12人の少女地獄 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

12人の少女地獄


価格: ¥ 2,142 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,336より 中古品の出品:1¥ 800より

キャンペーンおよび追加情報

  • ミュージック商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 (*おひとり様1回限りのご案内になります。) 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2009/9/12)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: GIRLFRIEND RECORD
  • ASIN: B002MOC58M
  • JAN: 4582303930025
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 743,954位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
4:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
3:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
3:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
3:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
3:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
3:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
10
30
3:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
11
30
5:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
12
30
3:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

内容紹介

福岡博多から幻のロマン歌手「山田マキ」デビューアルバム。
旧知の仲である田渕ひさ子(blood thirthty butchers/toddle)らが楽曲提供。
つっけんどんで悲しくもおかしい12通りの少女の地獄の物語。
福岡の生んだカルトギタリスト・ナジオ(ちゅうぶらんこ)と結成した「Japile」で福岡アンダーグラウンド界では知らぬ者はいないボーカル/ベーシストとなった彼女。
バンド解散後加入したFIELDで全国の好事家の目に留まる。
彼女の長い黒髪とぱっつん前髪、巨大なサンダーバードベース、そして何より哀愁のボーカルスタイルは博多~難波、十三~大須~~松本~秋葉原、下北沢、高円寺と全国に浸透していった。
FIELDの活動休止後は新バンドGINZA LIGHTSを結成。
今作では少女時代に心酔した夢野久作文学、特に「少女地獄」の世界観をコンセプトに、同志・林田恭孝(GINZA LIGHTS/FIELD)、ソウルメイト・田渕ひさ子(blood thirthty butchers/toddle)らに楽曲制作を依頼。(田渕ひさ子に関しては、ギターでも参加)。
こうして完成したのがこの「12人の少女地獄」。
このアルバムで山田マキは現代に蘇った姫草ユリ子のごとく、つっけんどんで悲しくもおかしい12通りの少女の地獄をロマンティークに歌唱。
歌い描かれる12人の少女たちはまるで現代に彷徨い現れた昭和初期の少女たちの幻のようだ。
アシッドフォークからサイケ、ニューウェーブにいたるまで山田マキのこれまでの音楽経歴を総括するような内容になっている。

アーティストについて

山田マキ(やまだ・まき):歌手。福岡県出身。
グラムロックと夢野久作に心酔しながら多感な少女時代を過ごし、高校生時代、同郷で同い年の田渕ひさ子(ex.NUMBER GIRL/blood thirthty butchers/toddle)と出会い、バンドを組む。
以降、伝説のギタリスト・ナジオ(ex.ちゅうぶらんこ)率いるJapileに参加、同バンド解散後、これまたカルトな存在になったFIELDにボーカル/ベースとして加入。
旧知のNUMBER GIRLやMO' SOME TONEBENDER、PANICSMILE、ザ・ヤング、RUM TAG、Luminous Orangeなどはもちろん、BLIGHT EYESやショーンナナ、of Montrealなどの海外バンド、そして野坂昭如、クレイジーケンバンド、遠藤賢司、羅針盤、渚にてなどの個性的な面々との共演をこれまでの活動で多数経験する。
いつしか福岡アンダーグラウンドおよび和ものシーンで最も有名な女性ベーシストとして認知され、山田の影響でサンダーバード・ベースを使用する若者が次々と現れた。
大阪でのギューン祭<高速道路での交通事故~骨折~ベース粉々>出演は語り草になっている。
2006年のFIELD活動休止後、現在はソロの歌手として作品を発表しながら、一方でFIELD時代のメンバー林田らとサイケバンドGINZA LIGHTSを結成、並行活動中。
はたまた60'sビートからdip、すかんち、ケロロ軍曹まで繋げるDJとして、またエレクトロダンスユニットの活動もあり。その異才ぶりで新たなファンを増やしている今日。


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。aquos shv35