通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 pedykitty
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【キレイな帯つきで美品です】カバーほぼ使用感なく、中身も書き込みやライン引き、開きな癖もく非常にきれいです。ご満足いただける商品状態だと思います。丁寧に梱包して、迅速に発送いたします。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2005/2/1

5つ星のうち 4.6 90件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 (幻冬舎文庫)
  • +
  • いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 (幻冬舎文庫)
  • +
  • ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙 (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,646
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記


登録情報

  • 文庫: 270ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2005/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344406109
  • ISBN-13: 978-4344406100
  • 発売日: 2005/2/1
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,320位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
もう10年以上も前になりまずが、学生のころ1リットルの涙のドラマをリアルタイムで見ていました。
ドラマでは病気の残酷さよりも亜矢さんを演じた女優が(色んな意味で)目立っていたように思います。綺麗すぎてリアルでないというか。
ふと元になった本を読んでみたいと思い、本書を購入しました。
難病を患い若くして亡くなってしまった方の日記なので評価をつけるのも憚られますが、本として出版されていることを考えると内容に物足りなさを感じてしまいました。亜矢さんがつけていたノートを編集しまとめたものなので、読者に語りかける文章はなく、極めて主観的で常に彼女の心の中を覗いているような感覚です。個人的には色々な人の目線で病気のことをもっと知れたらよかったと思います。たとえば高校の同級生や弟妹など。次は亜矢さんのお母さんの手記である「いのちのハードル」を読んでみたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「私の生きている意味ってなんだろうか」
この作品に強く発せられている亜也さんの苦悩である。
多くの機会の中で自己の存在を確かめ、なにかを生きがいとして発見することは、普通に生きている人にとっては、難しくないことだろう。
しかし、亜也さんの体は徐々に弱り、できることもどんどんなくなっていくのだ。そして現実を直視すれば、遠くない未来に死を迎えるのみ。
そんな中で、自分がいる意味を見つけることは大変困難だろう。
自分がもしそうだったら、半ば人生を諦め、下を向いて生きるような道を選んでいるかもしれない。
しかし、この作品の亜也さんは、動かなくなる体・死に恐怖、苦悩しながらも前を向いて生きていた。
徐々に悪くなると分かっていても、懸命にリハビリを行い、できなくなるギリギリまで、自分ひとりでこなしたのだ。
亜也さんが生きている間に、「私の生きている意味」を見つけられたのかどうかは、わからない。
しかし、その生き方は、普通の人ができないような立派なものであったと、私は思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は、中学2年の男子です。お正月におじさんに勧められ『1リットルの涙』を読みました。今まで、少し悩んでいた事があったのですが、この本を読んで、亜矢さんに勇気をもらいました。亜矢さんは障害があるのにも関わらず一生懸命生きようとしていました。周囲の人に差別されたような目で見られても、病気が進行しても泣きながら一生懸命生きようとしていた亜矢さんに勇気をもらいました。ぜひこの本は今、悩みを抱えている人にも読んでもらいたいと思います。とても勇気をもらえますよ。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 バーバーライフ VINE メンバー 投稿日 2006/1/26
形式: 文庫 Amazonで購入
アンネ・フランクのような悟りや葛藤、切々と書きつづけることで精神の安定を保てたのでしょう。神様は「亜也さん」だからこの病気を選ばれたのだろう、と思わずにはいられません。そして、今の自分自身のありがたさを改めて、感謝し、そして努力を怠ることなく、生きていこうと喝を入れました。

人生に悩む方、ジャンルを超えて「生きる」ことを感じるためのにも、この本は必読です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 未来 投稿日 2014/6/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
やはり感動しますね…先にドラマを見たので、原作のが伝わってきます!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2011/5/5
形式: 文庫
病名は違うけど私も突然の難病・・・。
知らない病気ほど実感も無く、受け入れては、今までの健康を見送ってきました。
病気の本何て読みたくも無かったけど、この本は私の「戸惑い、納得、惨めさ・・・」病気を知った心が文字になっていました。

病気を共に乗り切るには心強い本でした。

病気と生きると決めた人は呼んでいただきたい本です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ぼくは原因不明の肝臓病で激しい運動ができません
たまに悔しくて涙することもありましたが
この本を読んで、自分のちっぽけさを知り
自分のしあわせを心の底から感じました
亜也さんの努力すごすぎます!
悔しむ前にどうすればいいかを考えようと思いました 
がんばろうと思いました
本当に出会えて感謝です!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 julietomato 投稿日 2005/12/19
形式: 文庫
私は亜也ちゃんの日記そのものよりも、最後のお母さんの手記の方がリアルで強く心に残っています。一番大きなことは家政婦の問題。病状を理解しつつお世話してくださる家政婦さんと巡りあうのがどんなに大変か。食事の手伝いも満足にしてくれず、結果的には鼻腔栄養にしなければならないところまできてしまったのは何故だ。病気の悪化によって命をなくすなら諦めもできようが、毎日針のむしろに座らせておくような事は、亜也が耐えなければならないことではない、とお母さんはおっしゃっています。私自身、歩行困難の他さまざまな症状に見舞われる難病とともに生きていますが、食べること、恋をすること、話したり歌ったりすることなどができるだけでも生きていてよかったと感謝せずにいられない気持ちです。どうか一日でも早く新薬が世に出て、脊髄小脳変性症の患者さんたちが希望を持って生きられる日がくることを願ってやみません。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー