17歳のカルテ コレクターズ・エディション [DV... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

17歳のカルテ コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.5 117件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,849 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、あんじゅマート【年中無休】商品コメントを必ずご確認ください●が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,450より 中古品の出品:18¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で17歳のカルテ (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 17歳のカルテ コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • ビューティフル・マインド [DVD]
  • +
  • カッコーの巣の上で [DVD]
総額: ¥4,765
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィノナ・ライダー, アンジェリーナ・ジョリー, ウーピー・ゴールドバーグ
  • 監督: ジェームズ・マンゴールド
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2005/09/28
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 117件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ALVYLI
  • JAN: 4547462021847
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 149,130位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1967年、精神不安から自殺を図った17歳のスザンナは精神病院に入院し、さまざまな心の病に苦しみながらも健気に生き抜こうとしている同世代の女性たちと知り合い、交流を続けていくうちに、やがて少しずつ自立心を取り戻していく…。

   精神病院で2年の歳月を過ごしたスザンナ・ケイセンの回想録にほれ込んだウィノナ・ライダーが、自らの製作総指揮・主演で映画化。少女たちの不安定な精神状態を、決して病的にではなく、あくまでも思春期の心の哀しい揺れから生じた等身大のものと捉えた青春映画の秀作である。病院の脱走常習者リサを熱演したアンジェリーナ・ジョリーは、本作でアカデミー賞とゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞している。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

精神病院を舞台に、思春期の揺れる少女の心を描いた、スザンナ・ケイセン原作の回想録をウィノナ・ライダー主演で見事に映画化した珠玉のドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
俺も7年間ひきこもりやっていて精神病院に強制入院させられたはじめはこの映画の主人公同様自分は病気だという現実を
受け入れられなかった。 精神病院は
嫌なところだった、幻聴にうなされて
同じ独り言をぶつぶつ言っているやつも
いたし、いつもイライラしてるやつ、
嫌がらせしてくる患者もいたし、
冷たい看護師いた。
だけども真剣に話を聞いてくれる看護師
もいたし、友達になってくれた患者も
いた、父親がいない俺を息子同然に
かわいがってくれた患者さんもいてくれた。 今ではいい思い出だ、今はB型の
作業所に通ってるし、友達と遊びに行くし、病院の診察の時には医者に正直に
話すようにもなった。 今の状況はあの
入院のおかげかも、そしてこの映画の
黒人婦長さんのことば、ここに安住してはだめ、そしてそのことばで前向きに
なった主人公にも共感します。
自分はまだまだ社会の底辺ですか
これからもぼちぼち自分の現実を直視
してがんばっていきたいと思います
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
もう、内容については数々のレビューで語り尽くされているのであまり書きませんが、多分一度でも精神が病んだ経験がある人にとってはかなり心に響く映画でしょう。
まず、元々原作者の実体験をもとにしているだけあって精神病院の入院患者たちや主人公のスザンナの精神的な描写がリアルです。
自殺未遂の動機が「自殺しようとしたんじゃない、消そうとしただけ」というのが自分が過去に自殺未遂した時と同じ理由だったのでドキッとしてしまいました。
物語のメインの舞台となる病院もよく再現されていますし、入院患者も結構リアル。
でも、日本の病院ではあんな自由に喫煙はさせてくれないと思いますけど…
ただ、とてもいい映画ですが、これは現在進行中で精神が病んでいる人には見せられない映画な気がします。
まず物語は主人公が自殺未遂をするところから始まりますし、自傷行為や自殺も出てきますので悪い影響を受けそうな気もします。
特にデイジーの自殺シーンはかなり印象に残ります。
でも、物語は最後は前向きな終わり方をしますから精神が回復傾向にある人にはぜひ見てもらいたい映画ですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
精神障害の苦悩をとても巧みに描写している
見事な演技でオスカーを受賞したアンジェリーナも良いのだが
主役のウィノナの演技が好きだ

この映画に登場する少女達は皆が心に深い傷を持っていて
思春期特有の内面の激しい揺れがあり
その自我はあまりにも脆く未熟である
しかし誰の人生にも多かれ少なかれそんな時期があるのではないだろうか
きっとこの映画は誰が見ても懐かしくほろ苦い青春時代を思い出すことが出来ると思う

映画には実に様々な人間模様が描かれていた
心に生きづらい障害を持つ少女が、精神病院に入院させられ
そこで多くの人々に出会い、ある患者に強く魅了され自分を見失って行く・・・
やがてある辛い体験をして現実に直面し自分を取り戻し退院して行くまでのストーリー
決して暗い映画ではなく少女の成長を追った一つの青春映画だと思う

主人公は回復し退院して行くのだが
それでもまだ不安定な心の影を引きずっているようにも感じさせられるラストだった。
心の病気は完治するものではなくコントロールしていかなければならないものだから・・

自分も登場人物達の様に青春時代の心の揺れは大きく
その波は今も続い
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/6/20
形式: DVD
『17歳のカルテ』ではウィノナ・ライダーが主演し、プロデュースも手掛けている力の入れようです。ウィノナ自身も主人公(スザンナ)と同様に、”自分は何者であるか”を思春期に悩んでいたというだけあって、とても説得力のある映画です。 ストーリーだけでなく、曲も60年代のポップスなど心に残ります。サントラ盤CDもオススメですよ!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
自分も躁鬱や境界性人格障害があったと、このDVDを見て心苦しかったです(^^;)
社会に対して、なんらかの反感や嫌悪感を抱いている自分と主人公や周りの仲間たちが似たような心境で、
少し悲しくもあり、そして少し嬉しくもありで、葛藤に少し(?)悩まされました。

他のレビューを見て、なぜ「17歳?」っとふとっ思ったのですが、いい加減な邦題だったということに少しがっかり(^^;)
せめて、「私の心の闇・・・」や「心の病を持った私・・・」、「・・・私の闇の時代」、「闇からの脱出」など幾らでも思いつくと思うのですが・・・・(^^;)

自分が心の病で「絶対に心の病を治したい!」っという人にはお薦めでもあり、お薦めでもないDVDです。
なぜなら、あるChapterで首吊りの自殺シーンがあるからです(><)
「さすがに、それ言っちゃだめだよ!!彼女を追い込まないで!!」っというのもあるので・・・(><)

ですが、このDVDを見て、主人公の前を見て歩いていこう!っという姿は心の病に侵されている人にとっては真似てほしいものです(^^;)
こういう時期に差し掛かるのだな・・・・っというプロセスにはなるとは思いますので。

残念ながら、心の病は躁鬱やうつ病、パニッ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す