Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,280

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石井 俊全]の1冊でマスター 大学の微分積分
Kindle App Ad

1冊でマスター 大学の微分積分 Kindle版

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,280

紙の本の長さ: 304ページ

商品の説明

内容紹介

(概要)
※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。
※第3刷に対応しています。

大学数学の必須科目「微分積分」について高校の復習から大学生を悩ませるε-δ論法まで懇切丁寧に解説します。図とグラフを多用し,式の意味を理解しながら,また豊富なパターンの問題で実際に計算しながら,読み進めていくことができます。単なる解説ではなく,どうしてそう考えるのか,また間違いやすいところについてはなぜなのか,どうとらえるとよいかといった実際に学ぶ人の視点を意識した内容になっています。さらに別冊には,演習問題と確認問題を見開きでつけているので,よりスキルアップを図ることができます。

(こんな方におすすめ)
・大学の微分積分を完璧にマスターしたい人
・高校の数学とは異なる微分積分の考え方に戸惑っている大学生

(目次)
第1章 まずは高校の復習から

第2章 1変数の微分

第3章 1変数の積分

第4章 極限

第5章 2変数関数の微分

第6章 2変数関数の積分

第7章 ε-δ論法に挑戦

内容(「BOOK」データベースより)

本質を突いた講義と豊富な問題演習(別冊付き)で単位が取れる!繰り返し解いて定着!掲載問題をPDFにて配布。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 79011 KB
  • 紙の本の長さ: 438 ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2017/4/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06Y2T6MTK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 73,451位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書は大学の微分積分ということですが、第一章は高校数学の復習から学習できるようになっています。私も数学3を履修はしていなかったのですが、数学3の内容から理論的にわかりやすく説明してくださっている書はなかなか無かったので、良書と言えるでしょう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
大学院対策のために購入しました。わかりやすいので助かりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これ1冊で大学の微積分が100パーセント完璧になるとは言えません。ただ大学で配られるような教科書よりもわかりやすく書かれており、8割型証明も書いてある。ふつうの理系の学生が使うならこれと問題集が1冊あればほとんど大丈夫かな。
数学科所属の学生は高度な数学に入る前に1.2学年でこれを使って基礎を固めるには十分かと。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
僕は社会人ですが、大学時代は専門書を購入させられ、またそれにはいきなり定義式がかかれていて、なにがなんだかわかりませんでした。
しかし、本書は、2変数関数の全微分の図形的な意味、2変数関数の極値の判別の近似を用いない証明、ラグランジュの未定乗数法を法線を用いた解釈、イプシロン・デルタ論法のイプシロンに対するデルタの見つけ方、など事細かに書かれていて、それらの概念が考え出された背景を知ることができました。
高校時代の微積分の内容も書かれていたのもいい復習になりました。

それ以外に、実際の演習問題とその計算過程が途中式を飛ばさず、補足も多く書かれていて、ほとんどが目だけで追っていくことができるのも素晴らしいです。
僕が大学時代にこの本に出合っていれば、定期試験でもっといい点が取れたのになあ。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover