この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 豪華版 (本編DVD1枚+特典ディスクDVD1枚)※生産限定

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 唐沢寿明, 豊川悦司, 常盤貴子, 香川照之, 平愛梨
  • 監督: 堤幸彦
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2010/02/24
  • 時間: 155 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002XTKB6O
  • JAN: 4988021132947
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 35,594位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

もうひとつの 結末。 もうひとつの ともだち。
誰も観たことのない“もうひとつのエンディング”DVDで初公開。
本編に、約11分間の未公開シーンを含む秘蔵エンディングも収録!

≪商品概要≫
2枚組(本編ディスク+特典ディスク) アナログLP(ダブルジャケット)仕様
【本編ディスク】
●映画本編:155分
●特別収録:“もうひとつのエンディング”バージョン
未公開エンディング(約11 分予定)を含む本編別バージョン
●特典映像:<最終章>予告編集/未公開映像:バックステージシーン完全版(約4分)
【特典ディスク】ドキュメント・オブ・「20世紀少年」:日本映画史上最大規模の壮大な作品の舞台裏に密着したメイキング・ドキュメント(約90分予定)
【封入特典】<オリジナル・ギターピック第3弾>

<ストーリー>
“ともだち”復活から2年後の“ともだち暦3年”(西暦2017年)。「世界大統領」として君臨する“ともだち”は「8月20日、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と説いていた。
一方、“ともだち”の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち―オッチョ、カンナ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、ケロヨン―はそれぞれのやり方で、闘いを続けていた。
そんな中、東京を囲む壁の向こう側で、ギターを抱えたある男が現れ厳重警備の関所を越えようとしていた。矢吹丈と名乗るその男はこう呟く。「俺は会いに行く、カンナに」

<スタッフ/キャスト>
監督:堤 幸彦 原作:浦沢直樹[「20世紀少年」「21世紀少年」小学館ビッグスピリッツコミックス刊]

唐沢寿明
豊川悦司 常盤貴子 香川照之 平 愛梨
藤木直人 石塚英彦 宮迫博之 佐々木蔵之介 山寺宏一 高橋幸宏 佐野史郎
森山未來 古田新太 小池栄子 木南晴夏 福田麻由子 ARATA 片瀬那奈 六平直政 / 研ナオコ ・ 北村総一朗
手塚とおる 田鍋謙一郎 Samat Sangsangium 陳 昭榮 竹内都子 石橋 保 津田寛治 光石 研 / 遠藤賢司
高嶋政伸 田村 淳(ロンドンブーツ1号2号) 岡田義徳 武蔵 武内 享 ダイヤモンド☆ユカイ MCU 吉田照美 原口あきまさ 斎藤 工 / 左右田一平
石橋蓮司 中村嘉葎雄 / 黒木 瞳
脚本:長崎尚志 浦沢直樹 音楽:白井良明 主題歌:「20th Century Boy」T.REX(Imperial Records)
製作:日本テレビ・小学館・東宝・バップ・読売テレビ・電通・読売新聞・シネバザール・オフィスクレッシェンド・ディーライツ/STV・MMT・SDT・CTV・HTV・FBS 制作プロダクション:シネバザール・オフィスクレッシェンド 配給:東宝
日本テレビ開局55年記念作品

※仕様及び収録内容は変更

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の最終章。人類が世界大統領となった“ともだち”に支配される中、ヨシツネの下を離れたカンナは“氷の女王一派”を束ね、武装蜂起を企てていた。特典ディスク付きの2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

映画「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」(堤幸彦監督)は2009年8月29日に公開された作品である。浦沢直樹の科学冒険漫画『20世紀少年』『21世紀少年』を実写映画化した3部作の完結編である。原作とは異なる結末が話題になった。

新興宗教の教祖で、自作自演の予言でテロを達成し、世界支配を目論む「ともだち」の不気味さが本作品の魅力である。主人公・ケンジ(唐沢寿明)らの少年時代に「ともだち」の謎を解く鍵がある。この大きな流れは原作と映画で共通するが、映画では「ともだち」の心情を丁寧に掘り下げていた。

「ともだち」は無差別テロを行い、何十億という人々を殺害した。ケンジへの恨みだけでは無差別テロの動機としては不十分である。人類全体への敵意を抱く背景となった「ともだち」の孤独や悲しみ、トラウマが映画では浮き彫りにされた。人類の大半が滅亡した世界の支配者になっても面白くないように思えるが、「ともだち」の心理状況では納得できる。

また、映画ではケンジやオッチョ(豊川悦司)、カンナ(平愛梨)ら特定人の超人的な活躍で全てを解決するのではなく、彼らをきっかけとしつつも大勢の人々の行動が大きな力を持つことを描いている。

作品世界の一般の人々の多くも内心では「ともだち」支配のおかしさを認識している。ユキジ(常盤貴子)
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
冗談みたいに大きな初回盤は、袋に入っていても、何を買ったかバレバレで… 実はそれが意図だったりして(笑)。「20世紀少年」のEpisodeは、全て、昭和から平成にかけて、実際に起きた事が元になっている。「♪グータラ」は勿論「スーダラ節」。万博音頭は三波春夫。「教祖」が国家転覆を謀った事件だって、つい何年か前に東京で起きた。日本が、世界が、一番騒がしかった頃を、ちょっと大げさに描いているのだ。

―ケンヂが子供の頃に、草むらの「秘密基地」で書いた【よげんの書】。28年後にそれと全く同じ出来事が起きる。「ともだち」と名乗る謎の人物は、かつての仲間の誰かなのか?―

「20世紀少年、映画に出来るの?!」って思わず笑った(常盤貴子)。あまりに壮大で、とても映画に出来そうにない漫画を。飄々としたキャラクターの監督が、俳優という俳優に声を掛けまくって、本当に作ってしまった。実写的に無理なシーンも強行突破。だから、「リアリティの映画じゃない」(豊川悦司)。そして三部作を以てしても、相当「駆け足」なので、音楽で言うなら“Short Edit Version”と言った趣である。

でも、イベントとしては十分に面白い。木南晴夏を初め、キャストは皆、子役までそっくり。そして何と言っても、二足歩行ロボット!! これが凄かった。「速い… 前の奴より
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
最終章をラスト10分も含めてすべて見終わった瞬間、誰もがその場を動けなかったようだった。というか、ナニかを待っていたのかもしれない。
「え?!これで終わり?」
疑問符が頭の上を横切る。重苦しい空気が映画館の中を漂い、
「終わったんだよね・・・」
とひとり納得し苦笑いしながら席を立つ。みんなただただ無言で会場を後にする。

そんな気まずいラストも時間が経つにつれ整理できてきた。そして、原作よりもしっかりまとまっていたことに気づく。いくつかの謎やエピソードをざっくりとひとまとめにし、ダイジェスト的な早回しではあるが、伏線の回収もおこないながら、映画としての体裁は整っていたように思う。そういう意味では、原作よりも大人っぽい作品に仕上がっている。

あえて原作とは違う方法で、原作のラストを映像化している。そして、原作よりも深化しながらメッセージをより伝えやすくしている。そういう意味で、映画版は非常にメッセージ色の強い作品となっている。

ぼくの感想はそんな感じだ。

あまり原作と比較する必要もないくらい、映画としてある程度きちんと纏まっているのは、堤の構成力だし、浦沢と長崎が脚本にも携わったおかげだと思う。そういう意味では、非常に恵まれた環境で完成したのだろう。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
限定生産の豪華版が購入出来て、非常に満足です。
大事に扱っております。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー