通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
14ひきのひっこし (14ひきのシリーズ) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■1988年第33刷です。■中古品のため、少々経年の傷みがありますが、比較的良好な状態です。 ★お支払いにはクレジットカードや銀行振込、コンビニ払いがご利用いただけます。一点一点丁寧に検品・清掃・梱包してお送りしています。万が一商品に不備がありましたらご対応いたしますので注文履歴ページよりご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

14ひきのひっこし (14ひきのシリーズ) 単行本 – 1983/7/10

5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 194
単行本, 1983/7/10
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 150
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 14ひきのひっこし (14ひきのシリーズ)
  • +
  • 14ひきのぴくにっく (14ひきのシリーズ)
  • +
  • 14ひきのあさごはん (14ひきのシリーズ)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新しいすみかをもとめて、14ひきのねずみの一家の大移動。野をこえ、谷をわたって、着いたところは。

著者について

1939年東京生まれ。東京芸術大学工芸科卒。栃木県益子町在住。主な作品に『14ひきのあさごはん』(絵本にっぽん賞)など「14ひき」シリーズ、エリック・カールとの合作絵本『どこへいくの?To See My Friend!』(童心社)、『ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ』(偕成社/サンケイ児童出版文化賞)、『かんがえるカエルくん』(福音館書店/講談社出版文化賞受賞)、「トガリ山のぼうけん」シリーズ、「ゆうひの丘のなかま」シリーズ(理論社)などがある。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 32ページ
  • 出版社: 童心社 (1983/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4494006181
  • ISBN-13: 978-4494006182
  • 発売日: 1983/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 26.6 x 19 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
12
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(12)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
シリーズ1作目。
うちは別のものを先に手にし、最初はリズムが悪くて読みにくい本だなあ、と思っていましたが、読むたびに絵の新しい部分に気づき、何度見ても飽きない魅力に3歳娘も親もハマりました!
引っ越ししたことない娘がこれを読んで翌日保育園で「うちも引っ越しする」と言ったらしい。引っ越しは楽しいものだと思ったよう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/15
形式: 単行本
 14ひきが引っ越し,みんなで力をあわせて家をつくります。橋や水道もつくります。その様子が生き生きと描かれています。思わず頑張って!と応援したくなります。14ひきが暮らしを始める前の物語。
まさにこのシリーズの原点です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
6歳で初めてこの本と出会った息子です。
ページをめくるたびに見ごたえのある絵に、
読むほうも止まってしまうほどです。

息子が楽しんでいる理由は、見るたびに新しい発見があること。
そして、ちょっと考えさせられる絵があること。です。

例えば。。
家を見つけた時に窓から顔を出しているネズミがいますが、
家の中を見つけたばかりで、どうやってそこまで登ったのか。。
(家の階段は、後から取り付けますし、取り付けた後も、
窓には届かない高さなんです。)

2階を建てている時、どうしてハシゴは二つかかっているのか。
ちなみに3階に使うハシゴは、この2つのハシゴよりもかなり短め。

そして、同じく2階を建てているページで、
どうしてトンカチとノコギリが2階にあるのか。ですが、
これは、2階の床の長さを後から切るためと、柵を取り付ける時に
トンカチが必要だからです(笑)。
(次のページで柵を作って、柵に穴を開けています)

とにかく、その場で見てきたかのような絵が面白くて、面白くて。
6歳でもリピート率が高いです。
もっと他のシリーズも読みたいです。
とってもオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私が小さい頃から持っていて唯一残っている絵本です。この絵本がとても好きで何回も読んでいました。
2歳の息子に読み聞かせたところ以前よりは興味を持ってくれるようになったかな?
新しくみつかったお家、寒い冬に向けて蓄えるたくさんのたべもの。ひとつひとつが細かく丁寧に描かれています。ネズミたちが暮らす新しいお家がどんな作りになっているのか考えるのも楽しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
シリーズ750万部(国内外)を売り上げる超ロングセラーの原点。

実際購入して子どもと何度も読んでみて、その魅力がよくわかりました。
新しいすみかを求め、14ひきのねずみの一家が野をこえ、谷をわたって、お引越し。家を作り、水道をひき、橋をかけ、冬に備えて食べ物を集め、みんなで晩ごはん。気持ちのいい寝床で安心して眠りにつきます。
自然、ねずみ、生き物たち、一筆一筆に愛情がこめられたような絵がとても印象的です。10人の子どもたちも服装から表情まで実に細やかに書き分けられています。いっくんからとっくんまで名前がついており、あてっこもできます。

表紙裏は、彩色なしの森の遠景で、遠くから14ひきの姿が描かれていますが、ねずみたちがゴマ粒ほどに小さくて・・・ こんな小さい生き物が、大きな森の中でせいいっぱい生きているんだなあとなんだか胸が詰まる思いがしました。この表紙裏の絵が、色鮮やかな14ひきの絵本を一層すてきなものにしているように感じました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
14匹が住む所を探しながら、森や林を抜け、小川を渡っていきます。

途中、ねずみの天敵に遭遇しそうになりながら。。。。

ネズミ達の引越し先は、「14匹の朝ごはん」にも出てくるあの木の根元のお家でした。 ということは、「朝ごはん」よりも先に読まないといけない、ということです。。。。。

寒い冬を前に皆で力を合わせて居を構え、食料を貯えます。賑やかな家族団らん、暖かい家で大家族が静かに眠りにつく様子は、こちらまで穏やかな気分になります。

このシリーズ全体に言えることなのですが、細かい描写がとても素敵です。 この本でも、それぞれの服や大きさで、ネズミ達の名前をを言い当てっこをしたりできます。 集中力も養えたようです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す