中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 新古品、未使用品です。午前9:00までのご注文は基本的に当日出荷です(土、日、祝日除く)きれいに梱包してお届けいたします。佐川急便のメール便または宅配便での配送になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用 単行本 – 2009/5/22

5つ星のうち 3.2 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆◆オバマ・ハネムーン後、世界経済は激変する!

今がチャンス!?

オバマ・ハネムーンとは、
新大統領の就任から3~6ヶ月は新しい政治への期待から
相場は上昇するハネムーン期間と呼ばれており、
2009年4月以降の上昇相場は「オバマ・ハネムーン」と呼ばれる!
(ハネムーンの余韻も含めると、12ヶ月くらい安定が続くこともある)

本書では、オバマ・ハネムーン後の世界経済を、
知る人ぞ知るユダヤ系フランス投資銀行ラザードフレールの
日本法人の社長を務めた著者が、「独自の情報」「独自の分析」を基に解説!

「株式」「年金」「不動産」「預金」「投信」「商品」はどうなるのかが、
わかる一冊!

しかも、今回は読者限定の無料セミナーもプレゼント!
(詳しくは本書巻末で)

2009年~2010年までに動けた人が、
間違いなく2011年に笑う!

ところで・・・

<さらに詳しく知りたい方はこちら>
http://www.forestpub.co.jp/amazon/2011

内容(「BOOK」データベースより)

世界24カ国、40都市を拠点に活動する知る人ぞ知るユダヤ系フランス投資銀行ラザードフレールの日本法人の社長を務めた著者が、独自の情報力・分析力を公開!国際金融の本物の情報が、あなたの資産を守る・増やす。「株式」「年金」「不動産」「預金」「投信」…など、あなたの資産を守る・増やす方法がこの一冊でわかる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 212ページ
  • 出版社: フォレスト出版 (2009/5/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894513455
  • ISBN-13: 978-4894513457
  • 発売日: 2009/5/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 730,917位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
買って2時間で読みましたが、2011年の根拠がイマイチ良く分からない!?アメリカが没落する予想はみんなと同じ。ドル暴落の予想もみんなと同じ。基軸通貨の話もみんなと同じ。東アジアが世界の中心になる予想はみんなと同じ。2011年に日本に何が起きるのか!?エネルギーに関する技術革新が生まれる予想も普通。説得力に欠ける凡作でした。素人受けする内容だが、相場歴がある人には・・・
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現在の世界同時不況の中で、オバマ大統領への期待から株価は戻しているが、それは一時的な
現象であり、リーマンショックによる欧米の不良債権は底が見えず、再度株価は下落するだろう。
その後、世界をリードしていくのは、東アジア諸国(中国、日本、東南アジア)となり遅くとも
2011年には株価も底入れするはずだ。というのが筆者の主張。

世界経済の方向性(トレンド)と循環性(サイクル)により、その予測を説明しているのだが
中国の政治体制、経済政策を無批判に肯定して、その勢いで、算命学などを持ち出している。
そのため全体の信用性を失くしているのが残念。

表紙の裏に書いてあるとおり「ビジネス・エンターテイメント」本だと思えばそれなりに楽しめるかも。
肩肘はって本腰をいれて読む本ではない。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
・フラットに評価したいのですが「荒唐無稽」だと思いました。
・根拠が明確でないこと、何も明確に予言していないこと、などなど
 ツッコミどころ満載だと思います。
・さて要約
 −2011年までにダウで5000ドルをキル場面があるかもしれないと。
  (07年の高値 1万4164ドルの半値×8掛け×2割引=4532ドル)
 →その兆候はG20の開催頻度や発せられる内容からかぎ取れるだろうと。
 −このままではドルは暴落しかねないが米国はウルトラCを繰り出してくる
  だろうと。著者が考えるウルトラCは以下の三つ
  ・1.世界統一通貨
  ・2.オバマボンド 
    (中国には元建て、日本には円建てで米国債をしこたま買わせる)
  ・3.ドル安放置で、環境産業をピカピカの輸出産業に
  (1ドル 50円になる可能性もあると)
 −また、今後、国内株投資においては
  ・IT、CN(コミュニケーション・ネットワーク)・環境 
  ・社会変革に関連する企業 などのテーマがが有望だと
   (ESCO:省電舎、ファーストエスコ /日本風力発電)
  ・SNS: mixi など
 −2011年春を境に日本の株式マーケットは大きく復活する
  とのことです。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世界同時不況という深刻な状況を作ったのは、投資銀行である。
強欲なまでの 利益追求のみに ひた走るようになった業界であることは、
NHKなどでも特集になった。

同じ立場である著者が、何を伝えたいのか? 関心があった。
経歴が 素晴らしいだけに 引き寄せられる人たちも多いのでは ないだろうか?

しかし、2011年まで 待つ根拠に乏しいことは、この不況で損をした投資家を ただ
なだめるために 再び投資をするように 知識を ふりかざしているようにも感じる。
知らない人は、具体的な解説に説得したい目的だろうか?

本のタイトルで、
2011年まで待ちなさい。
3年後にお金持ちになる
の言葉を この世の中に 安心 という雰囲気を作りたかったようにも感じる。
失墜した信用を復活させるための業界の宣伝戦略が組み込まれているのでは?

しかし お金持ちになるなんて かなり不確実な事は、確かである。

こういう言葉を安易に使うことは、とても恐ろしいことだと思う。
この分野の人たちは、かなり頭がいいことは確かである。

しかし、責任を持って 多くの日本人投資家の利益を大切に考えてい
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 タイトルは秀逸。
 何の本かわからなかったけれど、タイトルに惹かれて購入。

 内容は、「今は不景気でこれから一時的に株価は上がるかもしれないけど、それは一時的なものでその後に二番底が来るから、そのときにトヨタや三菱重工といった絶対につぶれない(?)会社の株式を買っておきなさい。欧州はオワタけどアメリカは最終兵器を隠し持ってるから、きっと景気回復はするよ。あと、これから中国やシンガポールの東方フロンティアが来るから注目。」というもの。
 
 経済的な話しは、多分説得力があるのだろう。しかし、結論が「大企業の株式が底値をついたときに買え」って、素人でも思いつきそうな内容とは。それがわかってるけどできないから、みんな路頭に迷ってるんじゃないか?
床屋政談じゃないけど、おもしろいだけで素人向け、大衆向けの内容しかない。

 算命学の話はおもしろいけど、著者は全くの専門違い。他の本で読んだ内容を引っ張ってくるって。。。
 算命学を用いるなら、著者がそれを用いられ得るだけの人物であることを証明せよ。

 経済の専門家(?)が算命学を語るから胡散臭くなる。逆に算命学の専門家が経済を語ったほうが、説得力があるのではないだろうか。
 著者が途中でぶっちゃけているように、著者の「
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー