通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
1Q84 BOOK 2 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1Q84 BOOK 2 単行本 – 2009/5/29

5つ星のうち 3.9 229件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,380 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1Q84 BOOK 2
  • +
  • 1Q84 BOOK 3
  • +
  • 1Q84 BOOK 1
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 180pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Japanese novelist Murakami Haruki's long-awaited new full-length novel! Sold 2 million copies in the first six weeks of publication. Vol. 2 of 2. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこの別の世界を作り上げていく。書き下ろし長編小説。


登録情報

  • 単行本: 501ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534230
  • ISBN-13: 978-4103534235
  • 発売日: 2009/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.7 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 229件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 99,202位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
宗教や政治思想、殺人やセックス、障害など、さまざまな話題が扱われており、それに対する答えや考えが明確に示されているわけではありませんが、個人的には物語世界に入り込めました。すらすら読めますので一度読んでみてはいかがでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
わけのわからない世界にどんどん引き込まれています。ありとあらゆるものが謎に包まれていて、どんどん読み進められました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
17歳の全裸の美少女がいる。恥毛がまったくない。こちらは金縛りに合い手足がまったく動かないが、ペニスのみが高々と隆起している。少女はその股間を跨ぎ、深々とそれを自らに受け容れる。静かに腰を使う。たちまちに、いや我知れず、こちらは放出する。彼女は言う。私にはセイリがない。だからニンシンしない。

稚拙なこの一文を書くにも、僕には気恥ずかしさが伴った。いうなればこれが第二巻のクライマックスだ。

大方の主要登場人物も出揃った。さあ、ここからいわゆる物語の承と転が始まる。だがここでちょっと萎えてしまった。そしてこの一文だ。これはずるいな。
就寝前のピロウブックにすれば、明らかに僕はこれを夢に見るな。へたすりゃ夢精もしかねない。この人はそれだけの文学的素養があるのだ。文学と射精。この人はそれを直結した。萎えさせて隆起させてどうするか?だからBOOK3が楽しみだ。さあ、見せてもらおうやないか、珠玉のエンターティメンを。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yass VINE メンバー 投稿日 2009/6/1
形式: 単行本 Amazonで購入
25年前を想定した社会での出来事は,その20年前からの出来事を交差して終焉を迎える。
何とも言えない世界が広がっている。
あり得そうな語りは,あり得ない世界を描いているのだ。
絶望まではいかないけれども,希望は少ない。
決して明るくはない未来が何とか続いているのが希望なのだろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直に言うと今回の1Q84は過去の作品に比べて(海辺のカフカは読んでないのでそれ以外で)幾分質の落ちるものだった印象です。
たとえBOOK3、もしくはBOOK4で完結したとしても。

村上春樹は内面の混沌とした感情を表現したり、一人で思いをめぐらせ完結する流れを表現するのは非常に巧みですが、人との会話形式で感情を吐露させるような表現はそれに比べると数段質が落ちてしまうのか?羊をめぐる冒険でも似た様なパターンがありましたが今回はテーマが違っていたため雑になってたというか、そんなもんか?的な浅はかさみたいなものを感じました。
また著者が昔から拘っているものに対する描写と、そうでないものだけど登場人物の設定にしたものの描写にクオリティの差がありすぎて冷めてしまう部分もありました。

しかし上記のネガティブな条件をふっ飛ばしてしまうほどさらりとした文体と展開の鋭さは相変わらず冴えてます。
娯楽小説としてみれば十分寡作であると思います。

著者はこの作品で大きく方向転換をしたようです。
いままでは主人公「僕」が箱庭の中で物語を展開する「内に向いた」作品でしたが、今回のテーマは「愛」だったり親子関係だったり。モチーフにしたカルトやフェミニズムにも著者自身の問題提起があったのだと思います。テーマが
...続きを読む ›
1 コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こんなくだらない小説は、読んだことがない。
まるで、空想や妄想が多い中学1年生か2年生ぐらいの男の子が書いたような本。
いい歳したオッサンが書いたものとは思えない青くさい(アホくさいIQ84の)本。
これは文学ではない。 ただの自慰。
こんな小説書いたオッサンがノ−ベル文学賞をとったら、日本の文学界は崩壊するだろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
BOOK3まで読みきってからのレビューです。

「ふかえり」とよばれる女子高生が登場するが、
ほとんど彼女の神秘性だけで保っているような作品。
全村上作品の中でも、最も魅力的な女の子に仕上がっていると思う。

一方で主人公二人に感情移入できないし、憧れも同情もしない。
不倫していた母親の影を拭えず自分も不倫する男主人公、天吾」
暴力で友達を失い、自身も暗殺者となる女主人公「青豆」
このような設定をすんなり受け止められる読者はそういないと思う。

他にも、幼女を強姦する教祖(モデルは某カルト教団の彼と思われる)、
その被害者で自己を喪失した少女、プロの仕事屋たち、殺される友達二人、
失われた不倫相手など、物語を紡ぐ人物たちはどれも不吉で不気味です。
それなのに、その深い闇を描き切れていないので
ただ「気持ち悪い」だけで終わってしまってます。

とはいえ、Book1と比較すれば、若干物語が動き始めたので ★4つ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー