中古品
¥589
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常使用による若干の使用感はありますが、良好なコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官 単行本 – 2012/7/18

5つ星のうち 4.0 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 210
文庫 ¥ 832 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


年に一度のプライム会員大感謝祭
人気商品、まだまだ登場。7/16まで。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

全焼したアパートから1体の焼死体が発見され、放火殺人事件として捜査が開始された。遺体は焼け焦げ炭化して、解剖に回されることに。その過程で、意外な事実が判明する。被害者の腹腔から大量の蠅の幼虫が発見されたのだ。しかも一部は生きた状態で。混乱する現場の署員たちの間に、さらに衝撃が走る。手がかりに「虫」が発見されたせいか、法医昆虫学が捜査に導入されることになる。法医昆虫学はアメリカでは導入済みだが、日本では始めての試み。赤堀涼子という学者が早速紹介され、一課の岩楯警部補と鰐川は昆虫学の力を存分に知らされるのだった。蠅の幼虫は赤堀に何を語ったのか!

内容(「BOOK」データベースより)

炭化した焼死体の腹部から、異様な「虫の塊」が見つかった。難事件に際し警視庁は、法医昆虫学者・赤堀の起用に踏み切る。死体の周りの虫から犯行を分析するという、日本初の捜査方法とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 354ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/7/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062178311
  • ISBN-13: 978-4062178310
  • 発売日: 2012/7/18
  • 梱包サイズ: 19.2 x 14 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 693,040位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



29件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

29件中1 - 8件目のレビューを表示

2019年6月2日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年2月25日
形式: Kindle版Amazonで購入
2016年9月18日
形式: 文庫Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年11月6日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月13日
形式: Kindle版Amazonで購入
2013年8月14日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月18日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年5月30日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告