新品の出品:10¥ 2,257より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

19 [12 inch Analog] Import

5つ星のうち 4.4 72件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:10¥ 2,257より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の アデル ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • LP Record (2008/6/10)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Sony
  • ASIN: B0018OASZE
  • EAN: 0886973062418
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 26,381位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
21から、ファンでした。25を買い、一番最初のものを聞きたくなり、購入。
とてもアデルらしく、いい感じです。全体的にしっとり聞かせるよりも、アップテンポであるようです。(個人的な感想ですが)
25のイメージからすると、少しだけ若々しさがあり、声のトーンも明るめで、今のアデルがあるのはここからかな、とイメージしてしまいます。もし、まだお持ちでないならば、ぜひ買ってほしいですね。アデルのファンでないけど、聞いてみたいなら、ここから入っても損はないと思います。あと、このジャケットのイメージ通り、アデルは可愛いですね! CDの歌詞カードの中に写真が載っていて、可愛かったです。
余談ですが、私は特に好きな曲があるわけではなくて、全体を繰り返しリピートしてます。それでも、カフェにいる気分でウキウキしちゃいます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
冒頭のDaydreamerが好きでしょうがない。
アデル自身の作詞作曲、つたないギターも演奏するのだが、これが「子供が作ったジョニ・ミッチェル風ソング」という感じで何とも微笑ましい。
勿論、クォリティは子供レベルではなく、メロディ展開など、彼女の声域を最大限活かした非凡な出来。
この時点で既に世界的成功を収めるポテンシャルを十分に感じる。
この曲は今のライブでも大切に歌われており、必ず自分の手でギターを持ち弾き語る。
Daydreamerを歌っている限り、アデルがブレることも無いだろうし、質が下がることもないのではないか、そう思わせてくれる瑞々しい名曲。

デビューシングルのHometown Gloryも自作曲であり、この人、実はソングライターとしても才人である。
しかし、今作のChasing Pavementsのように、外部の作家とのコラボにより、非凡な歌声が引き出され、さらに120%の力を引き出す。
それが、アデルの今の地位を確固たるものにした秘訣だろう。
コアな部分を持ちつつ、柔軟な姿勢。
そしてFirst Loveなんかにも見い出せるが、そのコアな部分というのが、案外に密室的で素朴な音楽性、ここが彼女がこれだけ愛されるもう一つの秘密なのかも。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2011年の『21(UK盤)』で空前の大ブレイク、そして最新作『25(UK盤)』(15年)でもUS/UKでは早くもトップ・チャート入りする等の実績を持つ、アデルの1stアルバム(2008年)である。タイトル通り収録時は『19』歳と言うことになるが、『19』歳とは思えない音楽的センス(ボブ・ディランのカバー1曲を除いて全て彼女の作曲・共作)に加え、その歌唱力もパワフルである。デビュー・アルバムにして本作もUKではトップ・チャート、USでトップ10入りと言う実績を誇っている。全体的には後の前掲2作品の志向性の源泉と言うべきもので、R&B・ソウルをベースにしたダンス・ポップ/ジャズ・ブルース/バラードである。ボブ・ディランのオリジナル「Make You Feel My Love」は97年のアルバムでフィーチャーされたが、ビリー・ジョエルが同名タイトルのアルバム(97年)でバ...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
私は普段、こういったメジャー路線の歌モノ(ってくくりも微妙ですが)
は好んで聴かないのですが、このアルバムには驚きました。
胸に届くとでもいうのでしょうか。
パワフルだし美しい。まさしくLovelyな作品です。
なにしろカネの匂いがしません。
引き合いに出されているようなアーティストらとはそのあたりの感触がまるで違います。
品のない野望とか欲望を感じさせない。
まあ、実際は彼女にも野望とかあるのかもしれませんが、
現時点ではピュアな魂のほうが上回っているように感じます。
このまま歌い続けてほしいなあと思う人です。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック