持ちこたえるだろうか。
そしてここにも、緊縮財政を強要する新自由主義者がいる。(ユーロについては、某掲示板でその成立以前に仕組みの矛盾を衝き崩壊を予想していた慧眼の恐ろしい人がいた)
.デフレ化するアメリカは、オバマ大統領を選びデフレ脱却の道を歩きはじめた。グローバル株式資本主義との戦いが始まるだろう。
.改革という名のグローバリズムは、日本に長期停滞を齎した。
財務省のポジショントーク、マスコミの煽りそれに
...続きを読む ›
コメント 158人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
序文より抜粋
「本書は、2012年の世界的な経済・政治・国際情勢を分析しつつ、いま起きている大きな潮流の変化、そして今後の世界経済や日本の進む方向を予見したものである。…中略…ただし、本書は、たんに2013年の行く末を占った本ではない。むしろ、日本人という大国の有権者として、2013年をどうすべきなのかを考えるための1冊である。」

序文に掲載されている通り、「2013年はこうなる」のような記載は少なく、各主要国、地域の情勢を詳細に分析し、「大国の有権者」として日本人の進むべき道をいっしょに考えていこう!そう締めくくっている書籍である。
筆者の言葉を借りれば、まさに今この時、日本人一人一人の行動が世界の命運を握っている、2012年から2013年にまたがった今この時が未来への礎となる、と大げさでは無く、明確なデータと理論を持って説いている。

目次(カッコ内はページ数)
●激変する世界、狙われる日本 46
●日本がグローバリズムの息の根を止める 32
●ギリシャ発世界大恐慌が迫っている 48
●2013年、ユーロが終焉する日 56
●反日で崩壊する韓国と中国の経済 52
●デフレ化するアメリカの経済 26
●日本経済の逆襲が始まる 53
...続きを読む ›
コメント 142人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
三橋氏の文章は、いつも明晰である。
難解な世界経済や財政のことが、心地よく頭に入ってくる。
それでいて熱い。
象徴的なのは、「はじめに」での文章の運び。
11月6日のアメリカ大統領選に触れた後、日本の「TPP推進」「消費税増税」「公共事業削減」について冷静に説明し、その直後で「ふざけるな、と言いたい」と一刀両断する。
こうした、小気味の良い、溜飲の下がる文体こそ、三橋氏の真骨頂と言えようか。

卓越した実力をもつ論客が、激動の「今」の世界経済の動向と、日本の偉大な使命と針路について、熱く論じたのが、本書である。

冒頭で三橋氏は、善悪の「価値観」は、捉える人の立場によって、まったく違って見える場合がある、との前提で論を進める。
そして、三橋氏の価値の置き所は、明確である。
「筆者の価値観の中心は、国民の経済をいかに成長させるかであり、それ以外はない」(174ページ)のである。
この視点を明確にして論じる三橋氏の文は、切れ味鋭い快刀が乱麻を断つが如く、である。

たとえば、氏の主張の前提となる「共同体」の定義について。
「人間は何らかの共同体に属さなければ、生きていくことはできない。共同体のもっとも小さいものが家族であり、最大のものが国
...続きを読む ›
2 コメント 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これまで政治には関心がなかったのですが、さすがに衆院選を前にして確信を持てる党に一票を入れたいと思い、情報収集の一つとしてこの本を購入しました。

私のような素人でも現在の世界の経済情勢が手に取るようにわかり、一部のグローバル投資家だけが儲かるような仕組みになってしまっていることが理論的に理解できました。単なる陰謀論を主張するのではなく、統計データを駆使しながら誰にでもわかるように歯切れの良い言葉で解説する文章は素晴らしいと思いました。

今更ながら、小泉政権や竹中平蔵がグローバリズムを進めてしまったことに気付き、国民の無知が今の不況を作ってしまっていることを知りました。
TPPを推進する人々は経済の勉強をしていないか、または日本や日本人のことを考えていない証拠ですね。

自民党シンパではないのですが、安倍さんがやろうとしていることを国民が真剣に考えて、なんとしても実現させなければならない気がします。
選挙を前にして、テレビ討論だけを見て最もらしい発言をする人を信用するのではなく、まずはこの本を読んだ上で判断されることをおすすめします。情報操作されたメディアでは報道しない大切なことがたくさん書かれています。
日本を愛する人は必読の一冊です。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー