¥ 1,512
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるた... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/10

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,430

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」
  • +
  • 2020年からの教師問題 (ベスト新書)
  • +
  • 新しい学力 (岩波新書)
総額: ¥3,262
ポイントの合計: 100pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

★藤原和博氏最新刊!
★発売後、たちまち重版決定!
★堀江貴文氏推薦!
★隂山英男氏推薦!

「10年後の世界はどうなっているのか?」
「不確かな未来を生き抜くためには、どんな力を身につけるべきなのか?」
などの問いに対する答えが本書です。
仕事が消滅していく社会への対処法を藤原先生が伝授します。

2020年代を生き抜くための「雇われる力」とは何か?
高校生に語りかけるスタイルで大人にも問いかける「人生の教科書」決定版。

◎実社会が必要とするのは、常識を疑い仮説を提示できる人材
◎「AI×ロボット技術」と「人間の知恵」の交差点にフロンティアが開ける
◎未来の社会はネット内に建設される
◎稼げる大人になれるかは希少性で決まる
◎キャリアは掛け算で考える
◎「遊び」と「戦略性」があれば仕掛ける人になれる
◎人生はあらかじめ設計できるものではなく偶然から始まる
◎もう歩き始めているか、最初の1段を上り始めたかが大切
◎人生の目標はクレジットを大きくすること
◎1人ひとりが自分の人生をデザインする時代


【目次】

はじめに 君たちは、どんな未来を生きるのか

第1章 これからの10年で世界は激変する
・人間が人間らしくなる時代
・2020年は時代の変わり目

第2章 仕事が消滅する時代に身につけておきたいこと
・学力は必要なくなるのか
・情報編集力をゲットしよう
・グローバル時代を生き抜く5つのリテラシー
・処理脳から編集脳への変換装置

第3章 「遊び」と「戦略性」が情報編集力の鍵になる
・アタマの回転の速さと柔らかさ
・受験で情報編集力を身につける
・情報編集力がある人の特徴は?
・ジグソーパズル型学力とレゴ型学力

第4章 「雇われる力」の鍛え方
・「雇われる力」とは何か?
・「雇われる力」の基本は人柄と体力
・目の前にいる人に信用されるかどうか

第5章 一生が90年の時代のライフデザイン
・30代まではたくさん恥をかこう
・コミュニティという財産を蓄えよう
・1回の人生では生ききれない
・希少性の時代には、レアカードを目指せ
・キャリアの掛け算で100万分の1の存在に
・就職では「逆張り」しよう!

終章 君たちが日本の未来を拓く10の理由

あとがきにかえて

出版社からのコメント

本書には、著者が現在勤める奈良市立一条高校で、生徒や先生、そして40代、50代の保護者たちに語りかけている、 10年後(2020年代)の近未来の姿とその対処法をキッチリ盛り込まれています。
藤原先生の決定版といえる内容です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 260ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2017/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478101884
  • ISBN-13: 978-4478101889
  • 発売日: 2017/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 436位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 水の助 VINE メンバー 投稿日 2017/2/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
クルートフェローから、公立校校長、そしてふたたび公立校校長に就任した著者の人生指南本だ。
今までの藤原本と異なるのは、学生向け、ということだろう。

学生なら素直に読めばいいと思う。
いまは明日の宿題やLINEの返答で悩んでいるかもしれないが、
この本を読みながら未来を少し想像するだけで、10年後、20年後に圧倒的な差が出る。

社会人が読んでも、もちろん役に立つ。「キャリアの大三角形を描く」という教えが最も大きな示唆になるだろう。

職種×職種×職種=立体的なキャリア、という図式だ。
これだけだと、なんのこっちゃ分からないと思うが、詳しくは本書を読んでほしい。

3つ目の職種を遠くに飛ばすことが、人生を面白くする、とはその通りだと思った。
そう、生き残るためのキャリアではく、ワクワクするキャリア本でもある。
恐怖訴求ではないところに、この本のオリジナリティと価値がある。

以下、ポイント抜粋。

・ググればいいと言っても、ググるときのキーワードや、キーワードの結びつきのイメージは、基礎学力がなければ思いつかないでしょうから。

・無意識に先生方が生徒にしている「刷り込み」に気づいても
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
科学技術の進歩はすさまじい。AI(人工知能)の進化は、間違いなく産業革命といえるインパクトを私たちの人生にもたらすのだろう。現在ある仕事の多くが、AIやロボットが代替されていく。そうした時代において、どんな教育が行われるべきで、どんな力を身につけていくべきなのか。本書は、教育論かつキャリア論で、高校生や親たちに呼びかけるような文体で展開される。著者はリクルート出身で、教育改革実践家として実績を残してきた奈良市立一条高校の藤原和博校長だ。藤原校長は、3つの「生きるチカラ」を提示する。
1)情報処理力(知識・技能)
2)情報編集力(思考力・判断力・表現力)
3)基礎的人間力(忍耐力・集中力・持続力など)
現在の教育は、1)に軸足を置いてきたが、今後はますます2)情報編集力が重視されていくという。
私は、小学生と高校生の子どもをもつ。10年後、20年後といえば、子どもたちがビジネスの現場で活躍している時代だ。
自分のことと同時に親として、これからの10年を視野にいれた教育論とキャリア論を概観するという意味で、とても刺激になり参考になった。評論家ではなく、教育の現場に立ち進化を続けている藤原校長だからこそ書ける良書だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これからの新しい時代を生き抜く高校生へ向けたメッセージ本。
引用する書籍のレベルが低く、専門的な見地が見地が少ない。
一方で、「グーグル前・グーグル後」という見方はこの本で初めて知った。面白い切り口。
「成人式は40歳。30代までは恥をかこう」というメッセージにも勇気づけられる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
新しい視点だと思ったのは、「仕事というものも(商品やサービスの価格が需要と供給の関係で決まるのと同様に)需要と供給の関係で1時間当たりの決まる」とい所。これから10年先、従来型の「情報処理力(学校で習っている授業)」が必要とされる職種はAI×ロボットに置き換えられ、「情報編集力(コミュニケーション、ロジカルシンキング、シミュレーション、ロールプレイ、プレゼンテーション)」を要求される職種が残るであろうと。ただ普通に学校に通っているなら「基礎的人間力(部活動、学校行事等」をベースにこの「情報処理力」と「情報編集力」をバラスよく鍛える必要があるという。
今も昔も頭を使わなければ「稼げない」という事実は変わりないのですが、確かに私の息子がこれから生きようとするは世界は、その頭の使い方が変わり、我々世代が幸せに思えるほど厳しいものになると予想されます。その解決方法の一つとして、「希少性を獲得すること」を著者は挙げています。
果たして、息子がこの本を読んだ時に、真剣に将来の事を考えられるだろうか?自分が中学生で、この本を読んだとして、将来に対する危機感を感じるかどうかは甚だ怪しい所がある。結局は困難な状況に追い込まれても、その時に真剣に考える事ができる体力と知力を予め子供に与える事しか親にはできないのではないかと本書を読んで感じました。ただ本書を読んで勇気づけられました。困った困ったと将来を憂うのではなく、対処の方法もあるのだと。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告