中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: (C)状態は概ね良好です。コンディション中古「良」ですので多少の使用感、スレ・ヨレ・薄焼け(色褪せ)、小傷、ページ内角折れ等、があります。基本、カバー折れや書き込み、破れは無いものを選定しておりますが、見落としレベルの書き込み(マーカー、ペン、鉛筆、押印等)は、良の規定範囲内である場合がありますので、ご了承ください。●記載ない限りCD・DVD・解答集・付録・外函等は付属致しません。※毎日発送ですが、発送できない場合もございますので、ご了承下さいませ。到着日の指定はできません。※画像違いの場合ありますが、ISBNは同じ同等商品です。※併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1日15分 アイデアマラソン発想法 単行本 – 1995/7

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

誰にでもできる超発想システムのトレーニングブック。

内容(「MARC」データベースより)

発想力と発想速度が何倍にもなり、生活と仕事の新しい生きがいが発見でき、「つき」がやって来る、そんな超発想システムのトレーニング法を紹介。


登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (1995/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492089039
  • ISBN-13: 978-4492089033
  • 発売日: 1995/07
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,118,038位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
樋口先生は、大手商社勤務時代から様々なアイデアを生み出してこられました。
アイデアを継続的に楽しく作り続けるのにはどうしたらいいのか?その答えがアイデアマラソン。

具体的、物的な側面をみると、ノート術や手帳術にも見えるかもしれないが、アイデアを生み出し・記録し・見直していく作法は樋口流。
他の多くの著作を読めば、それぞれに楽しく、樋口先生の文才とお人柄が感じられる。

どこから登り始めてもいいのが、アイデアマラソン。
新規の著作は最近少ないですが、今ある著書はそれぞれ名作といえる。
読み直し、考え直し、アイデアの磨き直しができる、砥石であり、バイブルだと思います。
どこまで行きつけるか?は人生のお楽しみにできるくらいすばらしい方法。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
3秒でアイデアが通りすぎてしまうから、必ず書き留めること。確かにそのとおりだと思う。

筆者はA5のファイルノートでスケジュール管理も一冊にして、必ず持ち歩くと書いてあったが、自分は、やはり手帳型でコンパクトでないと休日に携行するに無理があると考えて、あえてスペースを犠牲にしても携行性を重視した。

通し番号を採用して、有用なアイデアは、別ノートにIDを付して膨らませて行こうと思う。

とにかく、今日から始めることができた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んで初めに思ったのはまず、もっと早くに読みたかったという事です。私がこの本を知ったのは2001年11月12日ですが、この本が発行されたのが1995年8月10日だからです。この本で樋口健夫さんが紹介されている発想システムは10年続けられて今後もずっと続けられるであろうないようだった為、じっとしてはいられなくなり早速『A5の20穴ルーズリーフ用ファイル』を購入し実行致しました。2001年11月13日からはじめて現在12月26日の時点で50個のアイディアが生まれました。現在本業の方が年末の追い込みでてんてこまいしておりますので、少しのんびりペースになってしまっていますが、毎日続けています。毎日続けるという事の大切さを実感しながら「プラス」表示に満足しながら楽しんでやっております。この本で一つ気になったのがしおりが付いていなくて読むのに多少不便さを感じました。しかしおかげで発想が一つ生まれましたのでそれはそれで良かったのかも知れません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告