通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 多聞書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の使用感ございますが、比較的綺麗な状態で問題無く読了可能です。検品には万全を期しておりますが、状態説明に錯誤等ある場合は購入後30日以内でしたら返金いたします。Amzon倉庫よりの発送となりますので在庫切れの心配はございません。ご安心してご注文下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) 単行本 – 1977/10/19

5つ星のうち 4.5 366件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 389

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
  • +
  • わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
  • +
  • ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

これはひょっとすると大人のための絵本かもしれないが、真に大人のための絵本ならば、子供もまた楽しむことができよう。それが絵本というものの本質であるはずだ。そして『100万回生きたねこ』は、絵本の本質をとらえている。――週刊朝日書評より
このとらねこ一代記が、何を風刺しているかなどと考えなくても、すごいバイタリティーをもって生き、かつ死んだ話をおもしろいと思ってみればよいと思う。上級から大人まで開いてみて、それぞれに受けとめられるふしぎなストーリーでもある。飼い主へのつながりが無視され、前半と後半が途切れているようで、みていくとつながってくるふしぎな構成である。――日本経済新聞「こどもの本」書評より

日本図書館協会選定図書/全国学校図書館協議会選定図書

著者について

北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。’67年から’68年にかけて、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『だってだってのおばあさん』(フレーベル館)、『わたしのぼうし』(ポプラ社)、『おじさんのかさ』(講談社)などの絵本や、『アカシア・からたち・麦畑』(文化出版局)などのエッセー集がある。『おじさんのかさ』でサンケイ児童出版文化賞推薦賞を、『わたしのぼうし』で講談社出版文化賞絵本部門賞を受賞。


登録情報

  • 単行本: 31ページ
  • 出版社: 講談社 (1977/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061272748
  • ISBN-13: 978-4061272743
  • 発売日: 1977/10/19
  • 梱包サイズ: 26.2 x 24.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 366件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 978位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ほぼ毎晩のように読んでいます。
最初は難しかったようですが、今はトラ猫!野良猫!と気に入っています。
大人も考えさせられ、いい本で。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
誰かに買いたい絵本でした。少し大きくなった孫に読んでほしいと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonカスタマー  トップ500レビュアー 投稿日 2017/2/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
昔読んだときは何となくハッピーエンドで猫が天国に行った話というイメージでした。
最近改めて読んだら、悲しさでもう一度生き返ることがきなくなったという印象になりました。
さらに歳をとって読み返すと、また別の印象になるのかもしれません。
昔読んだ絵本を今読むと、やはり読んでいる人間の変化があるわけですから、読後感が変わるのは当然なのかもしれません。
この絵本にそういうことを気付かされた感じがし、ほかの昔読んだ絵本も読み返してみようかなと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
以前、別の作品で『生を生きない者は、死をも死ねない』という言葉がでてきて、この本を読んだ後、真っ先にその言葉を思い出しました。
私は猫が本当の愛を知り、その生をまっとうしたからこそ、死ぬことが出来たのだと思いました。愛を知ることは幸福であると同時に、失った時の悲しみは計り知れない。でもそれが生きるということ。シンプルな話なのに、とても人生とは?幸せとは?愛とは?と考えさせられました。
私も家族を愛し、1日1日を大切に生きていきたい、そうあらためて思える絵本です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
迷っている友達にプレゼントしました。
何か解決するわけではないけど、何かを考えるいい機会になるかと思い。

大人になって絵本を読むと、なにかに浸った気分になるので、何とも不思議です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
泣くよ? って言われたからどんなもんかと思って買って読んでみた。
こりゃ泣くわ。
小さいころに読んでも泣かなかったとは思うけど。
今だから泣く。
(30歳・会社員男性)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
4歳の誕生日にプレゼントとして贈りました。
親から毎日読んでますとの連絡があり贈った側としても大満足です!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ねこにとって、愛されるより、愛することの方が、どれだけ大事だったか分からない。
愛する対象としての白ねこや子ねこたちの存在は、自分のことだけが好きだったねこの心のあり様に、大きな変化をもたらした。
愛する存在である白ねこの喪失の為に泣いたねこは、初めて、死ぬことを許されたように思わずにはいられない。
とても深みのあるお話であった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この絵本は読む人により感じ方が大きく異なる絵本だと思います。最初に読んだ小学生の頃は、ただなんとなく悲しい絵本だと思いましたが、中学生くらいになると、白ねこと出会えて幸せを知ったトラねこは幸せなのかもしれないと思えるようになりました。

トラねこは、飼いねこの生では自分以外を愛することができませんでしたが、野良ねこに生まれ、自分の思うようにならない相手と出会い、試行錯誤しながら想いを伝え、家庭を築いて行く中で愛と幸せを知りました。飼いねこの時と何が違うのか、それは自分の生を受け身でなく、能動的に生きた、という点だと思います。だからこそ、私達はたった一回だけのこの生を、必死に能動的に生きなければならない…大人になった今はそんなことを感じました。

今後20年、30年と歳を重ねた時に、年老いたトラねこのように「ずっとこのままでいたい」と思えたら、それはとても幸せなことだと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
つらいときは この本を ひらきます!
わずか、30ページの 絵本。
左側は お話。右側はすてきな絵。

30ページの文章はつぎのとおり。
「ねこは もう、けっして 生きかえりませんでした。」

私は 100万回も生きた猫の怒りと哀しみをおもいます。
だから、猫は100万回も 生きかえりつづけねばならなっかたのです。
でも 野良猫としてうまれ 白い美しい猫とあったときから 猫はかわったのです。
そして ねこは もう、けっして いきかえることなく 死んだのです。

いい話で いつも 涙がでます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー