中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書) 新書 – 2007/6/29

5つ星のうち 3.7 63件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1999年に開設した『2ちゃんねる』。閉鎖やドメイン差し押さえに関する、噂や報道が幾度となくありました。2006年頃からは書き込みに関する裁判問題で、報道されることが増えています。しかし、インターネットの構造を考えると、“潰すほうが大変”であると管理人のひろゆき氏は説明します。本書では、2ちゃんねるの管理運営を通じ、ひろゆき氏が考えるインターネット論を展開。数多のインターネット賞賛本とは異なる、技術者であり、“ネ申”であるひろゆき氏が考えるインターネット“進化論”となっております。また、IT系ジャーナリズムの第一人者・佐々木俊尚氏、カリスマプログラマー・小飼弾氏との対談も圧巻です。

内容(「BOOK」データベースより)

Web2.0に隠された真実を“この男”が読み解く。もう、これ以上、インターネットは社会を変えない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 255ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2007/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594053882
  • ISBN-13: 978-4594053888
  • 発売日: 2007/6/29
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 262,182位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
表題に関する内容はわずかで、
ひろゆきの身の回りの話がほとんどでした。

確かになるほどと思いましたが、期待していたのはその中身ですので、ひょうし抜けしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
腐った
ブログじたい闇サイト
腐れ達の巣穴

腐った狂ったサイト
地獄サイトを見るな、
狂ったサイト
もはや死んだ人達の巣穴
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルの「なぜ潰れないのか」の理由に関しては巻頭で説明されまして、その後はほとんどそれに関する記述はありません。
ですのでタイトルにある「なぜ潰れないのか」を本当に知りたい人にとってはもの足りない本となってしまうでしょう。

そして、内容に関してはインターネットビジネス、Web2.0ビジネスに関して冷ややかに見ているひろゆきさんのコメントが随所にありますが、それらは冷静沈着で合理的で、読むものをう〜んとうならせます。(時々論理が飛躍する部分もありますが)

但し、あとがきでひろゆきさんは、
・対談は自分が話していない内容も、話しているように編集されている
ということを明らかにしており、何より驚愕の事実がこの本の最後の1行に書いてあり、
(以下ネタバレあり)

「そんなわけで、この本のほとんどを書いた杉原さんに感謝です。」
ということなのです。すなわち、どこからどこまでがひろゆきさんの意見、記述なのかは全く不明なのです。

そういう観点で思い出してみると確かに、本人が話した、もしくは書いたっぽい部分と
ゴーストライターが書いた部分が何となく分かるような気がします。

なので、amazonで何人も本著を評価していますが、これをひろゆきさんの著書として評価すること自体がナンセンスなのかなと思っています。
1 コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 梅田望夫さんは『ウェブ進化論』や『フューチャリスト宣言』を通じてインターネットの希望に満ちた将来を語っていました。
 逆に「インターネットは別にたいしたもんじゃない」「明るい未来は無い」と水を差している本が本書です。

 梅田さんの熱い語り口と正反対で、クールに語るひろゆき氏の口調は決して「感動する」とか「心にしみる」ものではありません。しかし、同じインターネットについてこれだけ正反対の意見があるということ自体に興味を引かれました。
 いつもと違って手放しで推薦できる本ではありませんが、ちょっと距離を置いて読んでみると、これほど「おもしろい」本は無いかもしれません。

 著者のひろゆき氏は、巨大掲示板「2ちゃんねる」の作成者であり、管理者です。
 2ちゃんねるは多くの民事訴訟や賠償請求裁判を抱えていて、最初はひろゆき氏も裁判に出ていました。しかし、あるとき裁判に欠席しても何も起こりませんでした。その結果「すべて相手の言うとおり」と解釈されて敗訴しても、何も困ったことにならなかった。
 だから、裁判には出ないことにした、とひろゆき氏は本書で語っています。

 こんな著者ですので、本書全体が人を食った色調にあふれています。

 あまりの物言いに、けっこう辛口な論調の
...続きを読む ›
1 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ひろゆきさんの人を食ったような言動に眉を顰める人は多いんだろうな。僕もきっとリアルの友達にはなれない(なってくれない)だろうけど、この人は本当にすごい。「ミクシィ」や「Youtube」、「セカンドライフ」に対する見解は、この本が2007年に出たものなのにまったく古くない。というか、ほぼ的確に予言していたといってもいいのでは?

7章の「小飼弾×ひろゆき対談」を筆頭に、プログラミングの知識がまったくない僕にはついていけない箇所があり過ぎて困る本なのですが、インターネットの仕組みをある程度は知っておかないと、今後何が起ころうと文句は言えないんだろうなという怖さを感じてしまいました。何せ小飼さんやひろゆきさんは自ら言っているように「お金なんて作ろうと思えば作れちゃう」人たちなんです。圧倒的な技術力と企画力を持ったこの人たちに追いつこうなんて思わないけれど、せめてこうしたネット社会を作っている創造者の言語がわからないことには、すべてを他人に委ねることになってしまいます。それどもいいじゃん、という考え方もあるかもしれないけれど、その創造者が文化や習慣の全く違う人種であればどうなってしまうんでしょう。けっこう不安になってきませんか?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す