通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
103歳 世界最速のおじいちゃんスプリンター がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 1刷。カバーに小キズ、ページ内小やけ、他は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

103歳 世界最速のおじいちゃんスプリンター 単行本 – 2014/4/17

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/4/17
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 449

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 103歳 世界最速のおじいちゃんスプリンター
  • +
  • 私は,100歳 世界最高の現役スイマー
  • +
  • 心も体も30歳若返る「スーパー高齢者」の50の習慣
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 88pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

100歳で世界マスターズ陸上100メートル走の世界新記録を樹立した著者。
現在も「105歳で100メートル・砲丸投げ世界記録2冠」を次の目標に日々の練習をかかさない。
「生きること」の意味や目的、健康長寿の秘訣を綴った一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

生きているうちに何か残したい―そんな思いから92歳で始めたマスターズ陸上。その100メートル走で、日本一を飛び越え世界一に!「目標と欲を持つ」「ストレスを溜めないコツ」「80年続ける一行日記」「毎日の食事&運動」「家族の支え」―元気で長生きの秘訣を大公開!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2014/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4537260769
  • ISBN-13: 978-4537260762
  • 発売日: 2014/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 266,512位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この本の終わりには、二年後に「105歳以上」の部で、
100メートルと砲丸投げのダブル世界新記録達成を目指して頑張ると記されています。
その二つが、本日めでたく達成されました。まことに慶賀に堪えません。

長生きする人は、精神面・生活の全場面で、徹底して自立していて、
まだ半分も生きていない私は、大いに叱咤された気分です。
若僧が大先輩を論評するのも不遜なので、
以下、珠玉の言葉をいくつか紹介します。

★「やれることはその日のうちにやっておく」のがわしの信条。
やるべきことを全部処理してしまえば、夜はぐっすり眠れる。
多くの人は、嫌なことを後回しにする。これがいかん。
後回しにするようなものは、後々になっても解決することができず、ずっと残る。
その日のうちに解決して、頭の中に何も残さないのが、長生きの秘訣だよ(29頁・大意、以下同じ)。

★同居している娘の家族や近所の人と話すときも、昔話ばかりしていては飽きられてしまう。
人と会話できるように、世の中のことを知っておくのが大事だから、
新聞は隅から隅まで読むようにしている(71頁)。

★わしの日課の中で薦めたいのは、日記を書く習慣だな。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Student トップ1000レビュアー 投稿日 2014/6/1
92歳から100メートル走を始め、100歳でマスターズ陸上の世界記録を出した著者は、
103歳で最高齢スプリンターとしてギネスワールドレコーズに認定されました。
100メートル走だけでもすごいのに、105歳で砲丸投げの世界記録も目標に
頑張っておられるのには脱帽です。

本書では、100歳を超えて元気に生きる秘訣が語られています。
「ストレスをためない、その日にできることはその日にやる」
「独りでも何か熱中できるものを探して目標をもって生きていく」
「幸せは貰うものではなく掴むもの」・・・

ご本人は変人だから世間の常識を気にせずにできたとおっしゃっていますが、
非凡な意志の力があればこそできたのだと思います。
実際、走り始めてから92歳で硬膜下出血、97歳で大腿骨を骨折していますが、
「リハビリを強くやってくれ」と頼んで、意志の力で見事立ち上がっておられます。

「友人や連れ合いが亡くなる寂しさや悲しさを乗り越えて、
やりがいのあるものを探し、目標をもって生きろ」とのこと、
お手本として見習いたいと思います。
元気をもらいました。ありがとうございます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ニンジン トップ500レビュアー 投稿日 2015/8/9
面白かったです。
92歳から走ることを始めて、世界記録を作ったという凄いおじいちゃんです。

長生きしてる方の本をよく読むのですが
自信を持って前向きに生きている人ばかりだと気づきました。
この本を書いた宮崎さんも前向きで、話を読んでいると明るい気持ちになりました。

百寿者の食事にも興味があり調べていますが
肉とフルーツと穀物(米やパン)とお菓子をよく食べる人が多い印象です。
宮崎さんは特にフルーツが大好きだそうです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック