中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2009年の日本はこうなる 単行本 – 2008/12

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本は、国際関係、食料問題、エネルギー問題などについて、心配することはない。総合力で評価すると、日本は世界最高だといえる。本書には、その理由がすべて書かれている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

日下/公人
評論家。日本財団顧問。三谷産業監査役。原子力安全システム研究所最高顧問。1930年、兵庫県生まれ。東京大学経済学部卒業。日本長期信用銀行取締役、(社)ソフト化経済センター専務理事・理事長を経て、東京財団会長を務める。ソフト化・サービス化の時代をいち早く先見し、日本経済の名ナビゲーターとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: ワック (2008/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898311296
  • ISBN-13: 978-4898311295
  • 発売日: 2008/12
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,367,913位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 20XX年、日本は・・・などというタイトルの本は、その寿命が短いのが普通ですが、日下公人の本はちょっと違いました。
 食料自給率を40%から70〜80%に上げる方法など、子どもにも教えたい視点がいっぱいある「前向き日本論」です。
 帯の文章を紹介すると、表は・・・
 
 日本は、国際関係、食料問題、
エネルギー問題などについて、
心配することはない。
 総合力で評価すると、
日本は世界最高だといえる!

 裏の紹介文は・・・

○日本は円高でもそれほどの打撃を受けることはない
○アメリカの主導権は揺らぐ一方である
○ただ金を配るだけの外務省は廃止せよ
○アメリカの軍事力は張子の虎になった、日本には強力な軍事力が必要だ
○日本の外交をしっかりと確立するためには、核兵器を持てばいい
○日本は石油に頼らなくても大丈夫だ、原発技術は日本の独壇場だ
○消費税を引き上げないで財政赤字を解消する方法
○いざとなったら国有の財産をどんどん売ればいい

 未来予測で楽観的な内容を示すのは、なかなか勇気がいるものです。
 しかし、マスコミのように悲観的なことばかり取り上げていることが
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日下氏が日本の経済問題、外交問題、食糧・エネルギー問題、財政・税制問題、格差問題に
ついて語ります。

問題の解決方法の提案というよりも、日本人が問題と思っていることの多くは、世界レベル
で見ると実はそれほど大した問題ではない、というのが著者の基本的スタンスのようです。
文章もシンプルながら独特な表現で、名人の手による一筆書きといった趣があります。
他の著者には見られない、珍しい観点からの本だけに、一読の価値は十分にあるでしょう。

最後になりましたが、いかにも日下氏らしい文章がP37にありましたので引用させて
頂きます。

「日本人は世界中の国を日本と同じように考えがちだが、世界は、日本よりレベルが低い
 悪い国だらけである。」

「世界の中で非常に悪いことをするのは、○国と○国で、逆にあまり悪いことをしないのは
 インドやヨーロッパである。だから、他の通貨が下がっても、インドの通貨やユーロは
 相対的に上がる。」
 だそうです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
バサッと鉈で木を割るような議論で、
これはこれで魅力的。
国家戦略にこのような大胆な発想は大歓迎。
「日本の外交力―外務省を廃止せよ」と「消費税アップ不要論」
は特におもしろい。
述べられている、具現化すべき日本の政治家の人物評には疑問がある。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ワタシにはこの本の言っている楽観論が どうにも腑に落ちない。
悲観論にはまっているわけではなく その根拠は? はて? が 続き

以下の疑問がふつふつと沸き立ち読み とかく進めていきましたが・・・
「その根拠は? 先ずのその数字でそのゴリ押し展開と結論は一体」

少々独善的で 所謂 ”無理やり前向き思考”なのでは?
とはいっても参考になる部分もありましたので ★2つ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告