中古品:
¥782
お届け日 (配送料: ¥350 ): 7月29日 - 30日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■中古品のため商品によっては汚れやキズがある場合がございます。帯・応募券・プロダクトコード・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。■基本的に配送はゆうメールでのポスト投函となります。配送日及び時間指定はできません。郵便追跡はできませんのでご了承ください。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。■土日祝日はお休みを頂いております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


145gの孤独 単行本 – 2006/6/1

5つ星のうち3.9 87個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥782
¥782
文庫 ¥836 ¥379

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

プロ野球投手として活躍していた倉沢修介は、試合中の死球事故が原因で現役を引退した。その後、雑用専門の便利屋を始めた倉沢だが、その業務の一環として「付き添い屋」の仕事を立ち上げることになる。そんな倉沢のもとに、ひとりの人妻が訪れる。それは「今週の水曜、私の息子がサッカーの観戦をするので、それに付き添ってほしい」という依頼だった。不可思議な内容に首を傾げながらも、少年に付き添うことになる倉沢。その仕事が終わるや、またも彼女から「来週の水曜もお願いします」という電話が入る。不審に思った倉沢は…。情感豊かな筆致で綴りあげた、ハートウォーミング・ミステリ。第25回横溝正史ミステリ大賞受賞第一作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊岡/瞬
1960年東京都武蔵野市生まれ。日本大学法学部卒。広告会社勤務。2005年『いつか、虹の向こうへ』で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞し作家デビュー。『145gの孤独』が受賞第一作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 角川書店 (2006/6/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2006/6/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 397ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4048736922
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4048736923
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 87個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
87 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年3月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年10月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年3月25日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年10月12日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2021年5月7日に日本でレビュー済み
2021年1月20日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年6月21日に日本でレビュー済み
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年12月5日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告