中古品
¥ 333
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年ヤケ・一部シミ、表紙にスレ・傷みがございますが、書き込みなどはございません。アマゾン専用在庫につき売り切れはありませんのでご安心ください。ご注文後、Amazon.co.jp 配送センターより迅速に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

100億稼ぐ仕事術 (ビジスタBOOK) 単行本 – 2003/11/15

5つ星のうち 3.7 109件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 14
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 「サイバークリック」「melma!」をはじめとする人気ウェブサービスや、リナックスベースのOS「Lindows OS日本語版」の独占販売、M&Aによる積極的な事業展開などで話題を集めるオン・ザ・エッヂ堀江社長が、自ら仕事術を公開している。7年半で年商100億の会社を築き上げた1972年生まれの若きリーダーは、どんな環境でいかに仕事をしているのか。

 「ヒト」「ジカン」「ジョウホウ」「カネ」「ツール」の5章からなり、テーマはクライアントを増やす営業のコツ、会議や打ち合わせの時間短縮方法、仕事の効率アップや時間管理術、データ管理や情報収集術、コスト管理法など幅広い。ノウハウは具体的で、営業トークや相見積もり、あるいは健康に関する話題にも及ぶ。業界の最先端ながらも、名刺で話題づくりをしたり、お酒の席での「ノミニケーション」を大事にしたりという地道な部分が印象的だ。

   もっとも興味深いのは、「1日平均5000通」を処理するというメールベースの仕事術である。その処理テクニックとして、キーボードショートカットの利用や速読術、内容ごとの分類・処理法などを公開している。また、すべての「タスク(やるべき仕事)」をメール化して自分に送ったり、情報収集や仕事上のコミュニケーションをメーリングリストやメールマガジンで行ったりもしているという。このメールによる一元管理に堀江の真骨頂がある。

   このほか、愛用するソフトやブラウザ機能、携帯電話などのツール紹介や、おすすめのウェブ・サイト情報も興味深い。あふれる情報の処理やツールの選択、カスタマイズなどで悩んでいる人や、その一歩進んだ活用法を知りたい人は参考になるはずだ。(棚上 勉)

内容紹介

ぼくは、1台のノートPCで会社を経営している。そして1時間に5000通のメールを捌くことができる。
「メールを1日5000通読みます」
「1日8時間寝てます」
「仕事で使っているのはメールとインターネットブラウザだけ」
 私の目をまっすぐに見ながら、柔らかな口調でさらりと言ってのけた「彼」の言葉に仰天しました。
 エッジ株式会社といえば、破竹の勢いで業態を拡大しているネットベンチャー。30歳という若さで10以上ものグループ会社を率い、約500人の社員を抱えています。その社長である堀江貴文氏の言葉は耳を疑うものばかり。
 実際にその仕事術のすべてを編集させていただいたのですが、そこで行き着いた感想は、
「これなら私にもできるじゃないか!」
 決して周りに流されることなく、自分で考え、失敗も経験しながらたどり着いた、堀江流の“100億稼ぐ仕事術”。この1冊を読むだけで、そのシンプルなやり方を盗み取ることができるとは、はっきり言ってお得です!
一方でリナックスベースのOS「Lindows OS 日本語版」を手がけ、某企業の独占市場に真っ向から勝負を挑むなどネットベンチャー企業です。

ネット界を席捲する若きアントレプレナー・堀江貴文(エッジ株式会社 代表取締役社長 兼 最高経営責任者)がその仕事術のすべてを初めて明かす!!
“彼”が特別なのではない。
 その“仕事術”が明確でシンプルなだけなのだ。
 起業からわずか7年半という短期間で、売上100億円の偉業を成し遂げつつある若きアントレプレナー・堀江貴文。彼が動かすインターネットを中核としたビジネスは、まるでブラックホールのように、あらゆる業態を取り込み、増殖を続けている。
 若干31歳の若者が、なぜこれほどの成功を治めることができたのか。彼が特別に選ばれた存在だったからなのか? 
 本書は、その質問にはっきりと「ノー」と答えている。
「ヒト」「ジカン」「ジョウホウ」「カネ」「ツール」
−−堀江貴文が“ゼロから”作り出した、5つのビジネスキーワードに対する100億の価値を持つ回答が、今ここで明らかになる!

【著者プロフィール】
エッジ株式会社
代表取締役社長 兼 最高経営責任者堀江貴文
1972年、福岡生まれ。
1996年4月、東京大学在学中に同社(オン・ザ・エッヂ)を設立。 六本木のホームページ制作代行屋から、徐々に規模を拡大し、サイバークリック、melma!など、数多くのウェブサービスを展開する。
2000年4月、起業からわずか4年で東京証券取引所マザーズに株式を上場し、データセンター事業開始。2001年以降は、積極的なM&Aにより、さらに事業規模を拡大。
2002年6月には、アスキーイーシーを、同年11月には無料インターネットサービスプロバイダーとして有名なlivedoorの営業譲渡を受ける。
さらに2003年8月にはリナックスベースのOS「LindowsOS 日本語版」を独占販売。
旨いものを食べ、8時間睡眠を信条とし、驚異的な集中力で稼ぎまくる。
貪欲な向上心とオチャメなメールが評判(?)のITベンチャー社長。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2003/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797325402
  • ISBN-13: 978-4797325409
  • 発売日: 2003/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 109件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,687位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
合理的な判断をするためのポイント満載な一冊。それだけに自分なりの工夫がためされる。また彼の生い立ちと考えにふれるエッセイ的な感じもする。まだ世間で騒がれる前に書かれたこともあって中身の割に口調は淡々としていておとなしい。社会的な倫理感をお持ちの方なら彼の素晴らしい頭脳や考え方をここで拝借してみるのもよいだろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
エッジの代表取締役社長兼最高経営責任者である堀江貴文氏の本です。エッジは、元の名前を「オン・ザ・エッジ」といい、ITバブル時代に、ビットバレーともてはやされ、次々と上場した会社の一つです。このビットバレー企業について、極一部を除いて、私はいい印象を持っていません。というのは、IT企業といいながら、実は、コアとなる技術を持っていない会社がほとんどだからです。きっと、怪しい感じなのだろうなと思いながら、手に取ったのです。
しかし、その妙な期待を裏切り、氏の仕事ぶりが淡々と書かれています。全体を貫く考え方がシンプルで、その記述があっさりしすぎて、するっと読める本なのです。できる人は、ポイントを押さえて、徹底的にやれる人なのでしょう。
すごいなと思った箇所を拾い上げてみる。
集中することについて、インターネットと出会ってからの2-3年は、人との交流ができないほど、仕事に没頭したようです。また、大学受験の半年は、勉強以外のことをした記憶がないとまで言っています。
多くを時間の無駄にしやすい会議ついては気を配っており、その手順は、1.目的をもつ、2.メーリングリストで共有、3.10人以下の出席者、4.仕切る人をつくる、5.結論を出し、6.実行期日を決め、7.議事録をメーリングリストで共有するとなっています。ある意味、あたりまえですが、実践するのは難しいで
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
確かに合理的で的を得た仕事術だと思う。そして、会社と経営者は成功し株主は喜ぶかもしれない。だが、これは資本主義社会が抱えた問題なのかもしれないが、このシステムで生きる人間は拝金主義で自己中心的でなければ生きていけいけないのかもしれないとも感じた。
筆者の経営する会社エッジ社の社員の(ここの社員から聞いたが、)平均就業年数は1年を切るそうである。会社に対する忠誠心(ロイヤリティ)というものも社員は持っていない。完全能力主義社会、といっても労働者であり搾取される身ではある。
社会全体、顧客という観点から見て、この会社(経営手法、仕事術)というんものが有意義であると感じることはできなかった。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 100億稼ぐ仕事術。一体どんな『術』なのでしょうか。
 一サラリーマンとして、一生かけても数億しか稼げない私ですが、そんな私でも、常に心がけているようなことばかり、書いてありました。
 特に新しいことはないな、と思いましたが、一生で数億と、一年で100億との違いは、そこにあるのかな、と思いました。
 私は心がけているだけ。実行が伴なわないし、周りに流されて、ま、いいか、と思ってしまいます。
 100億稼ぐ男は違います。実際にやってきて、今も、実行していることを、書いているのです。私がこうありたいなと思うことを、実際にやっているのです。
 願望を、実践している。願望で終わってしまうか、実行してしまうかの違い。その行動力が、100億の稼ぎになるのでしょう。
 起業家だけでなく、サラリーマン社長から新人サラリーマンまで、この本を読んで、勉強になると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/17
形式: 単行本
彼の著作でもあったが、レビューを見ると、ほんと「金持ちは嫌われる」ということをまた実感した感じ。おっしゃる通りです。客観的に見て、彼は成功者であろう。彼の著作では、彼の人生観が良く分かるし、わかりやすい文章(小学生でもわかるように口語体で)で書いている点にも共感できる。私が、彼の著作でこれだと思ったところは、シンプルが一番ということかな。だってわかりやすいもの。芯がぶれないし、私も迷った時はシンプルに考えるようにしています。後は、仕事をした気になっている輩についての記述も面白い。経営者からすれば一番の悩みどころでは。いずれにせよ、1500円払った価値は十分ありました。続編のタイトルは「1000億稼ぐ仕事術」であればいいですね。ガンガン行って下さい。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー