中古品
¥ 80
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2011年日中開戦 (SUN MAGAZINE MOOK) ムック – 2008/4

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 47
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

兵頭二十八(ひょうどう・にそはち)
1960年長野県生まれ。1982年~1984まで陸上自衛隊の任期制隊員。雑誌編集部、TV
番組制作会社勤務を経て、フリーに。これまでに単行本化されている原作劇画として
『ヘクトパスカルズ』(文藝春秋)他、『孫子』(PHP新書)、『日本の戦争Q&
A』(光人社)など著書多数。


登録情報

  • ムック: 368ページ
  • 出版社: マガジン・マガジン (2008/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4896446666
  • ISBN-13: 978-4896446661
  • 発売日: 2008/04
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 759,133位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
一見、キワモノと思うかもしれないが、とんでもない。質の高い娯楽作である。原作のみならず、作画も非常にしっかりしている。お約束である最低限のエロなどは入っているが(笑)、全体のクオリティを落とすものではない。ついでに言うと、中国は戦前に日本人居留民を大量に虐殺したり、レイプしたりする事件を何度も起こしている。この作品に書かれていることが起こらない保証はない。

そして日本侵略。あのわけのわからない大国、中国が我が国を侵略するとしたら、この本に描かれているやり方は非常に現実的である。あふれかえっている「人」という資源を使うのだ。我らがヘタレ国家、ニッポンはこの劇画に描かれているように毅然と対応することができるだろうか?現在進行形で行われているチベット虐殺へもろくに抗議しない我が政府、その危機管理能力をどこまで信用していいのやら。

劇画では、我が国および政府(首相!)が発揮する暴力が、これでもかと描かれている。左系の作品にありがちな被害者意識丸出しのものではない。まったく逆である(笑)。読後にスカッとしてしまうのである。フィクションとはいえ、ちょっと前では絶対出版できなかっただろうと想像できるエピソードが満載だ。

これ以上書くと、読書の楽しみを奪うことになるので控えておく。ぜひ読んで欲しい。
変な先入観のない方は、たったの1,000円でとことん楽しめることをお約束する。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
どのページも大変面白かった。沖縄の離島にはゾッ!とした。私は沖縄の離島が好きでよく訪れますが、リゾート開発の名の元に珊瑚礁を削り、港湾を開発しているところがやたらと多い。数年前、これは土木利権ではなく、有事の際に大型艦隊を緊急集結できるように、、?ではないかと思いました。まさに、、リアルです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
中国の真の姿がわかる。
どんなにひどいか。
決して誇張ではなく、
これが共産党なのだと実感する。
日本人は中国に譲歩することの意味を
もっと真剣に考えたほうがいい。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
内容はかなりキワドい描写も多いが、現在の中国から垣間見えるものからはあながち夢物語でもあるまい。
親日日本人なら随所にニヤリとする描写が隠されているのも楽しみの一つ(板垣少尉の日本刀とか、団塊プロ市民とか兆日新聞とか)。

ほんの数年前であればとても一般市場には出せなかったであろう作品だが、中国・韓国の国内ではもっとどぎつい反日書籍があふれかえっており、テレビ番組も教科書でさえも反日度は高いと聞く。
日本だってこのくらいはやっても良いだろう。100%でっちあげのフィクションではないのだから。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
 本書は日中開戦を扱ったフィクション劇画です。劇画と言ってもシナ
の動向と歴史的史実に基づいてストーリを吟味されているようで妙な
不気味な怖さがあります。日中が戦争に突入した場合、日本に滞在
する多くのエージェントが日本に対して破壊工作を行う件や、中国に
滞在する邦人がシナ軍に虐殺される部分は当然在りうる話である。
これは通州事件で歴史が証明済みである。後半に描かれた日本の
迅速な反撃は、願望として受け入れたい。余談だが、中国の聖火隊
は、本書にも登場する人民解放軍の特殊部隊である可能性が高い。
画は軽いタッチですが、戦争漫画特有の、えぐくグロテスクなシーン
がしばしば登場しますので、予め留意が必要です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トシヤン 投稿日 2011/12/17
形式: ムック
これ読んで以降、もし香港上海無料旅行チケット当たっても絶対中国には行きたくないほどトラウマになりました。
身内、息子娘や知人が中国旅行行くと言うなら全力で止めたくなる漫画です。
現実に有り得るし恐い。
あの漫画読んだ直後に反日デモ起きたから漫画のように中国滞在日本人やられてないか心配でした。
なんかこの漫画にでてる国家主席は次期国家主席候補に似てるのも恐い)゚0゚(ヒィィ
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー