1971年全日本フォークジャンボリー2 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

1971年全日本フォークジャンボリー2 Live

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,365
価格: ¥ 1,993 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 372 (16%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 1,993より 中古品の出品:2¥ 2,000より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1971年全日本フォークジャンボリー2
  • +
  • 1970年全日本フォーク・ジャンボリー1
  • +
  • だからここに来た!-全日本フォーク・ジャンボリーの記録- [DVD]
総額: ¥8,284
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/9/29)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: Live
  • レーベル: ベルウッドレコード
  • 収録時間: 99 分
  • ASIN: B0001U1L2K
  • EAN: 4528847001517
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 48,843位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 教訓1(加川良)
  2. 遠い世界に(藤原秀子)
  3. 人間なんて(吉田拓郎)
  4. 雨が空から降れば(六文銭)
  5. ひとりぼっちのお祭り / 六文銭
  6. 面影橋から / 六文銭
  7. こんなに遠くまで(のこいのこ)
  8. 赤色エレジー(あがた森魚)
  9. 僕は一体だれでせう / 野沢淳司
  10. 秋田竹刀打ち唄 / 山平和彦とマイ・ペース
  11. 自転車にのって / 高田渡・岩井宏・加川良
  12. かみしばい / 岩井宏

ディスク:2

  1. 教訓2(なぎらけんいち)
  2. サラリーマンをバカにしてはダメよ / 岩井宏
  3. カレーライス(遠藤賢司)
  4. サーカスにはピエロが(ザ・ディラン2)
  5. かくれんぼ(はっぴいえんど)
  6. 春よ来い(はっぴいえんど)
  7. もしも(武蔵野タンポポ団)
  8. 俺たちの時代(斉藤哲夫)
  9. 俺とボビー・マギー(中川五郎)
  10. お前と俺(加川良)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

2万5千人の観客を動員した71年のフォーク・フェスを収録。吉田拓郎「人間なんて」、あがた森魚「赤色エレジー」、遠藤賢司「カレーライス」ほか、多数の名曲に彩られた貴重な記録だ。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

という高田渡の声が聞こえます。

今はもう聞こえない声、もう何人かが亡くなっています。

歴史的な価値があるフォークジャンボリー…

四半世紀以上の重さが漂うフォークジャンボリー

まだ、ニューミュージックとは言われなかったフォークソングというカオスの中で叫び声が届いてきます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「第3回全日本フォークジャンボリー(中津川フォークジャンボリー)」は、1971年8月7日から9日に、岐阜県椛の湖畔で開催されました。
私は、そこで多くのミュージシャンの演奏や、様々な出来事を目撃したのですが、「日本のウッドストック」と称された歴史的な音楽イベントと思えるようになったのは、ずっと後のことで、当時は、ほろ苦い思い出しか残りませんでした。
フォークのみならずジャズなどの演奏もプログラムに組み入れた主催者側の企画・運営を商業主義ととらえた一部の若者たちが、8月8日の夜、ジャズシンガー・安田南の演奏を妨害。そのままステージを占拠し、音楽の祭典が討論会になってしまい、その後二度と演奏が再開されなかったためです(実は、日野皓正の演奏の時、若者たちがステージ占拠を試みたのですが、日野の鋭い視線がそれを押しとどめたというドラマもありました)。
約半世紀を経て、純粋に音楽だけを抽出したこの「全日本フォークジャンボリー2」を聴いてみますと、あの日の出来事はひとつの時代の象徴として懐かしく思い出され、時代を超えて今も光り輝く楽曲群に新たな感動を覚えます。
ここに収録されているのは、加川良、吉田拓郎、あがた森魚、遠藤賢司など一世を風靡し、今なお現役で活躍するミュージシャン達ですが、今回、改めて、はっぴいえんどの「かくれんぼ」「春よ来い」が群を抜いて素晴
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/23
よく昔のミュージシャンは、ビートルズの「ア・ハード・デイズ・ナイト」のイントロを聴いて、衝撃を受けたと言っていますが、僕にとってはこのフォークジャンボリー’71のはっぴいえんど「かくれんんぼ」のイントロが、衝撃でした。ギター弾き語りが多いなか、突然のバンドサウンドでエレキのDm7が鳴り響き、胸が締め付けられる思いがしました。他の曲も名曲揃いで、吉田拓郎の「人間なんて」はバンドサウンド、エレキギターが唸っています。パタパタママを歌っている のこいのこ の「こんなに遠く」は南正人の曲で、あの声で気持ちよく歌われます。ディランセカンドの「サーカスにはピエロが」も乗ってきて、なぎら健壱の「教訓II」で笑えます。

 これほど濃い内容のライブアルバムがあるでしょうか。当時のその場所にいるような気にさえなってきます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
青春まっただなか そんな時代は勿論CDなんか無い 少ない小遣いの中から
宝物のように買ったEP盤 それも 時代の変化の中で聞けなくなりました。
そんな中 待望のCDが出る! こんな素晴らしい事はあまりないと思います
発売を楽しみに今からワクワクしています。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック