中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス) 新書 – 2008/10/7

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ぼくなら、きみを守る本物の騎士になれる 高校2年生のマドカが、突然、恋に落ちた。校内で見かけた「謎の彼」とやっと知り合った頃、二人の住む街に次々と危険な噂が。迫り来る敵の正体は……!?

内容(「BOOK」データベースより)

母を亡くし、心に傷を抱える女子高生・マドカが恋に落ちた相手―それは最強の騎士『サファイア』。ふたりの出会いは、忍び寄る狂気―社会の片隅でひっそりと息づく異常犯罪者たちから大切な人、そして愛する街を守るための戦いのはじまりだった。大人への道程にいる、いまだ“不完全”な彼女たちを待ち受ける、過酷な運命とは…。透明感ある文章で紡ぎ出すファンタジックミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061825429
  • ISBN-13: 978-4061825420
  • 発売日: 2008/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,042,549位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
女子高生マドカが、恋に落ちた相手「サファイア」は、
肉体がなく、普通の人には見えない幽霊的存在だった。

マドカとサファイアは、大切な人たちを守るため、
異常犯罪を暗喩する名前を持つ犯罪者と戦うことになる……。

連作中篇集的構成の作品。

同性愛者(!)ですが、心根がまっすぐなマドカと、女装癖(!)のあるサファイア
というコンビは、かなり倒錯的ですが、ある意味、のび太とドラエもんの関係性に
通じるものがあります。サファイア以外にも、ヤクザや探偵など、ユニークなキャラ
が登場し、強烈な存在感を発揮することで、脇を固めています。

その一方、マドカの周囲の人間は、ちょっと変わっていますが、基本的には皆、まっとうで善人。
そんな人々とのコミカルで温かい日常に、異常犯罪者の凄絶な狂気や根深い絶望が対置されます。

本作で描かれる犯罪は、どれも斬新なアイデアと仕掛けに満ちたものばかりで、中でも、
盲導犬を飼い主の前で殺す「ドッグキラー」の卑劣な意思や、家宅侵入しても何も盗らず、
犯罪の種を残すという「インベイジョン」の狡猾な手口、そしてその生い立ちゆえに善と悪
の間で引き裂かれ、無差別に毒物を撒く「ラフ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本作「1/2の騎士 harujion」は、新人作家である「初野晴」の第三作目となります。

今までの初野晴の作品は、ファンタジックミステリと言う形式であり、
物語の謎を追うと言うよりは、物語が進むにつれ、
主人公が登場人物の正体を知ることが主だった気がします。

しかし、今作「1/2の騎士 harujion」では、よりミステリの要素が高まり、
主人公が自分の住む街を守るために、
異常犯罪犯を追っていくというストーリーになっています。
また、「読者に事件解決のための手がかりが示される」
というミステリの基本も守られています。

さらに、初野晴らしく個性あふれるキャラクター
(町を守るために戦う主人公、主人公の騎士「サファイア」、
協力者である「キリン」、「サイ」、「ゴリラ」たち)が活躍することによって
ファンタジックで独特の世界観になっています。
もちろん、今までの作品同様に登場人物たちの意外な関係性も楽しめます。

その点では「本格ミステリ」が好きな人には冗長に感じられるかもしれませんが。

ただ、読んでいると少し物足りない気がするのと、
まだまだ伸びそうな予感からレビューは「星4つ」にしておきます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
どうしてもっとはやくこの人の本を読まなかったのだろう。ぼくは本書を読んでいる間ずっとそう思っていた。それほどに、この作品に惚れ込んでしまったのである。なにから話せばいいだろう?この作品の魅力を系統だてて説明なんかできないのはわかっているが、未読の人にできるだけ本書の魅力をお伝えしたいとおもうのだ。
まず、第一に惹かれるのは、軽妙であまりにも巧みな会話文だ。絶妙の間と洗練された語彙、このふたつが合わさってまるで職人技のような会話の冴えをみせるのである。この会話の波に乗って、どんどん読んでいくうちに作者のもう一つの面、ミステリとしての構成のうまさが光ってくる。本書には各章『もりのさる』『ドッグキラー』『インベイジョン』『ラフレシア』『灰男』というとても魅力的な犯罪者が登場するのだが、彼らの実行する犯罪がそれぞれ独創的で揮ってるのだ。ましてそれをミステリとして昇華させる作者の手腕もすばらしい。それぞれ新機軸といっていいアイディア満載で、読んでいて感心しながら興奮するという大変忙しい状態に陥ってしまうのである。そして、これがこの作者の特徴みたいなのだが、只のミステリに徹するのではなくそこにファンタジーの要素を盛り込んで話を盛り上げるのだ。正直こういう設定は普通のミステリではうざったいだけなのだが、この作者にかぎってはそういう危惧はいっさいない。むしろ大歓迎。本書では主人公である女
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
マドカが一目で恋に落ちた相手、それは
美しい少女の姿をした最強の騎士「サファイア」。
ただ、他の人にはその姿は見えなかったが。

盲導犬をその飼い主の目の前で殺害する「ドックキラー」
無差別に花のある場所で毒を散布する「ラフレシア」…
二人は「異常犯罪者」たちから
大切な人たちを、大切な街を守る為に戦いはじめる。

「社会的弱者」とされる人たちをターゲットにした事件が
起こるので終始不安というか、やるせない気持ちで
いっぱいになります。
暗い…といえば暗いのですがマドカとサファイアの会話や
テンポが良いので読みやすく、なにより読後感は爽やかです。

「漆黒の王子」で思ったのですが「 トワイライト・ミュージアム」で
私、この作家さんの話好きだなぁ…と再確認。
ファンタジックミステリというジャンルを
とても魅力的に描いているというか
ゲーム、RPGに慣れている私の世代だからかもしれませんが
とてもワクワク、かつぞわぞわする設定を
作るのが上手いと思います。

ミステリとしても楽しめますが世界観も楽しめる作家さんは
最近少ないので嬉しいです。
まだ何冊か読んでいないのがあるので楽しみです…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告