新品の出品:25¥ 1,944より

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,025
+ ¥ 400 関東への配送料
発売元: エル・エル・ハット
カートに入れる
¥ 1,944
+ ¥ 540 関東への配送料
発売元: トイズボックスプラス
カートに入れる
¥ 2,160
+ ¥ 420 関東への配送料
発売元: ガンダムグッズ専門店・G作戦
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

1/100 ガンダムアストレイ グリーンフレーム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:25¥ 1,944より
  • プラモデル
  • 【スケール】1/100

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら


キャンペーンおよび追加情報


商品の詳細

スケール1/100
型番BAN158435
ピース数1
組み立て式はい
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ

製品概要・仕様

  • 対象年齢:8歳から
  • (C)創通・サンライズ・毎日放送


登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 43 x 42.5 x 63.5 cm
  • 発送重量: 481 g
  • メーカー型番: BAN158435
  • ASIN: B001R2IQRY
  • 発売日: 2009/3/21
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2007/6/1
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 29,735位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

グリーンフレームが1/100シリーズに登場!新規型、追加部品として、武装「ツインソードライフル」が付属。ビームライフルとビームソード形態の2形態を再現。1/20トロヤ・ノワレが付属。【付属品】ツインソードライフル×1、シールド×1、ビームサーベル×2 ※写真は開発途中のため実際の商品と異なる場合があります。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

MGなみと言われた高キット、ガンダムアストレイレッドフレームの成型色変更ですが新規にツインソードライフルとトロヤのフィギュアがセットされた。内容です。
また、元オーブ軍のバリー・ホー仕様も再現可能です。
レッドフレームから塗装して作っていた者としては複雑な心境はありますが素直によろこび購入してブルーサードが出るように祈りましょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガンダムSEED系1/100プラモデルの中でも、最高水準たりうるガンダムアストレイからグリーンフレームがリリース。
本キットの本体仕様は、レッドフレーム同様のフォーマットスタイルでの立体化。
肘・膝は一軸関節にもかかわらず、90°を超える可動範囲を誇る。
また、手首や股関節〜太腿上端・鎖骨付近の可動軸により、より人体に近い動きを獲得。
加えて、HGから更に練られたプロポーションということもあり、ビジュアルとギミックの両立を完遂したといっても過言ではない。
基礎となるレッドフレーム発売から5年が経とうとしている現在でも、現行のキットに劣らぬ魅力を持つ。

今回のグリーンフレーム専用武装となるツインソードライフルは、いわずもがな完全新規。
細部の塗り分けが必要になるものの、比較的塗装しやすい構成のため、安心して組み立てが行える。
その他の武装、ビームサーベル・ビームライフル・シールド・ガーベラストレートはレッドフレームと同様のもの。
ガーベラストレートは説明書では「不使用」と表記されているが、グリーンフレームに装備させる事も可能。
ただし、刀身へのメッキ加工が施されていないので、シルバー塗装が必須条件。
塗装派としては、メッキを落とす手間が省けるメリットがある。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
グリーンフレームはアストレイシリーズで最も出番が少なく、ノーマル仕様に近い機体なので正直侮っていました。同時期に出たノーマルゴールドフレームより地味だし。
しかし、これが想像以上に良い。アストレイシリーズは元々出来が良いシリーズですが、この機体は写真で見るより暗めのグリーンで装甲の黒部分が際立ち、レッドやブルーとは違う雰囲気になっていています。
専用武器のツインソードライフルもライフル形態はスナイパーのような長尺で、ソード形態はビームスピアのような雰囲気でSEED系では他にない武装になっています。 残念な点はバリー・ホー仕様のマーキングが付いていますが拳法を再現するための手首(開いた手とできれば完全な握り拳も)が付属しないところ。
今後ゴールド天はMG化する可能性が高いと思いますが、グリーンフレームはMG化するでしょうか?もししたら、原作通り装甲部分もグリーンにしてほしい。ストライクタイプを6機もMG化したんだからアストレイも5号機までMG化してほしい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告