通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★必ず最後までお読みください★ 通常使用による若干の使用感(擦れ・キズなど)はありますが、良好なコンディションです。※帯・付録・特典等の記載がない場合は原則として付属しておりません。※商品説明と大きく異なる場合には誠意を持って対応させて頂きます◆この商品は配送センターに保管してあり、商品に対して詳細な返答ができない場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

1493――世界を変えた大陸間の「交換」 単行本 – 2016/2/25

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/2/25
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 3,144

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1493――世界を変えた大陸間の「交換」
  • +
  • 1492 西欧文明の世界支配 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 166pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界の今の姿は、過去に生きた人間たちの欲望がぶつかりあって形づくられた帰結だ。
コロンブスのアメリカ大陸到達後、銀、病原菌、タバコ、じゃがいも、ミミズ、ゴムノキ、そして人間が世界を行き交いはじめ、グローバル化が本格的に進行していった。

今となっては非難の的となっているコロンブスではあるが、いわゆる「コロンブス交換」が果たした功績は大きい。
農業革命も産業革命も、ひいては西洋優位の世界も、コロンブスがいなければ、今とは異なる経路をたどったに違いない。

スペインやイングランドからの入植者、アメリカ大陸の先住民、アフリカから奴隷として連れてこられた人々、中国から海を渡った人々――彼らは変わりゆく世界で、いったい何を夢見たのか?

前作『1491――先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見』(NHK出版)で、「アメリカ大陸史の定説を変えた」「歴史の教科書を書き直すべきだ」と各紙誌に絶賛され、一躍脚光を浴びた敏腕ジャーナリスト、チャールズ・C. マンが再び筆を執った。
厖大な文献と綿密な現地取材をもとに、激動の世界をいきいきと描き出した圧巻のノンフィクション。

□――□――□――□――□――□――□――□――□

★タイム誌2011年度ベスト・ノンフィクション部門第1位★

「本書は、我々の住む世界がいかに成り立っていったかを説明するにあたり、大陸を越え、世紀も超える数々の事実をうまく組み合わせて語る模範例だ」(ワシントンポスト紙)

「どんな賢人でもこの本には驚かされるはずだ。前作『1491』に引き続き、読者の世界を見る目は変わるだろう」(サンフランシスコ・クロニクル紙)

ニューヨーク・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、パブリッシャーズ・ウィークリー、ファイナンシャル・タイムズ、ニューヨーカー、サイエンスなど各紙誌でも絶賛!

□――□――□――□――□――□――□――□――□

内容(「BOOK」データベースより)

銀、病原菌、タバコ、じゃがいも、ミミズ、ゴムノキ、そして人間―コロンブスのアメリカ大陸到達後、これらが世界を行き交いはじめた。敏腕ジャーナリストが、厖大な文献と綿密な取材をもとに、激動の世界をいきいきと描き出した圧巻のノンフィクション。前作『1491』に引き続き全米ベストセラー!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 811ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店 (2016/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4314011351
  • ISBN-13: 978-4314011358
  • 発売日: 2016/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 135,767位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

コロンブスのアメリカ到達以来、微生物、人、食用植物、銀、タバコなど様々な物が世界中で交換され、世界を均質化してきた。それを、この本ではコロンブス交換と均質新世と呼ぶ。大西洋をまたいで、病原菌が行き来した。アメリカで天然痘が先住民を滅ぼし、次にマラリアと黄熱病が現地の人手不足を招き、アフリカから奴隷を連れてくる事になる。太平洋を挟んで、ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシなどアメリカ大陸原産の生産性の高い作物が中国やヨーロッパの飢饉を救い、人口増加を助けた。ただし同時に、これらの植物の病原菌も伝わり、原産国とは違い単品種を大量に栽培していた地域は大打撃をしばしば受けた。例えば、アイルランドのジャガイモ飢饉はアメリカへの大量移民をおこした。さらに、18世紀の農業革命には肥料としてのグアノ(ペルー沖の島にあった鳥の糞の堆積)が役立った。また、19世紀の産業革命はアメリカ原産の天然ゴムが支えた側面があるのだ。最後に奴隷貿易について描かれる。

アメリカ植民地の建設は、先住民を追いやりながら簡単に成立したような風に描かれることが多いが、真実は違った。植民者を襲う病、先住民との戦いで撤退せざるを得なかった植民地も多かったのだ。ポカホンタス神話の真実にも迫りながら(ディズニー映画とは異なり、はなはだ散文的な成り行きだ)描かれる入植者の苦闘は凄まじい物だった。まさに死屍類類であ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
生態学において、恐竜絶滅以降最大の出来事は、コロンブスがアメリカ大陸に到達して多くの種や作物が大陸を超えて行き来しだした「コロンブス交換」である。
それまでは地域ごとに生態系は進化を遂げてきたが、コロンブス以降は世界全体が一つの生態系となる「均質新世」が出現した。
それは生態系の変化にとどまらず、政治体制や社会の変化、そして世界史全体の動きを大きく決めることになった。

ヨーロッパ人はアメリカ先住民やアフリカ人奴隷をいとも簡単に征服していったかのように教科書では語られがちだが、本書では随所でそれが事実に反することを例証している。
アメリカ原住民との戦闘は困難が多く、入植者が敗走していくことも珍しくなかったし、アフリカ人奴隷はしばしば逃亡し、組織して入植者の施設や住居を攻撃していった。
アメリカ原住民を壊滅させ、同時に入植者を大いに苦しめたのは、アフリカ・ヨーロッパからアメリカ大陸にひそかに持ち込まれてしまったマラリアや天然痘などの病原菌であった。
特にアメリカ原住民は免疫を全く持っていなかったため、大勢が病に倒れることとなった。
そして原住民もヨーロッパ人も労働力として期待しづらい状況にアメリカ大陸がなった際に、労働力として一気に注目されてしまったのが(当時は決して割安でなかった)アフリカ人奴隷であり、
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『1493――世界を変えた大陸間の「交換」』(チャールズ・C・マン著、布施由紀子訳、紀伊國屋書店)は、厚さが4.2cmある単行本ですが、ジャーナリストらしい語り口に乗せられて、一気に読み通してしまいました。

アメリカ大陸とユーラシア大陸、アフリカ大陸の間で、生物や文化の交換(いわゆる「コロンブス交換」)が盛んに行われた結果、各地の生態系が変容を遂げ、経済面でも変化が起きて、今日に繋がるグローバリゼーションが大きく進んだ過程がダイナミックに描き出されているからです。

「大西洋を渡った船は、人間だけでなく――あるときは意図的に、あるときは偶然に――植物や動物も運んでいった。コロンブスの大陸到達後は、何十億年もの昔からたがいに離れていた生態系が突如として出会い、入り混じることになった。クロスビーはこの過程を『コロンブス交換』と名づけ」たのです。こうした交換によって、トウモロコシがアフリカに、サツマイモが東アジアに、ウマとリンゴがアメリカ大陸に、そしてルバーブ(ショクヨウダイオウ)とユーカリノキがヨーロッパに伝えられたというのです。

「(マラリアのせいで)人口の多い安定した植民地を建設することはできなかったので、ヨーロッパ人は、アジェモール、ジョンソン、ロビンソンが『収奪専用国』と名づけたものを作り上げた。象徴的な例は、ジョ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す