中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 日焼けあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

20世紀少年 19―本格科学冒険漫画 (小学館プラスワン・コミックシリーズ) コミックス – 2005/6

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 300 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 小学館; 初回限定版 (2005/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091590047
  • ISBN-13: 978-4091590046
  • 発売日: 2005/06
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2005/7/3
形式: コミック
ちょっと中だるみかなっと思っていたら、ぐぐっと佳境に入りそうな雰囲気なって次巻へ(楽しみが続きますね)。今は亡きマーク・ボランのTレックスの(特性)ミニCDが付いてます。ついでにこの漫画に出てくる音楽をまとめた企画CDをどこか出してくれませんかね。私はいつもこの本に関係した音を聞きながら読むのが癖になってます。遠藤ケンジの「東京ワッショイ」とやはりTレックスの「ゲット・イット・オン」を聞きながら読むと最高です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 遅まきながら1~19巻までまとめて読みました。何年か前に少しだけ読みましたが、話が繋がらなかったので今回全読しました。このマンガは組織による教条化、潜在的な暴虐性をよく描いています。もともと子どもの戯れと思われていたものが(誰もが一度は持つ空想が)現実となった時、どうなるのか。恐るべき射程をもって描いている。オウムの事を思い出して欲しい。あれがなぜあれ程私たちを驚かせたのか。事件の巨大化はもちろんの事、彼らが私たちとそれ程変わらないおじさん、若者たちであったことだ。組織が盲目的に暴走する時、内部からでは見えにくい。何をもって終えるのかというのも難しい課題だ。このマンガで「ともだち」は何度も自己操作して戻ってくる。が、やがて彼も死んでしまう。にもかかわらず、もう一人の「ともだち」により計画は進められてゆく。組織のボスがやられたぐらいで全てを消し去ることはできないのだ。それは対テロ戦争でビンラディンを殺した(捕まえた)としてもテロが終わらないことがわかっているように。                                                                          一方、あの男がケンヂだったことが判明するが、彼とても自分の道を進むのに(正義であろうとした男でさえも)苦心していたことが語られる。過大な期待を背負った男はその現実に押しつぶさ...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
非現実的でありながら、日常だと感じる。。。
そんな作品です。
物語冒頭のケンヂたちの日常、そして「ともだち」信者の
日常・・・、この日常の果てはどうなるのか?
しょせん漫画だ、などとはこの作品を読んで
言うことはできないでしょう。
浦沢先生がなぜこれを書いているのか考えながら、
最後まで読みたいと思います。
面白いだけではなく、皆にも考えながら読んで欲しい。
皆が自分はケンヂにも「ともだち」にも似ていると感じるはずです。
だからこそ日常を描いた物語だと思います。
私たちの世界と同じ世界です。
現実と同じで最後の最後までわからないので、期待をこめて
今はまだ星4つで。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告