この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

20世紀SF〈2〉1950年代―初めの終わり (河出文庫) 文庫 – 2000/12

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,260

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

英米SFを年代別に集大成!第2巻は一大SFブームがおきた1950年代編。電化製品があふれる一方、核実験が繰返された時代、SFは質・量ともに充実し、ひとつの頂点を迎えた。庭の芝生で老夫婦が空を見あげて待つものは…過去への郷愁と未来への希望を描いたブラッドベリの表題作、時代の不安が色濃くただようディックの初期の名作ほか、黄金の全14篇。


登録情報

  • 文庫: 501ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2000/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309462030
  • ISBN-13: 978-4309462035
  • 発売日: 2000/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 317,413位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2003/12/17
形式: 文庫
 リチャード・マシスンの「終わりの日」を初めて読んだのは「SFマガジン 64年9月号」掲載の日本語訳でした。物語展開の衝撃とラスト・シーンの息をのむ美しさとを鮮明に憶えています。
 天体異状によって地球最後の日を迎えつつある人類。青年リチャードと仲間たちは「最終日」をセックスとドラッグに溺れながら、絶望に駆られてただひたすらなまでにふしだらに生きようとする。しかし、最後の最後にリチャードが共に時を過ごそうと考えた人物がいた。その人物とは…。

 マシスンが描き続けたテーマは、自分は一体誰なのか、そしてその自分という手応えを確かに感じるには一体どうしたらよいのか、ということです。換言するならばマシスンは、「生きてある」と思っていた自分がひどく脆く不確かなものであるということを知った時の言い知れぬほどの不安と恐怖を、執拗に我々に突きつけてきました。
 「終わりの日」でも、これまで歩んできた人生が地球の滅亡によって無に帰する事態を目前にして、主人公は自暴自棄へと突き進んでしまいます。しかし、自らの人生を否定するのは地球の滅亡ではなくて、投げやりに生きる主人公の決意そのものであることをマシスンは語りかけているのです。ささやかであっても大切に育んできた自らの人生を自らが否定することの醜悪さこそを私たちは一番に恐れるべきなのです。
 
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
古典的な「ひる」に「終わりの日」と名作ぞろいだが、個人的なベストはゼナ・ヘンダースンの「なんでも箱」。子供の「ときめき」を描かせたら右にでる者がいない著者の代表作だが、日本ではこの作品を収録した短編集が絶版になり、今ではこのアンソロジーでしか読むことができない。

 他にもこのアンソロジーでしか読めない作品が収録されおり貴重な一冊。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2009/9/2
形式: 文庫
国内で編纂された、20世紀SFアンソロジー 第2巻

これは!とうなってしまうような名作ぞろい。良質のアイディアは時代を超えるというSFの奥深さを改めて思い知らされた。特に、面白かったのは、フレデリック・ポール「幻影の街」、ポール・アンダースン「サム・ホール」(リチャード・マシスン「終わりの日」のラストの余韻もよいけれど)。

■幻影の街
ガイ・バークハートは、昨日と同じ6月15日に目覚めたことに気づく。微妙に異なっているが、同じ日を繰り返していることを知るスワンスンと出会い、真相をつきとめようとする。その驚くべき真実とは ・・・

■サム・ホール
反社会的活動を一切禁止した世界。中央情報局 技術部門責任者のソーンバーグは、たわむれに、国民の情報を統制するコンピュータ マチルダへ、存在しない犯罪者サム・ホールをつくりだす。未解決事件をサム・ホールの犯行であるかのごとくデータを改ざんするソーンバーグ。上層部からサム・ホールの調査を命令される ・・・

その他の作家陣は以下のとおり。

レイ・ブラッドベリ/フィリップ・K・ディック/ゼナ・ヘンダースン/クリフォード・D・シマック/C・M・コーンブルース/エリック・フランク・ラッセル/アルフレッド・ベスター/ジェイムズ・
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ishii-k 投稿日 2003/3/6
形式: 文庫
「終わりの日」、これを読むためだけにでもこの本を買っても良いと思います。前半と後半の描写のコントラスト、それがラストシーンの美しさを際だたせています。
また、本書のサブタイトルになっている作品「初めの終わり」は、スペースシャトルの事故の後に読み返してみましたが、最初に読んだときとはまた別の重さを持って迫ってきました。
他の作品も良いです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック