この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


100万語多読入門【CD付き】 (日本語) 単行本 – 2005/3/26

5つ星のうち4.1 14個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


夏先取りSALE開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 夏先取りSALEを今すぐチェック

商品の説明

著者からのコメント

この本は、英語学習で悩んでいる人のために書かれました。英語学習者は読む・書く・聞く・話すのすべての能力をあげたいとみな思っています。読むことはなんとかできるから、書く・聞く・話す能力を上げたいと思っているも多いでしょう。でも、本当に読むことはなんとかなっているのでしょうか?
 すらすらと読めないからこそ、書く・聞く・話す力が思ったように伸びないのかもしれません。
 SSS(Start with Simple Stories)方式の英語学習法は、まず、すらすらと英語を読める力を上げて、100万語単位で英語を体にとりこみ、英語を英語のまま理解する力をまず伸ばそうという英語学習法です。何百万語もの英語を訳さずに読み、英語で考える力をのばせば、自然に、書く・聞く・話す力も伸びてきます。
 英語を英語のまま理解して読むための三原則は、 辞書は引かない・わからないところは飛ばす・つまらなくなったらやめる です。これを多読三原則といっていますが、これは日本語での読書の方法と同じ方法ですね。
 母語で自然に行っている方法を、英語でも行うためには、非常にやさしい本からじょじょにレベルを上げていく必要があります。この本では、
1 どこからスタートするか?
2 どの位のペースでレベルをあげていくのか?
3 どんな本を読めばよいのか?
を具体的に説明してあります。 実際に、読みやすさレベル 0,3、0.7、0.8、0.9、1.4、1.6の洋書の全文・または一部も掲載し、初めに読む本のレベルや内容を実際に知ることができます。 掲載された洋書の全文に相当するCDも付いています。
 この本を読んで、わからないことがあった場合には、SSS英語学習法研究会の掲示板に投稿してみると、著者・監修者を含めたいろいろな人が相談にのってくれるでしょう。 あなたも、この本で多読を始めてみませんか? (著者:古川昭夫)

出版社からのコメント

■めざせ100万語! 辞書を捨てれば英語が読める■
本書の中に洋書6冊を収録。しかも朗読CD(約73分)に[簡易版]読書記録手帳(48ページ)も付いている!
 SSS(Start with Simple Stories)方式の多読は、従来のリーディングの対極に位置するものといえます。学校で学んだ英文解釈は「わからない単語は徹底的に辞書で調べ、正しい日本語に訳していく」という、暗号解読的なリーディング。一方、SSS方式多読の3原則は1辞書を引かない、2わからないところは飛ばす、3つまらなくなったらやめる、の3つだからです。そして、たとえ大人でも、挿絵のたくさんある児童書のような、エッと思うほどやさしい洋書からスタートし、とにかくたくさんの本を読むことをめざします。
 
■なぜやさしい本からスタートするのか■
 スタートには辞書なしですんなり理解できるような、やさしくて薄い本を選ぶことが肝心。スラスラ読めるので読書として面白い(お勉強という苦痛がない)、面白くて次々に1冊読み終えた達成感が得られるので続けられる(単調な反復ではなく)、続けられるから効果が確実に上がるのです。
 やさしい本をドンドン読んでいくと、いつのまにか日本語を介さずに英文が英語のまま頭に入ってくるようになります。ここがポイントで、英語を読んだ順に後戻りせずにわかるようになるということは、リスニングでも流れてきた英語をそのまま理解できるということ。「わからないところは飛ばす」習慣が身についていれば、知らない単語が出てきた途端、アタマの中が真っ白になることもありません。

■本書1冊で今日から多読をスタートできる■
 スタート地点を見極めていただくために、本書の中にはレベル別の洋書を6冊、カラーの挿絵もそのままに収録しています(長いものは抜粋)。さらに朗読CDも付いているので、正しい発音はもちろん、英語特有のリズム感、リーディングの流れるようなスピード感を体感できます。100万語達成までの自分の道のりを記録していく[簡易版]読書記録手帳も綴じ込まれています。
 100万語に到達するためには、どんな本をどんな順番で読んでいくのがよいのか、すでに達成した人たちの実例や豊富なアドバイスをまじえて詳しく紹介しており、一見、途方もない目標に思える100万語への道を具体的に実感していただけます。
 語学習得に大切な「自分に楽しいことをやる」「達成可能なことをやる」「完璧にこだわらない」の3つを実現させた多読なら、リーディングのみならず、リスニング、ボキャブラリー、文法の総合力が、無理なく楽しく身につきます。


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
評価の数 14
星5つ
30%
星4つ
48%
星3つ
21%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2017年7月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2006年10月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年10月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年5月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年3月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年9月8日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年6月4日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年5月12日に日本でレビュー済み
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告