通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品: 良い | 詳細
発売元 あさかぜ書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。帯に日焼けがあります。カバーはわずかに細かなキズやスレ、端部にわずかなヨレ・シワがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書) 新書 – 2012/1/26

5つ星のうち 4.6 45件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)
  • +
  • 伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
総額: ¥1,620
ポイントの合計: 161pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「話せるのに書けない!」人のための“文章の授業”
どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか? この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである僕が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう!

内容(「BOOK」データベースより)

どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか?この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである著者が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061385100
  • ISBN-13: 978-4061385108
  • 発売日: 2012/1/26
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,795位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
最初はどこにでもあるハウツー本の一種かと思ったが、レポートの書き方の授業に参考になるネタがあるかと思い、読み始めた。すると内容は期待をはるかに上回り、一気に読了。自分自身で文章を書きたくてうずうずしてきてしまった。

すぐれている指導書は、アドバイスが抽象的ではなく、具体的で説得力があるものだが、この本のアドバイスも、例えば「読者の立場に立て」ではなくて「10年前の自分に語りかけろ」というようにわかりやすい。

また、「起承転結ではなく、起“転”承結にすると読者の興味を引き付けることができる」など、今まで気がつかなかった技法も随所に紹介されている。

実際、本書の文章もリズムが良くてとても読みやすい。そして、一番重要なことだが、納得感が高い。
仕事で文章を書く機会が多い人は、是非一度読んでみることをお勧めする。おそらく、この本を読んだ後に書いた企画書や報告書は、出来が違ってくるだろう。いや、それ以前の問題として、企画書や報告書を書きたくなっているかもしれない。
1 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
学校でちゃんとした書き方を習わない、なのに学校で習った事よりも圧倒的に接する機会が多い。それは文章を書くことだと思います。この本はそんな文章の書き方を講義形式で伝える本です。読んでみて、書かれている内容自体よりも印象深いことがありました。それは、何かをする際の意味や目的を筆者が大切にしていることです。例えば、この本は早々と文章の書き方を説明し始めるのではなく、「書くこととは何なのか?」ということから始めます。新しいことを習い始めた時によくあるのですが、そのことの意味や目的が分からないまま説明されるよりも、そこを明らかにしてくれたほうが理解できますし、覚えられます。その後も度々「なぜ○○は○○なのか?」ということを明らかにしながら話が進んでいくため、読者は納得感を持って読み進められると思います。ただ、僕の場合はハッとさせられる内容が多くて1章目が終わったところで脳の容量がピークに達しました。著者が「ぼくは、この講義を本気で『20歳の自分に受けさせたい』と思っている」と述べているように、作者の本気度が伝わってくる内容量です。その全てを理解するには、読者の方にも本気で学ぼうとする姿勢が求められます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/3/16
形式: 新書 Amazonで購入
文章を書こうとすると、固まってしまう…。

「書けない」悩みが「書けた!」に変わる、
ルールと技術を学べる本。

「いい文章を書くのに、文才などまったく必要ない。
いい文章とは読者の心を動かし、その行動まで動かすような文章。
必要なのは、自分の思いを正しく“翻訳”しようとする意識と技術だけ。

業種や職種に関係なく生涯にわたって身を助けてくれる武器、
それが文章力なのだ。いまこの武器を手に入れておくことは、
将来に対する最大級の投資になる」

という著者の言葉に、やる気がわいてくる。

個人的に、特にためになったアドバイスを挙げると

・「書こう」としないで“翻訳”する。
文章とは、自分の“感じ”や“思い”などの頭の中の「ぐるぐる」を、
伝わる言葉に“翻訳”したもの。

・“翻訳”力を磨く第一歩は、聞いた話を、誰かに自分の言葉で話すこと。
これは効果絶大で、ペンもパソコンも使わずに
著者が“3つの再”と呼ぶ極意を身につけられる。

1.再構築(バラバラに散らばっていた話の内容を自分なりにまとめる)
2.再発見(語り手の言いたか
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さだはる トップ1000レビュアー 投稿日 2016/12/25
形式: 新書 Amazonで購入
文章を書くことに抵抗を感じている人、話せるのに書けないと悩んでいる人、全てに推薦できる一冊。

この本は、文章を書く際の具体的な技法・技術論も詳しく解説されているが、他の本と大きく一線を画しているのは、我々が文章というものに対して認識している枠組みを変えることから始まっている点である。

・文章とは自分の頭の中の「ぐるぐる」を伝わる言葉に「翻訳」したものである。
・人は解を得るために書き、解が分からないから書くのであって決して理解したから書くのではない。

また、文章に対して苦手意識を持っている人々が多いのは、学校教育のなかでもきちんとした文章講義を受けてこなかったため当たり前のことであるとしている。

それを補うための技術論が詳しく紹介されている。
・文体の良し悪しはなにによって決定づけられるのか。
・筋道を立てた文章作成の方法。
・映画製作を例に出し、大枠を決めずにいきなり文章を書き始めることへの無謀さ。
・編集作業の重要性など

何度も読み返しこの本の内容を自分の中で意識付けしたい本。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー