通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
1998年の宇多田ヒカル (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見返しに剥がし跡があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1998年の宇多田ヒカル (新潮新書) 新書 – 2016/1/15

5つ星のうち 2.8 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 2

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1998年の宇多田ヒカル (新潮新書)
  • +
  • 1989年のテレビっ子 -たけし、さんま、タモリ、加トケン、紳助、とんねるず、ウンナン、ダウンタウン、その他多くの芸人とテレビマン、そして11歳の僕の青春記
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

宇多田ヒカル、
椎名林檎、
aiko、
そして、浜崎あゆみ――

奇跡の年にそろって出現した、偉大な4人の音楽家。
彼女たちは何を願い、歌い続けてきたのか――

1998年。史上最もCDが売れた年。宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみがデビューした年。偉大な才能がそろって出現した奇跡の年と、4人それぞれの歩みや関係性を、「革新・逆襲・天才・孤独」をキーワードに読み解く。はたして彼女たちは何を願い、歌い続けてきたのか? なぜ今もなお特別な存在であり続けているのか? 苦境の音楽シーンに奮起を促す、注目の音楽ジャーナリスト渾身のデビュー作!

(目次より)
第一章 奇跡の1998年組
1982年、1998年、2014年/花の82年組/「アーティスト」という呼称はいつどこで生まれたのか?/男子! 女子! そうでない人! /「アイドル再生工場」としての小室哲哉/そして、「1998年の奇跡」が起こった

第二章 1998年に本当は何が起こっていたのか?
人類史上最もたくさんCDを買っていた1998年の日本人/CD信仰とは何だったのか?/等価になった「現在の音楽」と「過去の音楽」/過大評価されている渋谷系/小沢健二と「夜空ノムコウ」/小室ブームの終焉/1998年のエアポケット

第三章 1998年の宇多田ヒカル
255万枚売れたのに1位にならなかった「Automatic」/タイアップ万能時代の終わり/8センチ・シングルの終わり/深夜のテレビスポット/東芝EMIに提示された条件/ニューヨーク生まれ、スタジオ育ち/編曲家としての宇多田ヒカル/Utada作品に違和感を覚える理由/音楽メディアの終わり

第四章 椎名林檎の逆襲
2014年の椎名林檎と宇多田ヒカル/東京事変とは何だったのか?/2020年東京オリンピックにこだわる理由/Jポップ職人としての椎名林檎/東芝EMIガールズと東芝EMIボーイ

第五章 最も天才なのはaikoかもしれない
1995年のaikoと椎名林檎/「ヤマハのコンテスト」と「スター誕生! 」/音楽家は二度生まれる/aikoと音楽ジャーナリズム/Jポップのグラウンド・ゼロ

第六章 浜崎あゆみは負けない
2015年の浜崎あゆみと宇多田ヒカル/「世紀の歌姫対決」が残した悔恨/日本のマイケル・ジャクソンとしての浜崎あゆみ/彼女が見つけた居場所

第七章 2016年の宇多田ヒカル
岐路に立たされる宇多田ヒカル/彼女たちはラッキーだったのか?/絶望も希望もない

内容(「BOOK」データベースより)

1998年。史上最もCDが売れた年。宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみがデビューした年。偉大な才能がそろって出現した奇跡の年と、四人それぞれの歩みや関係性を、「革新・逆襲・天才・孤独」をキーワードに読み解く。はたして彼女たちは何を願い、歌い続けてきたのか?なぜ今もなお特別な存在であり続けているのか?苦境の音楽シーンに奮起を促す、注目の音楽ジャーナリスト、渾身のデビュー作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/1/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106106507
  • ISBN-13: 978-4106106507
  • 発売日: 2016/1/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 140,454位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
98年という時代が日本のポップミュージックに於ける一つの転換期であることは間違いなく、それを4人の歌姫を通して読み解いていく書なのかと思ったのだが期待にはそぐわない内容だった。
主に彼女たちのマーケティング戦略とでも言うべき部分の解説に紙面が費やされており、それが後のシーンにどのような作用をもたらしたかが体系的に語られていないのであまり括目に値する記述が見受けられない。
その場の思い付きのような記述も目立ち、「浜崎あゆみは日本のMJ」(こういうしょうもない記述を見ると心底脱力します)というのもそうだけど、例えばaikoの音楽を「J-POPのグラウンドゼロ」と書くが、それがどういう意味なのかというと、要約すると「著者がそうだと感じた」というだけなので呆れてしまう(普通はaikoの音楽が後のJ-POPシーンに与えた影響を論じ、その言葉の意味が何かを説明したうえで結論としてこう言うものなのだが、そういう筋立てた論理というものが存在しない)。

aikoについては全体的にネガティヴな記述が目立つが、おそらくは本書にも記述がある、著者がロッキングオンに在籍していた時代の同誌の取材時に彼女があまり好意的でなかった事のしこりのようなものが残っているのだろうとおもわれる(何故aikoがそのような反応を示したかは本書を読めばおおよその見当はつく)。フォローのつ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
星が低い理由は他の方が大体書いているので省略します。レコード会社の宣伝の仕方などお茶の間からは見えない部分の裏話は単純に面白く最後まで読めました。
ただ、一つだけはっきり事実と異なる点があり、それを指摘したくてレビューを書きました。
1999年に宇多田ヒカルが日記を自身の言葉で発信したのがメジャーデビューしているアーティストとして初めてと記述されていますが、「宇多田ヒカルがその後の流行を作った」は正しいかもしれませんが「日本で初めて」は誤りです。
この本にも載っている98年の年間チャート11位に入り同年既にこの世を去っていたhideは、97年には自身の言葉での日記はもちろんホームページの内容自体も自分で作成し管理していました。ヤマハポプコンデビュー組の件に名前が出た谷山浩子も、HTMLタグから手打ちで作成しているホームページを96年から開始しており日記ももちろん自身の直接の言葉です。探せばもっといるでしょう。
(蛇足ですが、hideのそうした新しい物を取り入れようとする姿勢は音楽性や音楽活動にも如実に反映されていて、それを最も理解していたのが当時のジャパンだと思っていました。なので、まあ組織は一枚岩ではないとはいえ、当時いた記者の方がこれを知らないのは悲しかったです)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書は宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみの4人の1998年デビューの女性シンガーから当時の音楽シーンを読み解くという内容ですが、
内容は90年代後半から00年代までの音楽シーンに起きた出来事をただ羅列し、宇多田&林檎のデビューから現在までの軌跡と著者個人の思い入れをつらつら述べただけです。

浜崎あゆみとaikoについてはあまり関心がないのか、上記2人程深く掘り下げていません。
おそらく「同じ1998年デビューの女性シンガー」であるという理由だけで取り上げたに過ぎないからでしょう。

一方で著者は宇多田を絶賛するあまり、シングル1位を取るのに11年かかったことや、浜崎や林檎と違いカバーアルバムに参加しなかったことなどを挙げ、aikoが宇多田にコンプレックスを抱いているかのように考察しています。
しかし、宇多田と同じR&Bシンガーで方向性が似ていたMISIAや倉木麻衣ならともかく、ユーミンやKANらの影響を受けたポップス志向のaikoが宇多田を意識していたというのは無理があります(そもそも宇多田とaikoを同列に語るのはこの人くらい)。
カバーアルバムの件も、宇多田と違い高音主体のボーカルでポップス志向のaikoが承諾するとは思えないし、そもそもオファーが来ていなかったのではないでしょうか。
...続きを読む ›
2 コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
事細かに当時の売り上げのデータなどが引き合いに出され、その記録の凄さが強調されていますが、
では、肝心の「宇多田ヒカルの音楽のどこがどうすごいのか?」に関しての記述はカラッポな印象。

大半の読者が読みたいのはそこじゃないのかな?
いち音楽ライターならではが持つ感性が活かされた、
「そういう聴き方もできるんだ」って驚くような文が読みたかったです。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー