通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉 (新... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉 (新潮文庫) ペーパーバック – 2012/5/28

5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉 (新潮文庫)
  • +
  • 1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉 (新潮文庫)
  • +
  • 1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)
総額: ¥1,954
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

1Q84, by Haruki Murakami, is a near-past story inspired by Orwells futuristic 1984. It is told through the bizarre experiences of two protagonists searching for each other: a woman who descends into an alternate universe in 1984, and a passive college entrance exam prep instructor who is also an unfulfilled novelist. However the world they exist in is more bizarre than they are. Multimillion best selling title now in paperback! Book 3, vol. 1 of 2 In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

青豆は「さきがけ」のリーダーが最後に口にした言葉を覚えている。「君は重い試練をくぐり抜けなくてはならない。それをくぐり抜けたとき、ものごとのあるべき姿を目にするはずだ」。彼は何かを知っていた。とても大事なことを。―暗闇の中でうごめく追跡者牛河、天吾が迷いこんだ海辺の「猫の町」、青豆が宿した小さき生命…1Q84年、混沌の世界を貫く謎は、はたして解かれるのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 391ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001634
  • ISBN-13: 978-4101001630
  • 発売日: 2012/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 lemonearth トップ1000レビュアー 投稿日 2012/10/27
形式: ペーパーバック
*(5の所に書くのはレビュー数が少なかったからです。他の意味はありません)
村上作品は全て読んできましたが、「海辺のカフカ」を読んだ時に「もう買って読むのは止そう。遅くなるけど図書館に出てから読むのでいいや」と思いました。
一口で言うと飽きたからです。
ですからこの「1Q84」も売れているのを横目に、知らん顔を決め込んでました。
(最初見た時、「IQ84」かと思いました。)
しかし本屋で文庫本を見た時、我慢できず1〜6を買って一気に読みました。

うーん、良くも悪くも村上ワールドの集大成のような作品ですね。
但しエンターティメント性が高くなっているような気がします。
読後感があまり良くないのが気になります。
読み返そうという気にならないのですよね。
すぐにも読み返したくなるのが村上作品の長所だったんですが。

毎年秋になると村上春樹にノーベル文学賞か?とメディアが騒ぎますが(フランツ・カフカ賞受賞以後)、ノーベル文学賞に相応しい作家だとは思えないのですが・・・
その辺は本人が一番分かっていて「脳減る賞」などと茶化していますね。

「1Q84」ーーその他の長編と比べても良い出来とは言い難いと思います。
まだ「ねじまき鳥クロニクル」のほうが面白かったと思いますし、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」読後の充実感には程遠いです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
いろいろあるけれど、身辺雑記のような小説が多い中で、発売されると「わくわく」「ドキドキ」させるのは、村上春樹です。
たしかに、この小説、だいぶん滑ってます。
作者の狙いが外れていて、失敗作と言えると思います。
でも、悪口でもなんでも、解らなさを言えるのは、彼の小説ならでは。

彼の小説は、すべて、「愛こそすべて」です。
解らなさと非現実の世界を楽しんでいます。
小説はどんなおかしな世界でも、自由で、それを味わえるのが読書の楽しさでは。

ただ、それを楽しめない人は、シリーズものの推理小説のほうが、腹が立たないでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/30
形式: ペーパーバック
これまで物語は、青豆と天吾のエピソードが交互に進められてゆく、言わば対位法で進められてきました。
ここに、もう一つ旋律が加えられます。
新たに加わるのは意外にも、牛河です。
最終楽章に入り、カノン形式に変化させたのか、などと思ったりしました。
この作品の背景には、オウム事件があるのでしょうが、つい最近特別手配犯が逮捕されたのは不思議な気がしています。
オウム事件を日本国民全員が既に忘れてしまった頃、亡霊のように甦ったきたわけです。
小説はしばしば現実の少し先を映す場合があります。
1Q84年の気味悪さはまさにあの時の不気味さではないでしょうか。
村上氏の語り口が読みやすくて時間が経つのを忘れてしまいます。
先に進みたい気持ちともう少し1Q84の世界にとどまっていたい気持ちが拮抗する「5」です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
本作品は村上春樹の作品の中で最も長大なのではないか。良くも悪くも推理小説なので、スラスラと読んできたが、さすがに5巻目となるとマンネリ気味である。天吾も青豆も引きこもりモードに入って物語の展開がほとんど見られないし、マンネリ打破のためかこの巻になって突如牛河を主人公とした章が出現するようになったが、はっきり言って違和感がある。脇役としか思えなかった牛河が、実は深い人物だということが描かれているが、ちょっと苦しい説明&展開だ。牛河の章を作った理由は何か?追跡者の視点から物語を書くためとしか考えられないが、これでは本当の推理小説だ。ノーベル文学賞候補の作家の大長編としてはちょっと物足りなさを感じてしまう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
確かに面白く、先が気になって読み進めるが、
読み終わった後でも、
何が言いたかったのか、理解できない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ジェダイ 投稿日 2012/5/30
形式: ペーパーバック
5巻になりますが、今回は青豆、天吾に加えて探偵・牛河の章が加わり、3人の視点で物語が進んでいきます。
とは言っても、青豆は隠れ家で隠密生活。天吾は父親の療養所でのひと時と、最終巻を前に物語がほとんど進展しません。
唯一、探偵・牛河だけが真実へと近づいてるくらいです。
その分、ファンタジー的な描写がなかったので、読みやすかったです。
しかし、全6巻なのに、1巻丸々使って小休止はないかなと思いました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー