通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
10年後の「結婚しないかもしれない症候群」 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

10年後の「結婚しないかもしれない症候群」 単行本 – 2003/7

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

24歳でマンションを買った恵子さんは、会社のお金を使い込んで解雇されていた。不倫をしていた百合さんは、社宅でささやかに家庭を営んでいる―。「何でも手に入る」ような気分と、「どんな生き方も選べる」不安。一生独りかもしれないという、焦燥と自負。バブルと呼ばれた時代の渦中で、揺れる思いを抱え、懸命に自分の人生を探していた「結婚しないかもしれない症候群」の彼女たちは、10年後の今、どんな生き方を選び、どんな幸せを見つけたのだろう―。結婚と出産を経験した作家・谷村志穂が、自らの原点を訪ね、いまふたたび時代の波間に泳ぎ出る!『結婚しないかもしれない症候群』から10年の時をへて紡がれる待望のノンフィクション。

内容(「MARC」データベースより)

バブルの渦中で、揺れる思いを抱え懸命に自分の人生を探していた彼女たちは、十年後の今、どんな答えを見出したのだろう。作家・谷村志穂が原点を訪ね、時代の変転を見つめる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 草思社 (2003/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794212283
  • ISBN-13: 978-4794212283
  • 発売日: 2003/07
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 882,563位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私は谷村志穂さんが実はあまり好きではありません。文章も感性も飛び抜けて優れているとは思わない。「結婚しないかもしれない症候群」も
嫌な先輩達の姿として、読み流しました。
で、今回。バブリー全開だった彼女たちの価値観がどう変わったのかと興味本位で読み始めました。バブルの時代と違って、価値観があまりに多様な時代、前作のように時代性で女性をくくろうとするのはあまりに
大雑把。谷村さんの知る何人かの女性たちの10年として読みました。谷村さんも含め、普通の女性達の10年。誰でも10年の間には価値観の変化や、実際の生活の変化もある。でも、産む性としての女性の適齢期は100年前から変わっておらず、20代が機能としてのピーク。自分の生き方を確立し始める30代とのピークの差に悩む女性たちの姿が身近に感じられました。
谷村さんのライターとしての魅力は、平凡な価値観の持ち主だということかも。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「結婚しないかもしれない症候群」だった人たちが、その後も本当に結婚しなかったのか?という興味から読み始めました。みんなほとんど結婚していないのかな、と思って読み進むうち、意外にそうではないと分かってきます。これを読むと、20代後半~30代前半の女性は絶対に勇気が沸いてくるはず。自分は一生一人かも・・・なんて不安は軽減されると思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「結婚しないかもしれない症候群」に登場したバブリーな女性たちはその後どうなったのか?あれから10年経っても、女性を取り巻く日本社会はそれほど変わってない、結婚しないかもしれない症候群は今でも健在、そう思っていた。だから、この著書を半分くらいまで読んだときには、なんとなく裏切られてしまったような気がした。実際に著者自身も結婚し出産している。しかし、人間は確実に変化していく。とくにこの10年、バブルに支えられていた人たちは、変わらざるを得なかった。いろんな女性に流れた10年と言う日々を読むのは、単純に興味深くおもしろい。そして、著者は10年前を振り返りながら、「今」を検証している。読み終わる頃には裏切られた気持ちは不思議とどこかへ消えていて、むしろ、これか!ら自分に流れるであろう10年を重ねてしまう。そして、「結婚しないかもしれない」というのはあくまで症候群であって、それを乗り越えたらその後何が待っているのか、社会の中で女性はどう生きるか、動物としての女性はどうやって機能を果たすべきか、さまざまなことを考えさせられる一冊だった。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一番最初の、結婚しれないかも症候群から10年という時間が流れています。結婚しないかも・の時代は世はバブル。この本を、最初に読んだときは、もうバブルはどこへという時でした。郊外のマンションを、買って高く売ってそんな時代は・・・。それぞれの人たちが描いていたものやその時あった今が書かれています。10年生きていると、短くも感じるけれど過ぎてみると、いろいろなことが詰め込まれている10年。
結婚=幸せには、まだまだ思えない。重い紙としかまだ思えない私にも10年後は分かりませんでした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック