通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
20世紀少年探偵団 (ビッグコミックススペシャル) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 『カバー上の値札等のシールは除去済みです!』20世紀少年探偵団。中古商品。背表紙の色褪せもなく綺麗です。クリーニングを行い、迅速にお届けいたします(付録付きの商品の場合、付録は付属しておりません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

20世紀少年探偵団 (ビッグコミックススペシャル) コミックス – 2008/8

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 20世紀少年探偵団 (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • 20世紀少年の脇役 ウジコウジオ作品集 (ビッグコミックススペシャル)
総額: ¥1,471
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 285ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091821944
  • ISBN-13: 978-4091821942
  • 発売日: 2008/08
  • 梱包サイズ: 18 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
最初におことわりをしておきますと、本書では「20世紀少年」のキャラ
クターやストーリーについての記述はほとんどありません。取り上げられ
ているのは、「20世紀少年」中で取り上げられた様々な小道具について
の解説と、竹熊健次郎氏によるそれらの取材レポートとコラムで占められ
ています。

そのため、キャラクターについての解説やストーリーの謎についての解説
を求める方には不向きな書籍だと思います。しかし、少年時代のケンヂた
ちが過ごしていたのはどういった時代だったのか、どういったものが流行
していたのかを知るのには、なかなかいい書籍だと思います。台詞の端々
の細かいネタの意味や、ローラーゲームがどういったスポーツなのかを知
ることができましたし、竹熊氏の若干下らないロケレポートや浦沢氏との
対談もなかなか楽しめました。また、冒頭には4ページフルカラーの『映
画20世紀少年 予告編コミック』が収録されています。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 青頭倶楽部 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/10/9
形式: コミック
表紙が誤解を生みやすいが、本書は総計三千万部を売り上げた浦沢直樹作の人気
漫画『20世紀少年』のキャラクターガイドでもなければ、ストーリーの解説本でもない。
漫画の主な舞台となった1960年代から70年代の世相・風俗を解説し、漫画に出てくる
キーワードを実体験と追跡調査により紐解く、浦沢氏が監修を務めた公式副読本だ。

年齢はケンヂよりやや下だが、概ね同時代を生きてきた私はあの時代のことは大体
分かる。だが若い人は本編を読んでいて、ピンとこない話もあるだろう。そんな方々に
本書をおすすめしたい。また本編を未読の人でも十分楽しめるはずだ。ただし本編を
読了していないとネタバレになる記述もあるので要注意。『20世紀少年』の作者・浦沢
氏と同齢の本書の著者・竹熊団長による身体を張ったレポートが秀逸で、「大阪万博」
「超能力」「心霊写真」「グアムの横井さん」「ローラーゲーム」など、それなりの予算を
かけて取材している。懐かしさが先に立つが知らなかった事情もあって面白い。浦沢
氏へのロングインタビューは「20世紀少年と昭和を巡る」と題して、竹熊氏と共にとこ
とんあの時代を語り倒すもの。おふたりのオタク魂に気圧される思いがする。本書は
ケンヂと仲間たちが生きた時代の裏側を再発掘する、本編の深みが増す一冊である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告