中古品
¥ 750
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆【カバー】概ね良好です。【本体・中身】側面に若干のヨゴレあります。書き込み、マーキングはありません。【梱包・発送等】表紙カバー除菌クリーニング仕上げ後、クリアパックに包装し、アマゾン配送センターよりすぐに発送させていただきます。 アマゾン専用販売のため売り切れはありません。また個人情報は厳重に管理し、速やかに廃棄します。  ※商品チェックには十分注意を払っておりますが、商品の状態が表示の説明と異なる場合は、ご返金にてご対応させていただきたいと思いますのでご連絡をお願いいたします。 誠意をもって対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1杯のカフェの力を信じますか? 単行本(ソフトカバー) – 2006/10/4

5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 494
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

伝説のカフェ「カフェ ガープ」はどのようにして誕生したのか? また店を作り上げ南船場の仕掛人と呼ばれた佐藤裕久とはどんな男なのか? 本書は佐藤みずからが人生と起業について赤裸々に綴った感動の経営入門書である。

内容(「BOOK」データベースより)

一杯のカフェのチカラが未来を変える、街を変える…。南船場を変えた。芝公園が変わった。そして丸の内を変えようとしている…。街を変えた「カフェガーブの秘話」バルニバービの軌跡が今、明かされる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2006/10/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309269206
  • ISBN-13: 978-4309269207
  • 発売日: 2006/10/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 82,590位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
さすがはカフェのカリスマです!

カフェの経営には何か熱いものが必要のを感じました。

先日拝見した、大久保一彦氏の「カフェの始め方」が道案内的な

実務書だったのに対し、

カフェはこうではいけないという、

思い的なものを理解できました。

他の飲食店や商売をしている人にもおすすめできます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
カフェの開業準備から開業後の経営まで、
実にさまざまな苦難があるということを思い知らされます。
でもその逆境を楽しむ気持ちで、「お客様のために提供できるコトは何か」を考え、
ワクワクしながら立ち向かっていく姿勢に刺激を受けました。
特に第1号店を開くまでの過程は、
「どういう店が出来るんだろう?」
と私自身ワクワクしながら読み進めていました。

喫茶店の経営者としての責任、苦労、また開業者ならではの醍醐味が垣間見える良書です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
佐藤さん 素晴らしいものがたりをありがとうございました。

一気に読みたくなるあせる気持ちを抑えながら一文字一文字作者の気持ちを確かめながら読ませて頂きました。最近の若き経営者の成功物語は興味もあって結構読ませていただきましたが残念ながらこの本のように心臓をバクバクさせながら読むという本はありませんでした。わくわく感は一体何でしょう。最近読んだ本の中では「鏡の法則」の感動をビジネスの形で表現したものでしょうか。ビジネス書としてもビジョナリーカンパニー'Aの一社として扱っても良いような成功メソッドを与えてくれます。そうそう大事なことを書き忘れていました。この物語は殺伐とした現在で忙しく働いているサラリーマンやOLにオアシスになる”ほっこりと楽しんでもらえる場所”(カフェテリア)を提供することに夢と汗を注いだ男の物語です。決してIT業界で成功した経営者のような派手さはありませんが人としての誇りを感じさせる若き経営者のものがたりです。これは作者以外に誰も形容できない作品ですので読んでもらうしかありません。改めて感動をありがとうございました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 友井幹夫 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/5/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
アパレル事業の倒産から、飲食店経営の挑戦の体験談が、熱く語られています。
事業意欲、阪神淡路大震災の被災、カフェ経営、試行錯誤と苦悩に、かなり心が燃えます。

p50 アパレル販売会社の失敗から学んだことも、「食いもの屋」を目指す大きな要因になっていた。

人との出会いの大切さ、手作りのお店、チームワーク、事業拡大とピラミッド型組織との戦い、規模縮小など、その時その時の体験と思いが、手に取るように伝わってきます。

p242 いったん始めた店を閉店するのは、出店するときの倍以上の労力と精神的な負担を伴う。

リスクをかかえた緊張感、心臓がバクバクする疑似体験、売上げ目標達成の高揚感などの思いに酔えます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あの南船場GARBの軌跡がこの1冊から、感じることができる。著者の佐藤氏を先扇者としひろがる「熱」。一杯のカフェの力とは・・・。ビジネス書としても、従業員教育書としても参考になる1冊。なんのために人は、働いているのだろうか・・・。純粋な答えがこの本を通じて学ぶことができる。飲食店にたずさわる方以外も、ゆっくりとカフェを飲みながら、読んでほしい。「Enjoy 楽しもう」
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
久しぶりにすばらしい本に出会えたと思いました。
この本を選んだきっかけは、ただ単にカフェが好きだから。
はじめは、カフェに関したことが書かれてあるかなぐらいにしか思ってませんでした。
ただ、実際読んでみると「カフェ」というよりも、著者の半生を通した、様々な人間ドラマが描かれていました。
しかし、この人間ドラマが非常に感慨深く、生きることに関して深く考えさせられました。
将来、カフェ、飲食業をやりたいと思っている方だけでなく、自分の生き方に悩んでいる方、そんな人全てに読んでほしい一冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私自身アパレルメーカーで18年働いており、夢はカフェを開く事
ここまで共感出来る本に出会った事はありませんでした。
ドキュメントであり、映画であり...

佐藤さんやスタッフ方々の「情熱」や「愛情」や「魂」は一見暑苦しくも、なぜか心地よく心に入ってきました。
やはり人の心を動かすのは、人や街や店に対する愛情なのだと改めて感じました。

カフェが好きな人・経営や人を動かす立場の人にも読んで頂きたいです。

私にとっては、忘れられない大好きな一冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック