中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

13歳のハローワーク 大型本 – 2003/12/2

5つ星のうち 3.5 282件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

新 13歳のハローワーク
¥ 2,808
(54)
在庫あり。

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

[推薦の言葉]


この困難な時に、この本に出会えるかどうかは、
その子の一生を決定するだろう。この本に出会えた子は幸運だ。

坂本龍一

子供から大人まで、この本をあいだに「心のエネルギー」を使って
対話してみてはいかがでしょうか。生きることの選択肢が広がって
いきます。

河合隼雄(文化庁長官)

全く新しいアプローチで、働くことをとらえている。
人生にとっての仕事の意味が変わる革命的な一冊だ。

石原慎太郎

内容紹介
人生は一度しかない。好きで好きでしょうがないことを仕事にしたほうがいいと思いませんか?

「いい学校を出ていい会社に入れば安心」という時代は終わりました。13歳から大人まで、自分の本当に好きなことをもう一度よく考えて仕事を選ぼう!

内容(「BOOK」データベースより)

「いい学校を出て、いい会社に入れば安心」という時代は終わりました。好きで好きでしょうがないことを職業として考えてみませんか?花、動物、スポーツ、工作、テレビ、映画、音楽、おしゃれ、料理…いろいろな「好き」を入り口に514種の職業を紹介。派遣、起業、資格など、雇用の現状をすべて網羅した仕事の百科全書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 455ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2003/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344004299
  • ISBN-13: 978-4344004290
  • 発売日: 2003/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 26.5 x 19 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 282件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,655位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
子供たちに対する愛情があふれていて好感の持てる本だが、一人の作者が書くには壮大すぎる企画だったと思う。記述のある職業にはかなり偏りがある。たとえば「鵜飼い」など日本に10人もいないような職業が多く記されているのに、技術職の仕事は「エンジニア」だけでひとくくり(笑)。
この本は企画はすばらしいのだが、各分野に詳しい人が手分けして書くべきだった。また、子供たちが学んでいる各教科の内容が、各職業でどのように役に立つのかも書くべきだろう。そういう本を誰か作ってください!
コメント 266人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
この本は、今何が好きなのか、という自分への問いから、自分に合った
職業について考えられるようになっている。実際の「職業」について
情報をほとんど持っていない中学生にとっては、よいアプローチだろう
と思う。ただし、この本の大部分は、本当のことが書いてあるわけでは
ないと感じられた。実際に人に話を聞いて書いたと思われる記事と、
小耳にはさんだことだけで書いたと思われるものに随分差があるようだ。
「文章が好き」の章は、そんな中でもお勧めだ。村上氏の職業柄か、
「作家」「詩人」「俳人」等々の職業が紹介され、内容にも真実味がある。
その他の章についてはどうだろうか。大人で、プロ意識の強い人ほど、
自分の職業についての記述に違和感を感じるのではないかと思う。
特に読んでいてつらいのは「算数・数学が好き」の章である。金融業界や
税理士・会計士等、ほとんどお金に絡む仕事しか書いていないからだ。
13歳で数学が好きな子の中には、数学者になりたい子だっているだろうし、
理学・工学の基礎理論には高度な数学が不可欠なのだが。
日本の重要な産業であるにもかかわらず、自分の職業分野がきれいさっぱり
忘れられている(例えば電気・電子や化学分野)人は、がっかりさせら
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
本書の内容のすべてを鵜呑みにしてしまってはよろしくないかも知れませんが、まずは、「世の中にどんな職業があるのか」ということを知る一つの手段としては、本書はなかなか優れていると思います。
少なくてもバブル崩壊後、「良い学校に入る→良い会社に入る→安定した生活→幸せになれる(だからとりあえず良い学校に入るためにマジメに勉強しなさい!)」というかつてのテーゼが成り立たなくなっているにもかかわらず、多くの親・先生はいまだにそのテーゼが有効であると(なんとなく)信じ、子供にそれを強制しているように思えます。
漠然とした「将来の幸せな生活」という目標のために努力しなさいといわれても、子供はがんばることはできません。どんな仕事に就くのかということをできるだけ明確に思い描かせることによって、子供たちは、はじめて意味ある努力をする気になれると思います。(作者のそうした問題意識は、ほぼ正しいと思います)
そういう意味で、世の中の職業を事細かに書いた本書には、「はじめの一歩」としての大きな意味があると思います。子供たちが「なんだ世の中っていろんな仕事があるんだ」と知るだけでも意味があるということです。(というか、大人にとっても知らない職業がたくさん載ってるので、意味あると思います)
ただ、影響を受けやすい子供たちが、本書の内容を鵜呑みにして「そっか何でもなれるんだ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
就職就業形態が多様に枝分かれし、10年20年前と比較し激変していく中での就職読本として興味を持つ10代20代の人が、この本の読者の中心だと思うが、この本に書いてあることがすべて正しい現状だと思って読まないでほしい。
自分は今30代だが、確かにこういう本がもっと前に出てほしかったなとは思う。
私の中高生の頃にはインターネットなんてなかったし、せいぜい図書館で「なるには」シリーズを読んで、多少古くかつケーススタディ程度の内容の知識を得るのがやっとだったからだ。
しかし、よく指摘されているように、この本は職種についての著者の独断と偏見がひどい。
著者は今の10代、中高生のために書いた、なんてことを言っているが、著者の自覚していないところでの主張、先入観が大きすぎる。
500種以上の職種を短時間でアシや委託にリサーチさせた後、その職に関係する本に1,2冊目を通し、後は主観100%で書いてしまったというのが読んでいるとありありと感じられる。
内容についても誤り、不十分、知識不足が見受けられる。
日本の伝統工芸についても、著者はその多くが中国大陸、朝鮮半島から来たと書いているが、朝鮮半島については実際のところパイプ役になった程度に過ぎないし、ほとんどが中国大陸から来たもので、日本が独自の改良をして日本固有のものとなったもので
...続きを読む ›
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック