13~デラックス・エディション がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,478
通常配送無料 詳細
発売元: machan78♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

13~デラックス・エディション Deluxe Edition

5つ星のうち 4.1 47件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,292
価格: ¥ 2,482 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 810 (25%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,779より 中古品の出品:17¥ 1,152より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ブラック・サバス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 13~デラックス・エディション
  • +
  • Heaven & Hell
総額: ¥4,174
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2013/6/19)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Deluxe Edition
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 73 分
  • ASIN: B00CCTU7TG
  • JAN: 4988005772374
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 76,047位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
8:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
8:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
7:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
7:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
7:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
5:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
5:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ブラック・サバスのスタジオ・フル・アルバム。オリジナル・メンバーであるトニー・アイオミ(g)、オジー・オズボーン(vo)、ギーザー・バトラー(b)に加え、ドラマーにブラッド・ウィルクが参加。オジー・オズボーン&トニー・アイオミでのレコーディングは、1978年の『ネヴァー・セイ・ダイ』以来35年ぶり(2013年時)。プロデューサーには、リック・ルービンを起用。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
BLACK SABBATH 最後の作品と言われている「13」。昔のものと比較すべきかどうかはわかりませんが、この年齢でこのようなヘヴィな曲を生み出す彼らはさすがです。ボーナスCDがついてこの値段は買いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
サバス・ファンの皆さん。
「ジ・エンド・ツアー2016‐2017」の公演日程には、日本が含まれていません。
9月までツアーを行った後、10月はスケジュールが一切入っておらず、もしかしてここで来日か?
…などと一縷の望みを掛けている1ファンでございます。
…20年前とは違って、需要は間違いなくあるはずなんですがねー(^o^;

ちょっと余談が長かったですが、「13」です。
全体的に自分たちの過去の名曲へのオマージュ的な作品で構成されていると感じます。
1曲目はBlack Sabbath、2曲目はHole In The Skyのような雰囲気を醸し出してますね。
3曲目以降はTechnical Ecstacy以降のようなバッキングに、No Rest For The Wickedで完成したオジーのヴォーカルラインが乗っかるといった感じです。
とにかくNever Say Die以前のサバスに徹底的にこだわった作りです。
そういう点では、オリジナルサバスを待望する当時の欲求には十分に応えたかと思います。
…しかし、現在行われているツアーでは、このアルバムからの曲は1曲も演奏されていません。
…状況が答えを出してますね。
他のレビュアーの方もおっしゃってます
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1stをジャケ買いして、聴いてみたらイメージと同じ音楽が聞こえて震えたことを今でも覚えています・。
この人たちはどこか見てはいけない世界にいる人なのかと思ってしまったくらい・・・

その感覚をもう一度体験できるかな、でも焦って買って嫌な思いをしたくないなと思って様子見をしていました。
評判が悪くなかったので期待を込めて購入!

結論から言うと、いい曲が多いと思いますが、
1stの自分たちを手本にしている感じが気になって仕方がなかった。

新規のかたは買いですよ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ビル・ワードがその名を連ねられなかったは残念だが、何と言ってもオジーが復帰してのリユニオンが実現したということで、今年大いに話題となったサバスの18年振りのオリジナル・アルバム。ファンの期待を一身に集めていたというのは、英米チャートでともに1位を獲得したということで、はっきりと理解できるであろう。
そしてまたその内容の方も、期待に背かない極めて秀逸なものとなった。渾身の力作だ。

全体的な印象としては70年代の、特に1〜3作目のスタイルを踏襲したものといった趣。
自らの過去作に対するオマージュ的な楽曲、アレンジの存在というものも、随所に見受けられる。
これは、オールドファンには堪らない展開であったと言えるだろう。
まるで時が止まっていたかのような、70年代のハードロック・テイスト満載の作品であり、これを見事に表現しきったというのは、制作にあたったリック・ルービンにとっても、まさしく会心の仕事だったんじゃないだろうか。
サバスをサバスたらしめていたもの、僕らが彼らに対して抱いていたイメージのその全てが、本作には網羅し尽されていると思う。

あるいは、メンバーがここで披露するバンド・サウンドの魅力というのも、特筆すべき部分であろうかと思う。
オリジナル・メンバーである3人が、既に還暦を越
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
実際の録音に入る前に、プロデューサーはスタジオ内に「黒い安息日」を流し続けていた、という後日談を読みましたが、やはり誰もが「そこ」に期待をしていたのでしょうかね。
でも、それは「ビル」の不参加が決まった段階で「その」「期待」は消えました。
「復活」とかクレジット的にどうのこうの、なんてどうでもよく純粋に「サウンドクオリティの部分」で格段にダウンするからです。
若い方はピンとこないかもしれませんけどね、個人の技量とは別にサバスにおける「ビル」の重要度はツェペリンの「ボンゾ」と同じ位「キーマン」なんですよ、実は!
80年以降のLIVEではやはり「リユニオン」がダントツにクオリティが高いです、5年いや10年単位の時間の溝を感じさせない「マジック」を聴かせてもらいました。
これは、4人が揃った以上に「ビル」が叩いているから、に他ならないんですよ。

これは想像になりますが、この事はメンバー達が一番感じていたかもしれませんね。
作成話が持ち上がった頃はもうちょっと「本気」だったかもしれません。
でも、ビルの不参加で「完全復活」でもないし、どこか「気」が抜けてしまったのかも。
結果として、このアルバム作成で3人がどれだけスタジオの中で顔を合わせて作成したのかな?昔のようにアレコレとアイデアを出し
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー