中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート 単行本(ソフトカバー) – 2009/7/7

5つ星のうち 3.8 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

40年間2000社をの会社再生に東奔西走してきた社長が、気づいたことを書き留めてきた200冊のノート。
思いついた仕事のコツやフォーマット、組織の良し悪し、リーダーになれる人となれない人の違い、など日々「おやっ」と思ったことのメモです。
本書はその膨大なノートから、すぐに実践して役に立つ仕事術を厳選。「結果の出せる社員」「実力あるリーダー」に生まれ変われるための至言集です!

著者からのコメント

 すこし長くなりますが、私がノートを書くようになったきっかけをお話しようと思います。 私は24歳のとき、ある方が家族同様に信頼していた田原さんという人のカバン持ちとして、名古屋の赤字会社の再生などに立ち会うという貴重な経験をしました。
 ある方とは、OA機器メーカーであるリコーや、銀座4丁目交差点にガラス張りの丸いビルをつくったことで有名な、リコー三愛グループの総帥・市村清さんです。
 その市村さんは、ソニーの盛田昭夫さんや東急の五島昇さんなど、当時の多くの若手経営者や文化人から、「経営の神様」として仰がれ、その集まりは、「市村学校」とも呼ばれていました。
 そのころです。田原さんから、
「これからはマーケティングの勉強をしておいたほうがいいよ。モノは作れても、売れなければ倒産するからな」
 といわれ、その勉強を始めました。わたしが27歳のときです。十條製紙とグローバル企業のキンバリー・クラーク社が、合弁会社の十條キンバリーを設立。日本ではじめてクリネックスというティッシュペーパーを発売することになり、今でいうスカウトという形でマーケティング担当として呼ばれたのです。
 そのグローバル企業の世界観、プロの仕事の進め方のすごさに当時はカルチャーショックを覚え、これは忘れずにメモしなければと、仕事に大切なことを思わずノートに書き始めたのがきっかけです。 
 内容については千差万別ですが、おもに思いついた仕事のコツや仕事のフォーマット、組織の良し悪し、リーダーになれる人となれない人の違いなど、日々「おやっ!」と思ったことを書きとめ、『OYATTO NOTE』(おやっとノート)と名づけました。
 ですから私はこのノートを27歳から書き始め、役員や社長をしながら2000社あまりの会社再生をしてきたその後の40年間、つねに自分の気づきをメモしているのです。
 その数は200冊くらい書いてきたと思います。しかしボロボロになったのもあり、要点を抜き出してパソコンに入れた後、多くを処分しました。いま、私の机の上には50冊ほどのノートがあります。色やサイズはまちまちです。
 私はこのノートを書くという習慣によって、磨かれたことがかなりあり、多くの知的な財産を得たように思います。
 まず、営業やプレゼン、社内の会議で引用できるネタが豊富になりました。メモしただけでなく、空いた時間に分析しておくので、付け焼き刃でなく、自分なりに咀嚼した説得力ある会話ができるわけです。
 つぎに、判断のスピードが格段に上がったこと。まったく仕事と関係ない事象も、因果関係を分析するクセをつけておくと、「あ、これはあの過去のパターンと同じだ」
と類推する脳の回路がつくられたようです。それによって戦略策定力や計画立案力が飛躍的にアップしました。
 この「おやっとノート」術は簡単で、本当に役に立ちますので、ぜひあなたにも実践していただきたいと思います。この習慣で多くの得をしたことはあっても、ソンしたことは一度もありません。
 いま私の事務所には、私の本を読まれた社長や部長・課長はもちろんのこと、20歳代の若いビジネスマンも多く相談にこられます。ときには数人で勉強会をして議論したりすることもあります。そんな会合で、このノートを参考にしながらお話ししていたら、そこに出席していたある編集者の目に留まり、「この内容はいまのような不透明な時代に、ビジネスマンにとって仕事術や生き方の参考になりますよ」
 と本にすることを勧められました。今回そのなかから、すぐに実践して役に立つ仕事術を中心にまとめたものが本書です。
 これから一時的に景気は底を打った感があっても、私は、さらに10年は激動の厳しい時代が続くと予測しています。日本の経済環境を考えてみると、少子高齢化やグローバル化による空洞化など、難問は山積です。
 こんな時代でも、力強くしなやかに生き抜き、自分の家族を守り、自分の組織を守り、周りの人たちからも信頼され、喜ばれるような働き方をしたいものですね。
 そのためには、プロフェッショナルといわれるための基本を身につけていただければと願っています。
 本書がその一助になれば、最高に幸せです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 176ページ
  • 出版社: かんき出版 (2009/7/7)
  • ISBN-10: 4761266031
  • ISBN-13: 978-4761266035
  • 発売日: 2009/7/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,481位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この方、「日本のゴーン」と呼ばれているということなので、読んでみたのですが。

書かれている内容が古すぎです。

1990年代に日本に外資系の企業が一気に入ってきたのですが、そのときにMBAを持っている管理職が語っていたようなこと
そのままというのが多いのです。徹底したコストカットや、社員(特にホワイトカラー)を高い効率ではたらかせるための
ノウハウですね。

これらはもちろん大事ではあるのですが、いまでは、その次が重要だと言われています。ムダを省いて効率化をしたあと、新しい魅力的な商品をどう開発するのか?がポイントになっています。

たとえばGoogleで行われている、就業時間の2割はメインのプロジェクト以外のことをやってよい、などはこれを目指して考えられた手法のひとつです。

これが正しいのかどうか?はまだ検証の段階でわからないのですが、ポイントは、世界はすでに新しいことを目指しているということ。それと比較すると、この本の内容は、いかにも古いということです。

読み終えて、奥付で著者の経歴を読んでおかしなことに気づきました。
この方、日本のゴーンと呼ばれているらしいのですが、そのゴーン氏が再建できた会社は3社だけです。
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やまなか VINE メンバー 投稿日 2009/7/19
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
企業再生のプロである著者の
経営者(=社長)としての経営論と
期待してしまうと本書の内容は
期待はずれとなってしまいます。

文字通り著者が日々の仕事で
感じた気づきが記されていて
仕事に対する一種の名言集みたいな
感じですので、
若手の社会人にとって
とても役立つのではないでしょうか。
仕事の心構えが身につくと思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひであきさん トップ1000レビュアー 投稿日 2010/1/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
仕事のコツ、教育のコツ、経営のコツなど、わかっていそうで盲点になることが
1ないし2ページ完結で盛り込まれています。
経営コンサルタントのエッセンスのような、貴重なアドバイス集です。

1ページよんだら、自分の過去や知り合いの出来事と照らし合わせて、いろいろと
「あのときどうすればよかったのか」「なぜこれが決定的ポイントなのか」などと
考え抜くような読み方がいいと思います。さらさらと読むタイプの本ではありません。

この本は、読み物として受け止めるか、自分の仕事の実行の補助線として使うかで、
評価はかなり変わる本だろうと思います。

自分は後者の立場から、文句ナシの★5つ献上でした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 猫だるま VINE メンバー 投稿日 2009/7/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
目次

1章 プロ社員にならないと生き残れない
2章 仕事でいい結果を出す人は、この行動がちょっと違うだけ
3章 「あなたしかいない!」と思わせる
4章 一流になれる人はここが違う
5章 自分も会社も生き残る
6章 会社から大切にされる人、されない人
7章 売ることを知っている人は強い
8章 自分の得意技を持ちなさい!

著者はまず仕事のプロになることを進めます。
プロとは、やる気、専門能力、調整能力、人望、健康を基本とし、持続力のある仕事をするひとです。
また、凡百のビジネス書のように甘い言葉で読者をいい気持ちにさせることがありません。
読む人を選ぶかも。

この本の最後は、こんな言葉で締めくくられています。
「歯車になるな、モーターになれ」
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
2,000社以上の赤字会社を立て直したという著者の仕事における心得をまとめた著書の第1弾がこれ。

会社に勤務している以上は会社に利益をもたらす事に貢献しなければいけませんが、普段その事を強く意識している社員は少ないことでしょう。
「稼げる人間」になれば、会社でもおのずと重宝されるし、喩え会社を離れたとしても一人でも生き抜いていけることでしょう。

仕事をする上では
・基本重視。基本を無視して応用に走ってはならない。
・悪い情報ほど先に言う。隠すのはNG。
・仕事は自ら作り出す。
・成功するまで続ける。
・経費削減は必要だが、それで利益が出るという考えは間違い。(消極的発想)
・常勝は難しい時代だがら、たまには負けもあると考えて復活できるような準備をしておく。
・ビジネスで信用されるのは「金払い」のよさ。
・平均点よりも何かひとつでも集団から突出すること。平均では「代わりはいくらでもいる」ということになってしまう。
・動植物の生存の知恵を観察し、日常生活に応用せよ。
・最小で最大の効果を上げようなどと考えない。最大の効果を上げたいなら1点集中し、全力投球する。
・「体力の限界まで働いた」という実績を若い頃に持っておく。それが
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー