通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の使用感ありますが、全体的に状態良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49) 文庫 – 2016/10/7

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 961
¥ 961 ¥ 279

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49)
  • +
  • 11/22/63 下 (文春文庫 キ 2-51)
  • +
  • 11/22/63 中 (文春文庫 キ 2-50)
総額: ¥3,013
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

過去へ旅することのできる「扉」の存在を知った男はケネディ暗殺阻止に挑む。キングにしか書けない壮大な物語。落涙保証の感動大作!


登録情報

  • 文庫: 478ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167907216
  • ISBN-13: 978-4167907211
  • 発売日: 2016/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,117位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
キングが初めて手掛けた(らしい)タイムトラベルものだ。J.F.ケネディ暗殺を阻止すべく、一人の教師がその時代に戻って必死に「過去」と戦う
姿を文庫にして約1400ページの超長編で描かれる。作品の評価は、頗る高く「このミス」や「週刊文春」のランキングでも一位を獲得し、過去の
キングの作品である、「ミザリー」、「グリーンマイル」、「IT」、などの中でも最高評価を得ていることになる。私も、読むのを楽しみにしていた作品の
一つであり、今回文庫化に伴い、読んでみた。キングは、ケネディ暗殺において、いろいろと出てくる「陰謀説」を自分なりの調査によって、
それを否定し、あくまでもリー・オズワルドの単独犯説が正しいという前提で、物語を進める。今でも多くのアメリカ人や世界中の人々が、もし
ケンディがあの時暗殺されなかったら、という「IF」を語ろうとする。その「IF」に対するキングなりの考え方や、彼独特の諧謔と皮肉の世界も
最後に語られる。だが、この作品でより多くのページが割かれるのは、主人公の教師ジェイクと、60年代に彼がタイムトラベルすることで知り
あった図書館の司書セイディーとの淡い恋物語であり、50年代後半から60年代初めの米国の独特の雰囲気と人々の生活である。
キングはこ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2017/1/8
形式: 文庫
ネタバレは避けるとして、正直云って前半はかったるいの一語でした。特に249頁までは・・・ でも、それから物語は大きく動き始め、あとは・・・もう堪能しましたね。『IT』風の、そして『呪われた町』風の味付けもあり、人々の所作にゆとりと輝きのあった古き良き時代のなんだか懐かしいアメリカの風情。中巻・下巻を楽しみにさせてくれる上巻でした。

「いいか、歴史を変えられるんだぞ。わかっているのか? ジョン・ケネディは死なずにすむんだ」(103頁)
「過去を変えられることを望まないなにかが存在してるんだ - そのことにはかなりの確信がある。しかし、変えられないことはない。抵抗されることを最初から勘定に入れておけば、変えられないことはないんだ」(131頁、同旨225頁、264頁、301頁、306頁、336~7頁、380頁、474頁)
「過去がどれだけ強く変化に抵抗するかは、その特定の行動によって未来がどれだけ変化するかという要素に比例して決まるんじゃないか」(425頁、同旨410頁、448~9頁)
「この建物を見ていると、デリーのキッチナー鉄工所が思い出された。教科書倉庫は廃墟ではなかったが、なにやら知性をもつ驚異の気配をうかがわせる点で共通していた。・・・ その闇の奥になにかがいる気配を感じたことも思い出した。生きているもの。ぼくが煙突にはいるこ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
キング特有のもったいつけた描写やくどいモノローグ、退屈なジョーク、非現実的で説得力のない設定に辟易すること20年余り。
週刊文春のミステリーオールタイムフェイバリットに選出されていたので、思わず手に取りましたが、いつも通りの後悔です。
ネタバレは避けますが、冒頭からキング節炸裂の鬱陶しい括弧書きの連打、陳腐な設定、一冊で収まる話を三冊にも引き延ばす自慰プレイにウンザリ。まあ、ピエール・ルメートルを絶賛する週刊文春のセンスがそもそも疑問ではあるので、私に合わないのも当然かも。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告