¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
100万回シェアされるコピー: いますぐ使えるウェ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

100万回シェアされるコピー: いますぐ使えるウェブコピー「4つのルール」 単行本 – 2017/4/5

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/4/5
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,105

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 100万回シェアされるコピー: いますぐ使えるウェブコピー「4つのルール」
  • +
  • 最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

facebookやtwitterなど、短い言葉で自分を表現することが日常化した現代は、「だれもがコピーライターの表現術を知っていて損はない時代」と言えるかもしれません。
企業におけるWEBコピーの重要性も高まってきています。
ただ、いまのところWEBコピーに特化したスタンダードなマニュアルはほとんどありません。

同書はWEBコピーライターの方には「仕事の教科書本」として、一般の方には「SNSなどのWEBのハウツー本」として手にとってもらえるWEBコピーのスタンダードとなる本です。

内容(「BOOK」データベースより)

一流コピーライターでも、有名ディレクターでも、人気タレントでも、素人の撮った猫の動画に再生数で勝てない。そんなウェブの世界でどんなコピーや企画がヒットするのか?バズも炎上もコピーで決まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 誠文堂新光社 (2017/4/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4416517246
  • ISBN-13: 978-4416517246
  • 発売日: 2017/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
これまで数多くのコピーや言葉に関する本を読んできたが
年々どうもしっくり来なくなっていた。
その理由がこの本を読んでわかった気がする。

”言葉”にかわりはないが、
その”言葉”が使われる環境や時代で
捉えられ方は180度違う。

ウェブという新しい世界で
ウェブコピーという新しいジャンルが
もう既に誕生しているのだということを
はっきりと理解することができる1冊だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これまでのコピーライターの本は、テレビCMやポスターを前提にしたものが多かったと思います。
一方、ウェブのコピーの本は、PVやクリック数を上げるための、運用型広告のものが中心でした。

ウェブでのブランドに寄与するコピーについて、傾向と対策をまとめられたものは、
この本が初めてではないでしょうか。

事例がカラーで豊富に紹介されていて、わかりやすいです。
SHARPとはあちゅうのインタビューも、これまでの広告本には無い内容で新鮮でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告