通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。クリーニング済!24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。【検品担当者より】丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。日本郵便ゆうメールにて毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす 単行本(ソフトカバー) – 2007/9/8

5つ星のうち 3.2 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 577

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす
  • +
  • スーパーエリート問題集 さんすう 小学1年[新装版] (中学受験を目指す)
総額: ¥2,646
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

高速計算・徹底反復は「考えない学習習慣」をつけ、12歳までしかできない思考力の養成を妨げます!
ネットで大人気「どんぐり倶楽部」の「万能の思考力=視考力」を伸ばす学習法を紹介。
週1題で効果があがる「良質の算数文章問題」、一度書いただけで覚える漢字学習法、少量で計算力が身につく方法など盛りだくさん。
利用者の声・学習相談例も多数紹介。12歳までの教育で何がいちばん大切なのかがわかります。
小学生の親御さん、初等教育関係者必読です!

内容(「BOOK」データベースより)

あなたのお子さんは「考えない学習習慣」をつけていませんか?ネットで大人気!「どんぐり倶楽部」の少量で万能の思考力養成法を紹介!むり・むだのない中学受験対策付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 草思社 (2007/9/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794216270
  • ISBN-13: 978-4794216274
  • 発売日: 2007/9/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,445位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
12歳までは、絵図を描いたり、頭のいろいろなところを使い、ゆっくり考えることで、視考力を鍛えようというメッセージがシンプルで、素晴らしかった。
答えの正解を導くことよりも、過程を重要視するという点にも強く共感した。
繰り返し学習、高速計算学習で、ぱっと見の「学力」がついたように見えるが、小さな子には非常に危険な学習方法で、頭のためではないとはっきり言い切っている。頭がよくなるどころか、物を考えられない子になるという。
(もちろん、ある年齢に達したり受験だったら、必要だと言ってるが)

この本を読んで僕が感じたことは、「学力とは何か?」「自分の子どもにどんな学力をつけたいのだ」というシンプルな問い。その問いに、親は真摯に向き合うべきだし、子どもを責任もって守らないと(たとえば、ゲームや、テレビ、悪いニュースなど)いけないのだと、強く思わされた。
素晴らしい教育書だった。お勧めします。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 monchat トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/11/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
 公文や100マス式を中心にやってきた人達、またはそれらに関心が強かった人達にとっては、かなり衝撃的な本かもしれません。文章もおおげさに書いてあるところがあります。しかし、考えさせる教育が大切だと当たり前のことを非常に強調しているだけに、逆に本書を驚きとして迎えるとしたら、それこそ現在の学校・家庭が異常な方向に向かっているのかもしれません。
 小学校低学年の算数の教え方の潮流は、ここ数十年の間、公文式、100マス計算、さらに向山氏が率いるTOSSや「算数脳」で有名な高濱氏の流れに集約されてきていますが、前者2つは訓練重視なだけに過度に子供に強要すると、どうしても重大な問題が生じます。といって計算力がないと、やはり思考力も出てこないというのも否定できず、程度問題になってしまいます。向山氏・高濱氏も大変有意義な活動をされていますが、本書を読むと、文章問題をどのように攻略するかについては糸山氏に及びません。これら3氏は思考力中心派と言ってもよく、子供の健全な発育を考えると当然主流となるべきですが、これまでの向山氏・高濱氏だけではまだ力不足のようなところがありました。今回、本書の成功により、多少カリスマ性のある糸山氏が加わり、やっと思考派が主流を形成できそうで、内心ほっとしています。といっても、家庭向けの話であり、学校教育の現場での本書の活用は難しいでしょう。一時期のように学校で
...続きを読む ›
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「どんぐり倶楽部」のHPはとても見づらいのですが、
この本をまず読めば、利用者の声や、具体的な例などがあって、
取り掛かりやすいのではないかと思います。

糸山先生の「絶対学力」「続・絶対学力」は先生など教育者の方に、
「子育てと教育の大原則」は、子育て中のお母さんに、
この本は、実際に「どんぐり倶楽部」を始めてみようと思った方に、
それぞれオススメだと思います。

今までの自分の子育てが、いかに子どもの感じ、味わい、考える力を失うものであったかを
痛感し、いかにそれを改善していけばよいのかを
具体的に提案してくれる本だと思います。

もっと広まってくれれば、イライラしながら大量の宿題を子どもにさせなくてもよいし、
学年中にこれを習熟させなくては、忘れないようにしなくてはと
先生も余裕なく感じることもないし、子どもも正常に成長するのでは、と思うのですが。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Sound of Silence 投稿日 2016/6/16
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自分自身の塾講師の経験からも、〇もんやそろばんをやってきた子は、考える力が弱いのではというのは感じていました。
しかしそういった子はもともと算数が苦手だからそれらを始めたはずなので、それらをやってきた悪影響から考える力が育たなかったのか
(著者の主張はこちら)、やっていなくても弱かったのかは判断できません。

考える力をつけることが大切であり、そのために算数の文章題が効果的という話は直感的に賛同できるので、
上のような自分自身の疑問に解答が得られるかもしれないと期待しこの本を読んでみましたが、
とにかく算数の文章題も国語も絵に書いて考えようという自分の方法「だけ」が良いモノであり
他の方法はすべてだめ(しかも根拠がよくわからない)という主張に辟易させられました。
パズルさえほどほどにしないとダメだそうです。

主張が強い割には、根拠が自分自身の経験かまたはまゆつばな科学エピソードなので説得力に欠け、
まるで宗教本でも読んでいるかのような錯覚をうけます。
たとえば小脳と大脳の話のところで「~である」という書き方をしていますが
自分自身が脳科学者というわけでもないのだから、少なくともどこから出た話なのか明記すべきでしょう。

他にも
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック