20世紀少年 第1章 終わりの始まり [Blu-r... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,007
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

20世紀少年 第1章 終わりの始まり [Blu-ray]

5つ星のうち 3.4 16件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,040
価格: ¥ 4,005 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,035 (21%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ショップ”寿”が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,500より 中古品の出品:28¥ 231より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 20世紀少年 第1章 終わりの始まり [Blu-ray]
  • +
  • 20世紀少年<第2章> 最後の希望 [Blu-ray]
  • +
  • 20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 Blu-ray (本編BD1枚+特典DVD1枚)
総額: ¥10,607
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 唐沢寿明, 豊川悦司, 常盤貴子, 香川照之, 石塚英彦
  • 監督: 堤 幸彦
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2009/01/30
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001KEM12A
  • JAN: 4988021710084
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 80,258位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

世界が終わろうとしています。
ぼくらの“ともだち”によって―。

累計発行部数2500万部超!
浦沢直樹の世紀のベストセラーコミック、待望の実写映画!

★監督は『TRICK』の堤 幸彦
★唐沢寿明、豊川悦司ら超豪華オールスターキャストが集結
★製作費は3部作合計で60億!壮大なスケールのストーリー
★2008年8月30日~全国東宝系にて公開の大ヒット作品 ★「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 2009 年1 月31 日(土)公開決定!! <ものがたり>
1969年。少年ケンヂは、地球滅亡を企む悪の組織に立ち向かう正義のヒーローを夢見て、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。
そこに描かれたのは、現実には起こりえない“未来”のはずだった…。
1997年。大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!世界を陰で操る謎の男“ともだち”とは?
果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのか?
そして、2000年12月31日。「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する“その日が訪れる・・・。

出演:
唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子
香川照之 石塚英彦 宇梶剛士 宮迫博之
生瀬勝久 小日向文世 佐々木蔵之介
石橋蓮司 中村嘉葎雄 黒木 瞳

監督:堤幸彦 原作:浦沢直樹(「20世紀少年」小学館ビッグスピリッツコミックス刊)
脚本:福田靖長崎尚志 浦沢直樹渡辺雄介 音楽:白井良明 主題歌:「20th Century Boy」T.REX(Imperial Records)


<内容>
収録:本編+予告編 / 第2章予告編

※仕様・内容は変更する場合があります。
(C)1999 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館 (C)2008 映画「20世紀少年」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の第1章。ロックスターになる夢を諦め冴えない毎日を送るケンヂは、「ともだち」と呼ばれる謎の教祖率いる教団が引き起こす事件が子供の頃に作った「よげんの書」とそっくりであることに気付く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
自分は原作を読んでから映画を見ましたが、なかなか頑張ってると思います。

原作ありきの映画の場合は必ずと言って良い程批判をする人がいます。
それだけ原作を愛してる事だとは思います。
が、原作は原作、映画は映画と考えられる柔軟な思考が出来ないのでしょうか?
原作は作者の物、映画は監督の物です。
タイトルは同じでも別物です。

原作に忠実とか忠実じゃないとか青臭い事を言って批判しか出来ない輩達に聞きたいが、原作に忠実ってどういう意味ですか?
誰にとって忠実なのですか?
原作は読む人それぞれ解釈が違います。
一万人いたら一万通りの解釈があります。
それを踏まえて聞きたいです。
原作に忠実とは誰にとっての忠実なの?
そんな事言ってる人達に批評されるスタッフやキャストが可哀相過ぎです。

自分はこの作品は素直に良く出来てると思います。
文句言ってるだけなら猿にでも言えます。
それでも言いたい事があるならあんたらが撮り直してみてはどうですか?
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
画質に精細感がなく、
洋画の高画質タイトルを見てる人は
なんじゃこりゃ!?と思うかも
今日観た第2章が同じような画質だったので
劇場の画に近づけたっぽいです
画質は予告集が一番キレイでした
特典はこの予告しかないけど、
音声はtrueHDにdtsHD仕様となってるので
ここがBD版購入のお勧めポイントです

原作ファンとしては子役を見た目重視で選んだのか、
演技がちょっと残念でした
血の大晦日の爆発はビルまで広範囲に吹っ飛んでます
ターミネーターの審判の日みたいだし、
あれじゃホントのテロリスト(笑)
とはいえ、けっこう楽しめました
最終章は期待してます
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2009/2/2
ALWAYSではないが昔の風景、遊び、流行などが回顧として度々登場するので60年代生まれの方はそれだけで楽しめるでしょう!

実は原作は未読です。
映画作品は時間、技術や想像力の限界により原作を越えることは極めて難しいので、映画を観るなら原作を読まないようにしました。(映像が売りのスターウォーズでさえ原作の方が面白いのですから…)

映画としての質については洋画と比べれば「コミック映画」ではありますが、漫画という世界独自の文化を築いている日本においては本作のような邦画が誕生することは素晴らしいと思えます。(本作は従来の伝統的な映画路線ではなく、コミックと映画の融合であり、ハリウッドのマーベルシリーズよりも気持ちよいくらい開き直っています。)

コミカルな漫画的な要素を取り入れながら、俳優達の活躍で魅せる映画です。

現実っぽくない??という設定や内容ですが、それは当然でしょう。
筋書きは子供の夢ですし、何と言っても「空想冒険活劇」なのですから!
(この台詞にピントくるのも60年代生まれでしょう。)
堤監督は1955年生まれなので時代感覚的にはピッタリでした。

作品としては大変に面白かったのですが、商品としての作りはマイナスが大きい。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
漫画本もよみましたが、3部作の映画にまとめられる内容に少しの変化はありましたが
ほぼ忠実に描かれていたと思います。
マニアの方がみたら納得のいかないところもあるのかも知れませんが、純粋に楽しめます。
CGも十分だと思いますよ。

予想よりもずっと良い作品に仕上がっていたと思います。
70近くになる近所のあばさんも「面白かった!」と言っておりました。
続きが気になる映画です♪
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
原作は読んだことがないが、本作のスペクタクル感は大したものだ。ブルーレイの画質にしては、黒が青っぽかったりと不満な点もある(DVDとそんなに変わらないかも)が、作品はハリウッド大作に負けていないと思う。まずは堤組とは思えない直球の作り方。これは意外だった。これだけのバジェットを任されると、さすがの堤幸彦も「マイワールド」を封印せざるを得なかったか(笑)。それと「超」が付く豪華キャスト。主演格俳優だけでなく、ワンカットだけ出てくる名優やゲストも盛りだくさんで、びっくりである。唐沢寿明の頼りなさとトヨエツの強さ、そして常盤貴子の凛々しさ。まあ現場はゴジラ映画もびっくりのブルースクリーン多用だったと思うが、それも日本の俳優にとっては珍しかったのでは。子供が描いた「よげんの書」が現実化していくストーリーもハラハラしながら観れた。最後の怪物(?)は「ゴーストバスターズ」は超えたと思うし。あまりに世界観が大きいため、このあと収拾がつくのか心配ではあるが(笑)、第二章も大いに楽しみである。大長編メイキングは第三章ブルーレイに付くものと期待してます!ちょっと甘いけど5つ星。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー