通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
1日30分の英語長文15 (河合塾シリーズ) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【別冊付き】◆安心の返金保証付。年中無休で迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。 【検品担当者より】その他の状態は問題ありません。書き込み等ございましたら補償いたします。 ◆丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。配送センターより毎日発送いたします。平日と土曜日にご自宅のポストへお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

1日30分の英語長文15 (河合塾シリーズ) 単行本 – 2008/12

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2008/12
"もう一度試してください。"
¥ 802
¥ 802 ¥ 63

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1日30分の英語長文15 (河合塾シリーズ)
  • +
  • やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)
  • +
  • やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)
総額: ¥2,746
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 119ページ
  • 出版社: 河合出版 (2008/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777208400
  • ISBN-13: 978-4777208401
  • 発売日: 2008/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 48,750位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

確か、本書は河合出版のホームページでも
出題校を閲覧できなかったと思うので書いておきます。

学習院・新潟大・横市大・神戸大・東工大・北大・九大・東北大・阪大・早慶など。

そして、最近流行の理系的な内容の文章も含まれています。
ハエ・クマと生態系・カフェイン・ロボフィッシュ・科学と人間の生命

ちなみに解説は、これといって素晴らしいわけではないです。普通です。
分かりやすく言うと、河合塾の全統記述模試の解説レベルです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
やっておきたい300を解き終わってすぐにこの問題集を解いてみました。
難易度はこちらの方が難しい事になってはいますが、最初のうちはそれほどの差は感じませんでした。
15題あるうち10題以降になるとやっておきたい300よりもレベルが高い文章が登場してきます。
総合的には「やや長いかな」・・・という印象です。30分の制限時間という事になってますが、すべて20分で解くくらいが平均的だと思います。
出典とされている大学は九大、阪大、慶應、横市、早稲田などそうそうたる大学が並んでいます。
難しそうだな・・・という不安にもなりましたが、英文自体は意外と普通。
予備校主催の平均的なレベルの記述模試と同じくらい(後半はやや難しい)でしょうか?
やっておきたいシリーズや、このシリーズに共通している事ですが、英文の解説がありません。
解説がないという言い方は不適切かもしれないので、言い直すと英文解説が「ただの和訳」でしかありません。
設問になっていない英文で文構造など不明なものに出会った場合は、和訳から読者が推測するしかありません。
ある程度の英語力がすでにあって、他の参考書でこまかい点はしっかりやっているので、ただ問題の数をこなしたいという人であれば、この問題集のシリーズがぴったりくると思います。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 積さん 投稿日 2015/5/7
やておき300→20分長文→本書と河合塾にはお世話になっています。
中盤まではそんなに難しくないです。20分長文までを大方理解できていればおよそ八割ほど得点できると思います。
中盤以降はさすがにレベルが上がりますね。
和訳が日本語になっていない部分がいくつかあり、残念です。
300→500の繋ぎや本格的な受験勉強前の下準備、標準難易度の長文演習には良いと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック