Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 400

¥ 155の割引 (28%)

(税込)
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[中村尚儁]の1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 1/11 じゅういちぶんのいち(ジャンプコミックスDIGITAL)の9の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 400
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 555 ¥ 1

紙の本の長さ: 182ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

自分の才能に限界を感じ、中学卒業と共にサッカーを辞めた安藤ソラ。しかし、女子日本代表・若宮四季との出会いが、心の奥底に眠っていた何かを衝き動かした――。清新な筆致で描かれる、ソラを巡る様々な人間模様――

内容説明

自分の才能に限界を感じ、中学卒業と共にサッカーを辞めた安藤ソラ。しかし、女子日本代表・若宮四季との出会いが、心の奥底に眠っていた何かを衝き動かした――。清新な筆致で描かれる、ソラを巡る様々な人間模様――

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44387 KB
  • 紙の本の長さ: 194 ページ
  • 出版社: 集英社 (2010/12/3)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AEO0OQM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
サッカーがキーになってますがサッカー知らなくても全然OKな漫画です。
作った感動話って白けるのが多いのですが、この漫画は泣かせに来るとわかってても泣いちゃう。
セリフ回し、コマ割り、テンポ、絵、どれも高いレベルで調和しているのでしょうね。
気が付いたら目がうるうる。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fire 投稿日 2016/4/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
絵は上手い。題材にも興味がある。けど、何か話に入り込めない。何故でしょう?あまりにも不自然な偶然の出会い。不可解な行動、言動、話の流れ。だとしても、そこまで感情的な過激な言動はしないのでは?等。天才についての考え方、体格差等のネタは面白いけど、話の見せ方や登場人物の思考回路が不自然なのかな。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この漫画はサッカー漫画には珍しく、「試合」でなくて「人間」を描いた漫画なのでサッカーの知識がなくても楽しめるようになっています。
ストーリーも1話ごとに完結してるので第1巻だけ買って読むこともできます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おかろ 投稿日 2010/12/28
形式: コミック
サッカー漫画というより人間ドラマの青年向け漫画です。

心を揺さぶるのが上手いです。
中学までサッカーをやっていた主人公が進学校に進み何故またサッカーを始めるのか。

父親に部活を禁止されたマネージャーはどうするのか。

部員達はどんな経緯があってサッカーを始めるのか。

非常に心の琴線に触れるのが上手いです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今まであったサッカー漫画とは違い、主人公となる少年の周りの人物の話を読みきりのように1話完結で描いています。
サッカーで試合に勝った!、とか熱い展開はないのですが、一人一人のエピソードで、その人物が成長していくのを見ると、自然と笑みがこぼれてきます。
サッカーという題材をもとにしたこの暖かい漫画を皆さんも見てはいかかですか?
私は絶対に見ることをおすすめします。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshiko 投稿日 2015/10/12
形式: コミック
思春期、反抗期の中学二年生のうちの息子。サッカークラブのコーチとぶつかり大好きだったサッカーにも行かず腐ったまま一ヶ月以上が経ってしまいました。
なんとか気持ちを奮い立たせられないか。。読書など全くしない息子ですが、息子の部屋に「1/11」を置いておくと読んでいました。会話も無く、「部屋から出て行け」と言われるのですが、「これ結構面白い」とボソっと言っていました。「全部で何巻あるの?」と。。
暗中模索している息子にとっての光になってくれたらと期待を込めて。。。思春期の少年少女にとってエールになるような作品ではないかなと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
サッカー部に所属することにした主人公をとりまくキャラクター達を中心に各話ごとそのキャラに焦点を当てて描いていく物語です。
大体、そのキャラの話は1話完結です。
サブタイトルの人物を中心に物語が描かれており、どの話でもその中心人物が心地よい笑顔を見せてくれるので読んでる側としてはとても気分が良くなります。
ストーリーもありきたりなように見せて実際のところ、伏線がちょこちょこあとから効いてきたりしてとても面白かったです。
そして大体、ストーリーに一貫したテーマがあるようにも感じました。なにを漫画で表現したいのか。なにをこの話で表現したいのかはっきり決まっていてとても楽しめました。

絵も十分見やすくキレイな線ですし、なんといっても男の子がカッコいいうえ女の子の絵も可愛いです。現代に走る萌え絵という可愛さではなく、美しいかっこよさがにじみ出ています。

とりあえず、どの話でも読んだあとに爽快感がものすごくあります。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
(キャンペーンで一巻目読んでみました)

試合シーンを事細かに追うような描写はないため派手さは少ないですが、サッカーに惹かれていく1話1キャラ1テーマのオムニバス形式の、人生哲学がむしろメインテーマになっている作品です。

第1話
自分の才能に自信を失くしサッカーをやめた中学のエース少年が、個人のサッカーの才能の違いが戦力の決定的差でないことを教えられ、改めて「チームの一員」(=本のタイトルでもある)として再起する「才能と仲間」がテーマの話。

第2話
「結果」につながる学業に専念し、「無駄」な部活は辞めるよう父親から言い渡されたサッカー部マネージャーの少女が出した答えとは…という「結果と無駄」がテーマの話。

第3話
高校に進学してイケメンに成長したため気楽な遊興生活に浸っていた元野球少年が、本当に輝いていたのは下手ながらも部活にひたむきな中学生の自分だったことに気づき、サッカー部で自分をやり直そうとする「外見と中身」がテーマの話。

とりわけ第3話である「#3 越川凜哉」はおそらく涙なしには読めない話なのと、全体的にプロット構成が卓越していて、伏線も最初は伏線と気づかせないさりげない描写なのに、クライマックスの大どんでん返しで一気に伏線同士がつな
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover