通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
1Q84 BOOK 1 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1Q84 BOOK 1 単行本 – 2009/5/29

5つ星のうち 3.6 417件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,480 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1Q84 BOOK 1
  • +
  • 1Q84 BOOK 2
  • +
  • 1Q84 BOOK 3
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 180pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Murakami Haruki's long-awaited new full length novel! Runaway bestseller. In Japanese. Vol. 1 of 2

内容(「BOOK」データベースより)

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。


登録情報

  • 単行本: 554ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534222
  • ISBN-13: 978-4103534228
  • 発売日: 2009/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.7 x 3.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 417件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
初めて読んだ村上氏の作品。
皆さんの言う通り、不必要な性描写と気取った言葉ばかりで、本当に時間とお金の無駄だった。
何故こんな作品にあれほど騒いでいたのか…只々つまらない作品。これを面白いっていう人は周りに流されやすい性格の人だと思う。
今後、この方の作品はとても読む気になれない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
発売から8年以上経過して、つまり最近初めて読んだ。そしてAmazonのカスタマーレビューのいくつかもみた。酷評しているものや、絶賛しているもの、これだけ評価が分散しているのにある意味では納得した。この小説はもちろんリアリティはないし、ファンタジー性も感じられない。話題性はあるかもしれないが、内容は感心しない。登場人物の設定や使われているエピソードはまるでB級映画か時代劇からパクったのかと思われるものが多い。例を挙げれば、スパイダーマン、必殺仕事人。性的なエピソードも倫理や戒律にこだわらない開放的で安直なものーーこれはこの作者が好かれる一つのファクターだと私は以前から感じているのだけれどーーが変節して、登場人物の心的背景を描こうとしたにもかかわらず、安直な薄っぺらい、人によっては醜悪と感じさせる表現になっている。ということではっきり言ってエンターテーメントでもない。ただ感じることは、作者が描いたのはイドラの世界で、さらに「市場のイドラ、劇場のイドラ」にとらわれて評価している読者が少なからずいるのではないか、そしてそれが開き直った村上春樹の狙いだったのではないかということだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 うさこ 投稿日 2015/11/11
形式: 単行本
1p84はどうしても、読む気が全然湧かなくて。
出版から大分経ってから、2年以上してから一気に楽しくエンターテイメントとして読まさせて頂きました。

理解不可能な所もたくさん。でも青豆さんが力強くてすきでした。

久しぶりに読みたくなり、あらすじを思い出していたら、月が一つの世界から、月が二つの世界へ?みたいのってカルマを表してるのかなって思いました。

同じことを繰り返していたら、同じ場所にしか辿り着けない。

村上春樹さんの小説は集合意識に働きかける何かがあるように思います☆彡
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
女性に現実感が皆無です。
詳細に書けば現実感がでてくると思っておられるんでしょうか?
必死なのは伝わってきますが、嘘くさい女性キャラクターに笑ってしまいます。

避妊具だけで性病が防げるとか本気で書いておられるのでしたら
無理をせず春樹さん本来の真面目な性格にみあったキャラクターを描いたほうが
よろしいのではと思います。

おおきなお世話だとは思いますが、こんな本を1890円も出して
読んでしまった者の愚痴です。お許しください。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2015/7/2
形式: 単行本
数ページ読んだ時点で嫌な予感がしていたが、あまり読まずにして批判するのもどうかと思い、1巻全て読んだ。
しかし、半分読んでもつまらない。最後まで読んでもつまらない。人物も描写も言葉も流れも本気で何一つ面白くなかった。
性描写も読んでて不快になる。読んでいると、作者の趣味や性癖を見せ付けられているような、そんな気持ちになる。小説とは作者の思いや趣味などが絶対的に現れるものなので、性描写に関してはただたんにわたしと作者が合わないだけの問題だとは思うが、それにしても読んでいて不快でたまらなかった。言葉選びもわざとっぽい。
全巻読んでから批判しろと思われるかもしれないが、わたしは1巻で降参です。まいった。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
村上春樹作品は家内ともども大好きで全部読んで来たので、空前のヒットと聞けば買わずにはおれんということで購入し、読み終えました。

著者ならではの話の論理展開が良く計算されている点は分かるのですが、読んだ後の何か心に残るものが無い感じはとても残念です。これまた著者独特の語彙の多さや小難しい表現に脳みそを動かし続ける事と、引き換えに得られるものが薄い感じ。(昼間にやっている海外メロドラマがくだらんと思いながらストーリーは気になって最後まで読んでしまう感じ)

ファンなら先ず読んでみないと、という感じですが、本屋で立ち読みしてからなら買わない類の本です。(まぁ気付くのは2冊目の後半かも知れませんが)

初めて村上春樹を手にする方には、あまりお奨め「したくない」本です。

それと、余計なお世話かも知れませんが、かなり唐突で露骨な性描写が続くので、思春期の子どもさんをお持ちの方は一考の必要あります。
コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー