¥ 864
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
(121)習い事狂騒曲: 正解のない時代の「習活」... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

(121)習い事狂騒曲: 正解のない時代の「習活」の心得 (ポプラ新書) 新書 – 2017/3/9

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 549
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • (121)習い事狂騒曲: 正解のない時代の「習活」の心得 (ポプラ新書)
  • +
  • なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?(祥伝社新書)
  • +
  • ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)
総額: ¥2,570
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「なぜ、東大生の約半数がピアノ経験者なのか?」

習い事は何のためにするのか、どうやって選べばいいのか――。
親世代とは違う今時の習い事、子供にあった習い事を選ぶために知っておいたほうがよいこととは?

「学力観」が変わってきている。知識量や処理能力だけでなく、発想力、思考力、表現力など、幅広い能力が求められるようになった。もはや学校や塾だけでは足りない。習い事にかける期待が膨らむ。親世代にはなかった習い事の最新情報や、さまざまな体験談から、習い事をとりまく光と闇を描き、心身ともに子供が成長するために必要なことは何かを問う。

〈目次〉
第1章 東大生がやっていた習い事
第2章 親のころとは違う! 習い事の最新事情
第3章 習い事の選び方、教室の探し方、やめどきQ&A
第4章 「受験」エリートより過酷な「習い事」エリート
第5章 習い事で、得るもの、失うもの

内容(「BOOK」データベースより)

「習い事」は何のためにするのかどうやって選べばいいのか―「学力観」が変わってきている。知識量や処理能力だけでなく、発想力、思考力、表現力など、幅広い能力が求められるようになった。もはや学校や塾だけでは足りない。習い事にかける期待が膨らむ。親世代にはなかった習い事の最新情報や、さまざまな体験談から、習い事をとりまく光と闇を描き、心身ともに子供が成長するために必要なことは何かを問う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 250ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2017/3/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591154211
  • ISBN-13: 978-4591154212
  • 発売日: 2017/3/9
  • 梱包サイズ: 17.8 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,084位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
習い事と教育、学歴をつなげて語られる、という部分は新しいと思います。
このおおたさんの本は、小さい子供を抱えながらでもさらっと読める所が好きです。
ただ、これ関係の本を読み漁っていたり、習い事を本格的に経験している人には確認書としての安心材料位な内容です。

さて、本書の内容ですが、習い事、教育、進学に関してこれから真剣に向き合っていこうと考える親御さんに向いていると思います。
特に、習い事エリートとされる方へのインタビュー、習い事エリートの闇は良いと思います。
自分自身、某習い事に集中しましたが、どこの業界も変わらないな、と思いました。
青木さんは、その中でも頭の良い人だな、と思います。
まさにその通り。プロで大金を稼いでも、その後の顛末のお粗末な事といったら、枚挙に暇がありません。しかも旬があるもの。賞味期限つきです。

有名人のブログなどは相当話が盛られていますし、ゴーストライターも存在します。
当人のまわりで、ぶら下がってご飯を食べている人がいる以上、仕方ない事なんですけど…
ただ、作者のいうマイナー競技もいいかもね♪には疑問です。
マイナーであっても、メジャー競技と同じ構造です。
上に立ったとしても得られるのは賞とか名誉だけで、だから
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
現代っ子たちはこんなに習い事をしているのかあ。

忙しそうで気の毒ですね。

そもそも幼児や小学生にそんなに習い事をさせたところで、身になっているんだろうか。

子供の可能性を育てたいという親心は判らないでもないが、やはりやり過ぎじゃないかなあ。

著者は東大生たちに習い事をしていて良かったことなどをインタビューしているが、はっきり言ってすごくつまらない意見しか出てこない。

そもそもスポーツなり文化芸術活動のプロにさせるつもりもないのに、あえて時間と金をかけて習い事をさせるのってすごく無駄だと思う。

本書のなかでは今は一流の音楽家やスポーツ選手になっている人たちでさえ、自分の子供にはこの道を薦める気は無いと断言しています。

やはりその道で食べていける人はよほどの才能と努力、そして運がいい人だけです。

たいていの親はそこまで考えて子供に習い事をさせているわけではないと思う。

そのうち辞めさせるんだったら、中途半端にやらせても意味がないなあ。

ましてや低学年の小学生に毎日のように習い事をさせるのは、教育虐待と言っていいだろう。

子供時代に全く自由時間が無く
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告