通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
11月のギムナジウム (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

11月のギムナジウム (小学館文庫) 文庫 – 1995/11

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 6
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 11月のギムナジウム (小学館文庫)
  • +
  • トーマの心臓 (小学館文庫)
  • +
  • 訪問者 (小学館文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

出版社からのコメント

ヒュールリン・ギムナジウムの転入生エーリク。そこで彼は自分の分身トーマに出会った。2人を結ぶ罪と愛の秘密とは…。名作「トーマの心臓」の原型となる「11月のギムナジウム」、12年の後にめぐりあった双子の兄妹の歌声がイブの夜に流れる「セーラ・ヒルの聖夜」、少女と3人の妖精のメルヘン「塔のある家」など7編を収めた魅惑の初期短編集。


登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091910157
  • ISBN-13: 978-4091910158
  • 発売日: 1995/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,653位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
収録作品:11月のギムナジウム、秋の旅、塔のある家、もうひとつの恋、
     かわいそうなママ、白き森白き少年の笛、セーラ・ヒルの聖夜 以上7編

昔読んだ「秋の旅」の感動を忘れられず、文庫で捜して購入。
当時、くっきりと目に浮かぶ秋の午後の陽射しに夕焼け、
ばらの香りに草の匂い、蒸気機関車の汽笛にひづめの音まで
まるでその場にいるかのようにリアルに伝わってきて
自分が目にしているものが「まんが」だとは信じられなかった。

今読んでもその衝撃と感動は少しも色褪せておらず
作品のすごさを改めて実感している。

赤い表紙の初期短編集は就職する時
親に言われて泣く泣く知人に譲ったけれど、今でも多くの作品が
各社文庫版で入手可能なのは嬉しい限り。
短編についてご参考までに。

秋田文庫「アメリカン・パイ」
収録作品:アメリカン・パイ、白い鳥になった少女、妖精の子もり、アロイス、
     ビアンカ、ジェニファの恋のお相手は、ベルとマイクのお話、
     雪の子、ヴィオリータ 以上9編

白泉社文庫「この娘うります!」
収録作品:この娘うります!、3月ウサギが集
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私の大好きな作者初期の短編ばかりを集めた作品集です。とりわけ好きな作品が『秋の旅』。ドイツ文学の名編のような香りが漂う作品です。あとは、表題作と『塔のある家』、『セーラ・ヒルの聖夜』がとくに好きです。

残念なのは、1976年発行の旧版に収載されていた『小夜の縫うゆかた』が入っていないこと。作者自身が『プチコミック』77年創刊号で、表題作と『塔のある家』と並んで、小夜という姉の名前を主人公に借りたこの作品を一番好きな作品に挙げているだけに、新版の作品集に収載されていないのは釈然としません。ヨーロッパを舞台にした作品集として統一したかったのかも知れませんし、替わりに旧版にはなかった『セーラ・ヒルの聖夜』が収載されているのはいいんですが、やはりちょっとガッカリです。

それとよく誤解されていますが、表題作は『トーマの心臓』の前身とか原型とかではありません。元々『トーマの心臓』の構想が先にあって、それを短編にとりまとめて別の作品として発表したのが『11月のギムナジウム』なのであって、『トーマの心臓』(の構想)こそが表題作の原型です。
(そのことは、作者のエッセイ集『思い出を切りぬくとき』やパーフェクトセレクション版『トーマの心臓』にも記されています。)

もうひとつついでに、『トーマの心臓』の元がヘッセの『車輪の下』で
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 うし 投稿日 2002/5/21
形式: 文庫
萩尾望都さんの作品は、漫画がただの子供の読み物という概念を払拭させてくれるものだと思います。
この作品(集)には、代表作の一つでもある「トーマの心臓」の前身とも
言える表題「11月のギムナジウム」が収録されています。読み比べて、
ああ、萩尾さんはこの作品から話をふくらませたのかな、なんて考えると
とても興味深く読めますし、もちろん1作品としても大変楽しめます。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
11月のギムナジウムはトーマの心臓の元になった話という感じでしたがエーリクとトーマが同時に見られる幸福感がありました。
秋の旅では妙に悟った子供ヨハンを抱きしめてあげたい気持ちにかられました。
塔のある家はメルヘンなお話で童心に返れるし
もうひとつの恋は少しギャグの要素も含まれていてハッピーな気分になります。
かわいそうなママは実際にかわいそうなママだな…と思ったし
白き森白き少年の笛はホラー?要素が入ってます。
セーラ・ヒルの聖夜は個人的にキャロンのおばあちゃんがとても優しく温かく素敵な人物なので大好きです。ハッピーエンドになったのも、おばあちゃんの力添えがあったからかな…と思えます。
すべての作品が個性的で魅力的でした。
これはきっと何度も読み返すことになりそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「11月のギムナジウム」は、作者の人気作品「トーマの心臓」と登場人物がかぶっています。私は「人気のトーマの心臓の原点じゃない。なぜそれを強調しないの?」とわりに不思議に思っていました。パーフェクト・セレクションに載っていたのですが、作者いわく「11月・・・を描いてからトーマを作ったのだろうと思う人も多いでしょう。半分だけ当たっています。発表は11月・・・のほうが先です。が、話を作ったのはトーマ・・・のほうが先です。ただページ数の都合で11月・・・のほうが早く発表できたのです」だそうです。ポーの一族、トーマの心臓で大ブレークする前の微妙な時代の天才の作品です。私も「秋の旅」が好きです。長編はすごくても短編はつまらないという漫画家もいるけど、さすがの短編集です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告