通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
2012年版間違いだらけのクルマ選び がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少ヤケ・ヨゴレありますが通読する分には問題ありません。OPP袋にて包装いたします。迅速な発送・対応をこころがけております。また、発送の包装紙は環境に配慮し100%再生紙を使用しております。黒い点などある場合がございますがご考慮ください。古物商許可証 [第941190000799号/大分県公安委員会]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2012年版間違いだらけのクルマ選び 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/16

5つ星のうち 3.1 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 2012年版間違いだらけのクルマ選び
  • +
  • 2013年版 間違いだらけのクルマ選び
  • +
  • 2011年版間違いだらけのクルマ選び
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 106pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

人気のハイブリッドが大増殖、それを尻目にガソリンエンジンの低燃費車も続々登場、さらにはディーゼル車も複数登場の見込み。各社大攻勢でますます混乱を深めるクルマ選びを、帰ってきた『間違いだらけ』が一刀両断!

内容(「BOOK」データベースより)

「クルマがつまらない」という時代が、もうじき終わるかもしれない。各メーカーが辛い時期を耐え忍びつつ播いてきた種が花開き、注目のクルマが続々と登場し始めている。日本車に再び、黄金時代が訪れるのか?激変期にあるクルマ界の今を、鋭く斬る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 草思社 (2011/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794218745
  • ISBN-13: 978-4794218742
  • 発売日: 2011/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 14 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,996位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 じゃぐら 投稿日 2011/12/29
形式: 単行本(ソフトカバー)
昔の間違いだらけと読み比べてみると、島下氏は車のデザインを見る目が無いのでは… と思えてきます。 徳大寺氏の様にデザインやインテリアについて詳しく説明して欲しい。 原点に帰り、初期の頃の間違いだらけの様に「スタイリング」…とか項目を立てて書いた方が良いのでは? あと、採点表は酷すぎます(笑) 客観性がゼロで主観のみで付けてる感じがしました。 極端に点数を付ければ辛口評価というものでもないでしょう。 車への愛が感じられず、これではメーカーもユーザーも納得しないでしょう。 評価の根拠を明確に書いて貰いたいです。 島下氏にはさらなる進化を望みます。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
徳大寺氏と島下氏の二人体制で新たに始まった、
新しい間違いだらけのクルマ選びの第二弾です。

相変わらずテレビや新聞でしか、
クルマに関するニュースを見ない人には、目を見張る内容です。
それが"間違いだらけ"の基本的なクオリティです。

今回の一番の目玉は3大特集でしょう。

島下氏が取り仕切るような形で書き、
それとは別に徳大寺氏が意見を述べる形は、
2人体制の利点をしっかり生かせてます。
これはとても良い傾向だと感じました。

この2012年版を読んで特に感じたのが、
徳大寺氏と島下氏違いです。
二人の違いが2011年版よりはっきり見えてきました。

同じように毒づいても、徳大寺氏の批判の方が深く、只者ではないという感じですが、
島下氏は批判もそこまで深く突っ込めてないものがいくつかあり、
普通の車好きの延長線上にいる、かなり詳しい人という印象を受けました。

ただ、両氏の車批評は相変わらず、日本の車を求める圧倒的多数の大衆の意識とは乖離しています。
しかしながら、それはそれで彼らの個性ですから、まぁ良いでしょう。
そもそも、車とは実用性はも
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
徳大寺さん単著での本書が刊行されなくなって寂しい思いをしていたが、2011年度版より島下さんとの共著により復活した。単著のときは、刊行のたびに購入し、車の購入時の参考にしていた。私のような素人にとって車の善し悪しは、しばらくの間、実際に使用した後でないとわからないのだが、使用してから徳大寺さんの本を読見返すと「なるほど」と思うことが多く、逆に徳大寺さんの見解を無視して車を購入すると、後で後悔して徳大寺さんの意見をもっと素直に参考にしておけば良かったと感じたからである。
 ところが、島下さんの見解は、実際に乗車している車の感想と大きくずれているように感じる。島下さんは、ドイツ車に劣等感をお持ちのようで、日本車に対する評価は相対的に低くなっているように思う。日常的に使用している私の車は、初代セルシオから今は、レクサス600であるが、一時、最後のレクサスとベンツの600CCのツードア車を同時に使用していたことがあった。島下さんの評論によれば、おそらくベンツの方が評価を高くするであろうが、同時期に乗車していた感想からいえば、はるかにセルシオの方が乗りやすく、とくに横風の強い時の高速道路では、風の影響をもろに受けて怖かったのがベンツであった。セルシオ乗車時には、改めて良い車だなぁ!と、感じたものであった。また、ベンツでは車の心臓部の故障により、修理に二ヶ月半もかかり、その費用も安価
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 刊行を止めた途端に草思社が傾いてしまった程有名であり、また国産車の品質向上に少なからず貢献した名著である。ところが2011年版から復活したもののその内容は以前に比べるとかなり「常識化」して「いい子」になってしまった。徳大寺氏の頃が脂ギトギトのステーキとすれば島下版はあっさりお茶漬け風味である。もっともこれは作者のせいだけではなく、時代の趨勢も大きく関わっていると思う。以前は格好のいい車や高いクルマ、大きい車に乗ることが社会的ステイタスであり、若者にとっても「女性にもてる為の必須アイテム」であったので、普段慎ましい生活で我慢しても車に分不相応の金をつぎ込んでいる人が大勢いた。今や車にそんな強烈な思い入れを持っている人がどれだけいるのだろうか?ただ、お金を使う興味の範囲がどんどん広がっているのはむしろ好ましいことで、どんな車に乗るのかを皆で競っているような社会はむしろいびつだ。また徳大寺氏が指摘するとおりに中間層がどんどんやせ細っており、以前は何とかしてでもマークIIを買っていた層が減って軽自動車で満足する、いや満足せざるを得ない層が増えてきている。主力工場を海外に移して国内産業の空洞化を招いて雇用不安を起こし、派遣社員を安くこき使うことしか考えていないメーカーが、国内販売が振るわないと嘆くのはお門違いもはなはだしい。
 確かに素人の私の目から見ても「一度でいいから乗ってみ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック