中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。z1637a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 単行本 – 2005/10/28

5つ星のうち 3.9 90件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

インターネットマーケティングで1億稼ぎ、読者10万人のメルマガ「回天の力学」で著名な金森氏が、その鬼才を現物不動産投資に発揮。「利回りに目を奪われるな」「住宅ローンこそハイリスク」など、常識の逆を行く思想と手法で、専門的すぎる不動産投資本や個人的体験のみに依拠した「サラリーマン大家さん」本とは一線を画す快著に!

著者からのコメント


こんにちは、金森です。

夢さえ見ることが許されぬ時代に

僕の1年ぶりの書き下ろしの新刊が出ました。
・『行政書士開業初月から100万円稼いだ 超・営業法』(PHP研究所)
・『インターネットを使って自宅で1億円稼いだ 超・マーケティング』(ダイヤモンド社)
に続く平成17年度の僕の書き下ろし『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』(ダイヤモンド社)がそれです。

格差社会がその姿をあらわし、格差社会の中で底辺の層には夢さえ見ることが許されぬ時代、夢を見ること自体が非現実的にさえ思えるそんな時代がやってきました。

そんな閉塞感のこの日本をパッと明るくする、夢のある本をお届けします。
といっても、金森節で、苦味を聞かせてありますので、ご注意ください。
今回も、一切の空理空論を排除し、すべて理詰めで10億円を作り出す手法を1年間かけて形あるものにしました。

本書を書くために、不動産会社を設立し、宅建業者登録、不動産投資顧問業の免許も取得し、実際に億単位の投資をして実験した壮大な結果を明らかにしているのが本書です。

といっても、本書で紹介する事例は、決して富裕者ではない極普通のサラリーマン、OLなどの方が、ゼロからはじめて10億円近い資産形成をわずか数年で実現している投資手法です。

どうですか?夢があると思いませんか?

ぜひ、お読みください。
そして、一人でも多くの方にご紹介いただいて、一緒に日本を明るくしていきましょう。


金森重樹
通販大家さんhttp://www.28083.jp
金森重樹オフィシャルHP http://www.kanamori.biz

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2005/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478620695
  • ISBN-13: 978-4478620694
  • 発売日: 2005/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 206,418位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
金森氏が並外れた優秀な能力の持ち主であり、既存の不動産取引の固定概念にマーケティングの視点を取り入れ、一棟買いこそがリスク低減の最も有効な打ち手の一つであるという大胆な仮説の主張は魅力的である。

しかし、本文中に違和感を感じるのは、不動産管理会社というプロがいるのだから、自分の居住地からは管理が難しい場所の物件であっても、特段、問題なく購入可能ですよという意見。
私は、仕事柄、住宅よりも消耗のスピードが早い商業施設の管理について、直接管理及び、サブリース形式による管理委託を経験している。

この経験に照らしていえるのは、不動産管理という業務は、本当にその担当する会社によってレベル感が異なり、建前的な管理契約書は充実していても、管理の実体は基本的に何もやらないというところが非常におおいというのが現実です。よい物件の質を維持するためには、守りではなく攻めの管理を計画的に実行せねばならない。

そこのところを曖昧にしておいて、金森氏は金融機関と普通のサラリーマンとの間で、巨額の融資と身の丈に合わない一棟マンションを橋渡ししてしまうというのは、倫理的にどうなのだろうか?と疑問にかんじる。空室リスクや維持管理コストの概念が抜け落ちている。

金森氏の実行している通販大家さんのような事業を、不動産関係の
...続きを読む ›
コメント 334人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
非常に危険な投資法だと思いました。
法定耐用年数の高いRCのを狙い長期フルローン・・・数年は良いとしてもその後20年〜30年後はどうなるのでしょうか。

金利が上がったら?空室が出たら?競合する物件が近場に乱立したら?
億単位を借り入れ、一般的なサラリーマンの給料では間違いなく対応しきれずデフォルトとなるでしょう。

しかも、利回りの良い物件はそれなりの理由がある所謂『わけあり物件』なので物件価格が安く設定されています。購入後、莫大な修繕費がかかる可能性も十分あります。

彼自身も著書に書いてある通り、成長性を重視して安定性は除外していると書かれています。
投資法は色々あって良いと思いますが、一発で破産してしまう手法を素人に薦めるのはどうかと思います。

なぜ彼は不動産投資に力をいれているのではなく、仲介料、銀行+保険からのリベートを主に収入として会社を立ち上げたのか、そこのこの投資法の答えはでています。
コメント 271人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
金森氏は、さあ皆さん、僕と一緒に歩みましょう、破滅的人生を。と、誘っているように思える。自身も投資している彼の末路は、自己破産か、或いは、通販大家さん絡みの訴訟の嵐か。なぜ、マンションオーナーが、手塩にかけた物件を手放さなければならなくなるのか。退去のたびにかかるリフォーム代。競合物件との競争に勝つたのの設備投資費。十年から十五年に一度の外壁工事費。高額な水回り補修費。これに加えて、長期空室が埋まらない。加えて家賃下落が止まらない。当然だ。需給バランスが崩れているのだから。一説によると、マンションオーナーの98%は赤字だそうだ。しかも、管理会社は、思い通りに動いてくれない。追い討ちをかけて、不良入居者による家賃滞納、夜逃げ、不幸な自殺リスク。金森氏は、これらについて全く言及していない。見事である。中古一棟収益RCマンションをフルローンで購入した二十年後。三十年後。考えるだけで悲惨である。売り主のオーナーにとっては地獄に仏であろうが。久しぶりに読後に怒りで震えた一冊であった。
コメント 202人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/11/16
形式: 単行本
面白く読ませて頂きましたが、大事なのはこのノウハウの中の"If not"の部分をきちんと読みとることだと思います。収益還元法を利用すれば誰でも儲かるとも、まして億単位の借金をすれば誰でもキャッシュフローで食べていけるなんてことは書いていない。さらに、このやり方で彼が何年間不動産事業を手掛け、どれだけ成功したかも(数人の突出した超短期成功事例を除けば)きちんと記載されていない。
相変わらずアイデアとビジネスモデルは素晴らしいと思うが、法制度や地合いが変わればとたんに効力を失う(大損をする)アイデアでもあり、本当の勝者は不動産を売ることではなくアイデアを売ることで儲けた彼だけ、という結末になるのではないかと思います。
金森氏は「考えるとやるとは大違い」の現実をよく見極めていて、だからこそ題材を変えながら「考えるだけで済む」バイブル商法を転がして
いるのではないかと感じました。
相手を煽動する、不満をマッチポンプにし焚きつける説得技法はさらに堂に入ってきた感がありますが、彼のアイデアの根底にあるのは、前作で書かれていた「インフォミディアリ(情報仲介業、情報のマッチングシステム)」です。この「集合知」をビジネスに結びつけられるチャンスはまだまだ他業種でもあるような気がするので、今後また違う業種でのビジネスモデルを著述されることでしょう。
...続きを読む ›
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック