2001年宇宙の旅 [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,400
通常配送無料 詳細
発売元: ちょうどいい暮らし
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: ATストア
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.3 359件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,500
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,109 (44%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,391より 中古品の出品:1¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で2001年宇宙の旅 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

ブルーレイ2枚3090円
人気ブルーレイタイトルが 2枚3,090円
この商品は 「ブルーレイ2枚で3,090円」 キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらの リンク をご参照ください。 対象商品の一覧はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 2001年宇宙の旅 [Blu-ray]
  • +
  • 2010年 [Blu-ray]
  • +
  • インターステラー [Blu-ray]
総額: ¥4,173
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: キア・デュリア, ゲイリー・ロックウッド, ウィリアム・シルヴェスター, ダニエル・リクター
  • 監督: スタンリー・キューブリック
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 148 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 359件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003GQSYI0
  • JAN: 4988135806512
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,817位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


比類なき完成度。壮烈なる演出
全てのSF映画の中で最も美しく衝撃的、そして偉大な作品


人間 vs. コンピュータの戦いを、陶酔の映像と音楽で描き出し、アカデミー賞(R)を受賞した『2001年宇宙の旅』。
キューブリック(アーサー・C・クラークと脚本を共同執筆)は、有史前の類人猿から植民地化が進む宇宙へ、数千年もの時間を超越(映画史上最高のジャンプ・カット・シーンのひとつ)する離れ業をやってのけた。
人類がまだ見ぬ宇宙の領域に足を踏み入れた宇宙飛行士ボーマン(キア・デュリア)は、不滅の存在へと昇華していくのだろうか。

「HAL、進入口を開けろ!」という悲痛な願いと共に、無限の可能性に満ちた未知への旅を始めよう。


【映像特典】
・ “2001年”という神話(43分)
・ キューブリックが残した遺物(21分)
・ キューブリックの見た未来(21分)
・ 2001年という“未来”(23分)
・ “2001年宇宙の旅”の哲学(20分)
・ コンセプチュアル・アート(9分)
・ キューブリックの初期作品(3分)
※キューブリックのインタビュー(11/27/1966)(メニュー画面静止画)
・ オリジナル劇場予告編

【音声特典】
・ キア・デュリア、ゲイリー・ロックウッドによる音声解説

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スタンリー・キューブリック監督によるSF映画の金字塔。謎の石版“モノリス”と人類との接触を、科学的根拠に基づき圧倒的な独創性と緻密な特殊効果を用いて描く。“ついに来たぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
白くまぶしい床や壁、そこに置かれる真っ赤なソファー。
1968年に製作されたとは思えないほど洗練された映像美。
数々の名シーンを収めた本作は、キューブリックファンならば
持っておきたい一作だと思います。

いまいち意味が解らないという方もいますが、自分もそうです(笑)。
これはあの頃想像された2001年の世界と、文明の利器対人間の恐怖を描いた作品です。
それだけを理解して後はなんとなく映像に身を任せるのです。
キューブリックの凄さは、映像の見せ方そのものにあると自分は思います。

同じく時計じかけのオレンジやシャイニングもおすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
後半で神を描こうとしたが結局神は直接描けないので前半の特撮を極限まで作り込むことで後半の神を描ききろうとしたと思われます。これしか方法が無くまたうまく機能したと思われます。実際初見が10代だった私は前半の精度で現れるであろう後半の神の姿の出現が恐ろしかったです。「2001年」をホラー映画だと言う人もいます。いずれにしろ前半後半とも超作り込まれた特撮は存分に楽しむことが出来ます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
DVDを持っていて時々観ていたのですが、ハイビジョン画質でテレビ放送されたものを観てあまりの美しさに愕然としてあわててBlu-rayを買いました。
テレビ放送の時にも感じましたが、月面の美しさにうっとりしてしまいます。
この先何度も観るはずなのでこのお値段は私にとってタダ同然と言って良いでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
nasaの人はこれを見て、スペースシャトルを思いついたのだろう。ガンダムのポールも多分これ。
素晴らしい、話は前半のhal暗殺編と後半のモノリス接触編からなるが、宇宙飛行士がスターチャイルドに
進化する過程、飛行士の夢なのか、モノリスがワームホールに送り、進化させて地球にもどしたのか、
異星人と同化した姿なのか、35年まえ小学校の私には分からず見ていました。
2010年宇宙の旅で確認してみたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画は様々な寓意に満ちている。それを発見する喜びは自分を知る指標になる。ウィキペディアに記載されている解釈が正しいとは限らない。作品は作者の意図を離れて多重的に解釈されて現実とぶつかり合うことで傑作となる。映画作品が様々な解釈に出会うために宇宙の旅をしている。
人間の思考ルーチンを模倣するコンピューター「HAL9000」の反乱の意味、人間を模倣して反乱を起こしたのだから反乱の原型は人間の精神作用にある。完全な計算をコンピューターに求めて計算ミスを罰しようとする人間、人間の思考を模倣しながら速い計算速度で人間の行為を先に実行してしまう「HAL9000」の冷酷な行為、コンピューターに対して神のようにふるまう人間の傲慢、神になろうとする人間の思考は「HAL9000」を通じて見抜かれている。
確かに、自分の生命が危機にさらされたとき、宇宙飛行士ボーマンとコンピューター「HAL9000」の仲間に対する対処方法は同じである。個人的な見解ではあるが、グノーシス主義的に解釈するのが正しいのではないだろうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きゅうきゅう トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/3/6
形式: Blu-ray Amazonで購入
 この作品はVHSから始まって、LD複数、DVD複数そしてNHKBS、WOWOWなどの録画D-VHS、BD-Rと貯めこんできました。セルBDについては、これまでの購入で、喜びとがっかりを繰り返してきたトラウマから「そのうちに〜」と先延ばしにしてきましたが、2枚3000円キャンペーンで、ちょうどもうすぐ発売になる「ボディーガード」BDとのペアでようやく購入しました。 
 皆さんが書いているレビュー通りに、画質も放送分とは格段に違う高画質。そして放送では不可能な高音質。大満足です。
そして自分にとってはBD鑑賞だからこその大発見がありました。それは冒頭の部分です。
「冒頭?猿のシーンね」ということではありません。
冒頭「ツァラストラはかく語りき」が流れて惑星が登場する前にある暗黒とかすかな音楽の数分間のことです。
これまで貯め込んだソフト・録画にはこれが省略されていたり、重要さを感じさせるものでは無かったりでした。しかしBDで観て、ようやくこの重要さに気がついたのです。暗黒というと宇宙。でもスターウォーズに代表される星が輝く大宇宙ではなく、漆黒の闇です。奥行きも感じない単なる黒にしか見えない荒削りな黒画面。じゃあ、これは何?
おそらく有が生まれる前の世界、ビッグバン前の無の世界。そして現れる惑星----それまでの数分間でこの映
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー